慶應スポーツ新聞会

【野球】完全優勝に王手!華の早慶戦で先勝 早大①

6月2日(土)東京六大学春季リーグ戦 早大1回戦

再三の好守を見せた小原(右)

ついに迎えた伝統のカード。すでに連覇を決めている慶大は早大との1回戦に臨んだ。序盤は投手戦となったが、3回、先発・髙橋亮吾(総3・慶應湘南藤沢)の暴投により思わぬ形で先制点を献上してしまう。しかし4回、柳町達(商3・慶應)の二塁打などから2死満塁の好機を作ると、ここで早大先発の小島が暴投。試合を振り出しに戻す。さらに直後、瀬戸西純(政2・慶應)が2点適時打を放って3―1とし、早大を一気に突き放した。その後も髙橋佑樹(環3・川越東)が好投を見せてリードを守り抜き、そのまま試合終了。相手のミスにつけ込んで攻撃を仕掛けた慶大が勝利をもぎ取り、「完全優勝」に王手をかけた。

 

早大

 

早大バッテリー:小島―岸本

慶大バッテリー:髙橋亮、髙橋佑―郡司

 

◆慶大出場選手

 

ポジション

選手名(学部学年・出身高校)

[]

小原和樹(環3・盛岡三)

[]

河合大樹(総4・関西学院)

 

渡部遼人(環1・桐光学園)

[]

柳町達(商3・慶應)

[]

郡司裕也(環3・仙台育英)

[]

嶋田翔(環2・樹徳)

[]

内田蓮(総4・三重)

[]

中村健人(環3・中京大中京)

[6]

瀬戸西純(政2・慶應)

[]

髙橋亮吾(総3・慶應湘南藤沢)

 

髙橋佑樹(環3・川越東)

勢の観客が詰めかけた神宮球場。照りつける太陽の下、ついに戦いの火蓋が切って落とされた。

チャンスを演出した柳町

慶大の先発は髙橋亮。先頭を左飛で打ち取るも、次の打者を味方のエラーで塁に出してしまう。四球、中飛からのタッチアップで2死一、三塁と初回からピンチを迎えるが、続く打者を遊ゴロに仕留めてなんとか切り抜けた。対する早大の先発は小島。相手の絶対的エースに対し、慶大も小原和樹(環3・盛岡三)のヒットと河合大樹(環4・関西学院)の犠打で好機を演出するが、後が続かず。両チームとも相手投手を打ちあぐねる展開が続く。

 

均衡を破ったのは早大だった。3回、小島にこの日初のヒットで出塁を許すと、犠打と三ゴロで塁を進められてしまう。すると2死三塁から、髙橋亮が暴投。ぽっかりと空いたホームに小島が駆け込み、思わぬ形で先制点を献上してしまった。

決勝の2点適時打を放った瀬戸西

だが4回、慶大打線が奮起する。先頭の柳町がストレートを捉え「しっかり芯に当たって飛んでくれた」と左中間を破る二塁打を放つと、4番・郡司裕也(環3・仙台育英)もライトへのヒットで続き無死一、三塁に。目の覚めるような連打に慶大スタンドも大いに盛り上がる。嶋田翔(環2・樹徳)の一邪飛と内田蓮(総4・三重)の空三振で2死まで追い込まれるも、続く中村健人(環3・中京大中京)がフルカウントからファールで粘って四球を選択。満塁とした。絶好機で打席に立ったのは、瀬戸西。だがその初球で今度は小島が暴投し、すかさず柳町がホームイン。あっけないとも言える形で同点に追いついた。会場の興奮が冷めないまま迎えた次の投球。「思い切っていこう」と瀬戸西が振り抜いた打球はイレギュラーし、これをセカンドが捕球できず。ライトへの2点適時打となり、3-1と早大を一気に突き放した。ここまで打率.188だった男が大舞台で勝負強さを見せつけた。

援護をもらった髙橋亮は直後の5回、先制のホームを踏んだ小島を空三振で抑えると、次の打者もこの日の最速145㌔のストレートで逃三振に仕留めるなど尻上がりに調子を上げていく。小原の好捕球も飛び出すなど、野手陣も彼の投球を盛り立てた。その裏、小原の死球から河合の犠打でチャンスを作ると、打席には柳町。センターへの打球が相手の好守備に阻まれるも、小原がその間に進塁し、1死三塁とする。しかし続く郡司がフルカウントまで粘るも一邪飛に倒れ、追加点を取ることはできなかった。

今日は3イニングをゼロに抑えた髙橋佑

7回からマウンドに上がった髙橋佑は、ストライク先行で打者を早めに追い込む投球を見せる。1死1塁の場面で迎えたのは、早大の3番・福岡。昨年春の早慶戦で慶大の優勝を奪う打球を放った手ごわい打者だ。“川越東高校対決”ともなったこの打席だが、しっかりと遊飛に打ち取り今回は髙橋佑に軍配が上がった。

 

好機は作るものの両校ともに点を入れられないまま迎えた9回、早大が意地を見せる。途中出場の三木がセンター前にヒットを放つと、1死1塁から空振り三振の間に代わって入った黒岩が快足を飛ばして二塁へ。さらにそれを刺そうとした郡司の送球が逸れて2死三塁に。一塁側スタンドも大盛り上がりを見せた。だが続く打者を遊飛に切って取り、試合終了。慶大は勝ち点5での完全優勝に王手をかけた。

チャンスを広げた郡司

すでに連覇を決めている慶大。伝統の一戦でまず1勝し、宿敵ワセダに「陸の王者」としての貫禄をしっかりと見せつけた。狙うのは勝ち点5のみ。彼らが「完全優勝」を決め、笑顔でパレードをする姿が待ち遠しい。夢の栄冠まで、あと1勝だ。

(記事:川下侑美、写真:尾崎崚登)

 

◆打撃成績

 

 

[4]

小原

右安

 

四球

 

死球

 

右飛

 

[7]

河合

投犠

 

遊飛

 

三犠

 

二ゴロ

 

渡部

 

 

 

 

 

 

 

 

[8]

柳町

三ゴロ

 

 

左中2

中飛

 

 

中飛

[2]

郡司

空三振

 

 

右安

一邪飛

 

 

四球

[3]

嶋田

 

空三振

 

一邪飛

 

空三振

 

空三振

[5]

内田

 

空三振

 

空三振

 

一ゴロ

 

空三振

[9]

中村

 

一邪飛

 

四球

 

遊ゴロ

 

 

[6]

瀬戸西

 

 

一ゴロ

右安②

 

 

死球

 

[1]

髙橋亮

 

 

逃三振

空三振

 

 

 

 

髙橋佑

 

 

 

 

 

 

投犠

 

 

◆投手成績

 

投球回数

打者数

球数

安打

三振

四死球

失点

自責

○髙橋亮

26

106

髙橋佑

11

50

 

◆監督・選手コメント

大久保秀昭監督

――まずは、優勝おめでとうございます

ありがとうございます。優勝が早めに決まり、とてもうれしいです。みんなが頑張ったご褒美だと思います。ですがそれとは別で、「早慶戦は特別な試合だ」という意識はみんな持っています。苦しい試合でしたが、先に1勝できてとりあえずホッとしています。

 

――今日の試合について伺いたいと思います。先発の髙橋亮投手はいかがでしたか

先取点を取られてしまいましたが、最少失点でしっかりと役割を果たしてくれました。本当は「完封、完投しろよ」と言っていたのですが、飛ばし気味だったので、100球を超えたところで早めに交代させました。十分仕事を果たしてくれたと思います。

 

――次に登板した髙橋佑投手について

練習の時から状態が上がってきているという報告もありましたので、登板させました。少し走者を出してしまう場面もありましたが、いいボールを投げていたのでナイスピッチングだったと思います。

 

――打線について

相手の小島投手の調子が上がってきていることもわかっていましたし、苦戦することもわかっていたので、本当にロースコア(の試合)になると思っていました。その中でラッキーな形でリードすることができたので、良かったと思います。なかなか攻略が難しい投手です。

 

――小島投手への対策は

それは選手が中心になって考えていたのですが、やはり簡単ではありません。良い投手です。

 

――明日勝利すれば「完全優勝」です

今日もたくさんの方々に足を運んでいただいたので、明日で決めて皆さんとパレードをしたいと思っています。ですが早大の皆さんにも意地があると思うので、意地と意地のぶつかり合いの中でしっかりと勝負していきたいなと思います。

 

河合大樹主将(総4・関西学院)

――優勝おめでとうございます

ありがとうございます。優勝を目指して頑張ってきたので、本当にうれしいです。

 

――今日の試合を振り返って

苦しいといいますか…点を取りきれなかったりして、自分たちでも「まだまだできるのではないか」と思うような試合展開でした。ですがこのような試合展開でも勝てるんだというのは僕たちの自信にもなりますし、小島投手はやはり良い投手だなと感じました。

 

――小島投手への対策は

「ボール球を振らない」などというのはありましたが、やはり振ってしまった部分もありました。さらに最初はそれを徹底できていなかったので、これがなかなか点が入らなかった原因かなと思います。

 

――早慶戦前取材のときに苦手だとおっしゃっていた犠打を2本成功させました

練習して、一番決まる形で今日はできたかなと思います。一番練習の成果が出たのではないかなと思います。

 

――最後に、明日勝利すれば「完全優勝」です

今日は不完全燃焼というか、みんな多分「もっとできるな」という気持ちで終わったと思うので、明日はもっと早大を引き離すくらいの気持ちで頑張りたいと思います。

 

内田蓮副将(総4・三重)

――優勝おめでとうございます

ずっと新チームの発足当初から連覇するというのを目標にしていたので、素直にうれしいです。でも、試合の中で課題もあります。個人では悔しい思いをしてきた人も多いですが、チームとしては最高の結果を残せたので、うれしいです。

 

――副将としての思いというものは

本当にチームみんながチームの勝利に向かって一人一人行動してくれるので、全然苦労はありませんでした。なので、全員、一人一人に助けられてるなという感じです。

 

――今日の試合を振り返っていかがでしたか

それぞれ課題が出て、僕を含めて悔しい思いをしている人もいるんですけど、それでも勝っているので、そこは自信にしていいかなと思います。

 

――明日の試合に向けて

今日は投手が良く投げてくれたので、そこは感謝して、野手を助けられるように頑張ります。

 

小原和樹(環3・盛岡三)

――まずは優勝おめでとうございます

ありがとうございます。

 

――優勝が決まった時の気持ちは

ご飯食べてて、試合中ずっとテレビに釘付けで。(笑)優勝が決まって素直に嬉しいです。

 

――今日の試合を振り返って

投手が粘ってくれたので、それが勝利につながった一番の要因かなと思います。

 

――個人としてはいかがでしたか

1番バッターとして出塁することが仕事だと思っているので、そういった意味では初回に出塁できたのが自信になったので、守備でもファインプレーにつながったのかなと思います。

 

――打つほうでは、4回打席に立って3出塁と進塁打でした

あそこで進塁打ということになってしまったんですけど、あそこで1点取れるようじゃないと、というのもあると思うので。そこはもちろん後ろのバッターも信頼しつつ、僕も1点決めれるようになっていきたいなと思います。

 

――守るほうでは攻守も見られました

飛び込んでセーフにしてしまったというのもあって、アウト1個の積み重ねって本当に大変で、ピッチャーもアウト1個取るのも大変なので。今日別に良かった訳ではないので、どんどんこれから上手くなっていきたいと思います。

 

――早慶戦の出場は1年次以来ですがいかがでしたか

自分たちのやるべきことっていうのは限られていて、僕のやるべきことも限られているので、それをやり抜こうという気持ちで立っていたらあまり緊張しなかったです。

 

――最後に明日に向けて一言お願いします

完全優勝しないと優勝した意味はないと思うので、伝統の早慶戦で勝って、完全優勝して、パレードしたいと思います。

 

郡司裕也(環3・仙台育英)

――優勝が決まってどのような気持ちですか

優勝は素直に嬉しいですが、早稲田に勝たなきゃいけないという思いは強く、去年の春も優勝を目前に負けたりしたので勝ちたいという思いが強いです。

 

――4回にヒットでチャンスを広げましたがどんな思いで打席に入りましたか

失点したときは僕のパスボールから点を取られてしまったので、何とか後ろにつなげたいなという思いで逆方向を意識して打席に立ちました。

 

――立ち上がりボールが先行していた髙橋亮投手をリードする際意識していたことは

調子は良くなかったと思いますけど、これが駄目ならこの球とどんどん切り替えてなんとかストライクが入る球を探して、亮吾自身がそれをうまくできたかなという風に思います。

 

髙橋佑樹(環3・川越東)

――チームとして今日の試合を振り返って

小島投手がすごくいいピッチングをしていて、ワンチャンスしか無かったと思うんですけど、そこでなんとか粘って3点取って、こっちも先制された後に1点で抑え続けたのが良かったかなと思います。

 

――全体的にチームの雰囲気はいかがでしたか

優勝決まってどうとかは特になくて、早稲田に勝つというのがチーム目標の一つなので、球場に来てもたくさんのお客さんが入ってくれていましたし、気持ちが緩むなんてことはなくて、これまでのリーグ戦通り向かって入っていけたかなと思います。

 

――7回から登板でしたが、いつごろ準備を始めましたか

(髙橋)亮吾が最初ちょっとあやしい面があって、その時からずっと行けるようにはしてました。そろそろかなというところを見ながら、肩作ったりはしてました。

 

――自身のピッチングは振り返ってみていかがですか

球は速かったなと思います。他の球がどうだったか分からないですけど、パッと見た時がマックスを更新してたので。ただその分、制球があまり出来なくなって、投げてる身としては苦しいピッチングでした。

 

――マックスというのはいくつでしたか

これまでは140だったんですけど、143出てたので、それは素直に嬉しかったです。

 

――9回は少しピンチを迎えましたが

先頭出した時点で僕が悪いですけど、2点差だったので、ランナー返っても関係ないなと思って、出来るだけ早くアウトを取ることを考えて投げました。

 

――7回には福岡選手との対戦が実現しましたが

打席に入る時にニヤニヤしてくるんですよね(笑)。抑えてホッとしました。

 

――抑えるために意識したことはありましたか

投げミスが出来ないので構えたところに投げることと、コントロールミスするくらいならボールにするという感じで投げました。今日に関しては、さすがに僕が球で押したかなと思います。

 

――明日に向けて意気込み

明日が一番難しい試合だと思うので、そこをしっかりと勝ち切れるように、準備して臨みたいと思います。

 

中村健人(環3・中京大中京)

――優勝おめでとうございます。優勝しての感想は

いい意味で、あんまり優勝した気がしていないというか、優勝した時点でしっかりと日本一というもう一個段階を上げた目標にしっかりみんなが目を向けてるんじゃないかなという感覚です。

 

――昨季からのメンバーとして連覇への思いもあったと思いますが

あんまり(連覇を)意識したことはないです。やることを明確にして1試合1試合だったり個人個人だったりのやることを積み重ねていった結果という感覚が大きいです。

 

――今日の試合を振り返って

1打席目3打席目はなかなかプラスを与えていけなかったんですけど、2打席目の四球は個人的には良かったかなと思います。

 

――ご自身の声に関してはいかがですか

やっぱりワセダの応援が2面(内外野)にいるとなかなか届かないなという感覚だったんですけど、出し続けたいかなと思います(笑)

 

――明日に向けて

明日は向こうも総力戦で来ると思いますし、2戦目は落とせないとワセダも死ぬ気で勝ちに来ると思うので、そこをしっかり叩いて完全優勝を決めたいと思います。

 

柳町達(商3・慶應)

――優勝して率直な感想を

2連覇というのはなかなか経験できないと思うので、それを経験できたのは嬉しいです。

 

――優勝が決まった瞬間は

寮のテレビで見ていました。優勝してとりあえず嬉しかったです。みんなで盛り上がって、ハイタッチしながら喜んでいました。

 

――今日の試合を振り返って

早大の小島投手、良いピッチャーだったので、それをなかなか打ち崩せない中、ワンチャンスで点を取れたというのは大きいですし、やっぱりピッチャーが粘ってくれたのが一番大きいかなと思います。

 

――優勝が決まって、今日の試合への気持ちは

やっぱりチーム目標として、早稲田に勝つというのがあるので、それを達成するために、早大に勝とうということで、みんなでやってきました。

 

――今日のチームの雰囲気は

今日も良い雰囲気で、1点先制された後も、取り返すぞという気持ちでいたので、すぐ取り返せたのかなと思います。

 

――4回の二塁打の前には円陣が

小島投手の対策というか、速いからちょっと早めにタイミングとってみようという感じで話していたと思います。

 

――苦手だった小島投手から二塁打、感想を

ちょっと良かったなという印象です。

 

――打った感触は

ストレートだったと思います。しっかり芯に当たってくれて、ショート頭、良いところに飛んでくれたので、良かったなと思います。

 

――チャンスメイクして、3番の役割を果たし、勝利につながる一打を放ちました

勝つために仕事をするというのが一番大きいことだと思うので、それができたなら良かったなと思います。

 

――5回にも良い当たりがありました

あれはちょっと詰まりつつも、良いところに飛んでくれたのですが、ナイスキャッチされちゃいました。

 

――8回にも大きな当たりが

良い当たりなんですけど、全部小太刀さんに捕られちゃいましたね。

 

――10勝での優勝に王手です

明日早大に勝つということだけを目標にやってきているので、10勝というよりは絶対早大に勝とうという気持ちで頑張りたいと思います。

 

――明日に向けて意気込みを

今日明日で2連勝で勝って、日曜日にみんなでパレードができるようにしたいなと思います。

 

嶋田翔(環2・樹徳)

――優勝おめでとうございます。優勝した感想は

高校から優勝したことは1回しか無くて、大学で自分が出てる中で優勝できたというのは本当に嬉しいです。優勝した瞬間はみんなで騒いで喜びを分かち合いました。

 

――今日の試合を振り返って

相手の投手はドラフトにかかるような選手ですし、なかなか打てないというのは分かっていたんですけど、やっぱり相手に合わせるんじゃなくて、自分から対策していかないといい投手は打てないなと思いました。

 

――初のスタメンとしての早慶戦

そこまで緊張はなかったですが、一球一球に対する歓声とか、やっぱり伝統があるなと感じました。その中で活躍するのは難しいなと思いました。

 

――最終打席ではホームラン性の惜しい当たりもありました

監督にもいつも言われますが、三振前の大ファールと言われないように、粘れるような打者になりたいです。

 

――次戦勝てば完全優勝が決まりますが、意気込みは

僕がチームの力になれることは声と打撃だと思います。しっかり最後の一球まで諦めずに完全優勝目指して頑張りたいと思います。

 

瀬戸西純(政2・慶應)

――まずは優勝おめでとうございます

ありがとうございます。

 

――優勝して率直な感想は

去年の秋優勝してますがその時は選手として関われなくて悔しい思いをして、次のシーズンで自分が使っていただいてる中で優勝できたのは素直に嬉しいです。

 

――優勝して迎えた早慶戦ですが、優勝が決まる前と早慶戦に対する気持ちの変化はありましたか

優勝決まってたのでチーム目標である早稲田に勝つっていうことだけに集中できました。それは今日だけでなく明日も変わらないので目標を明確に、一つに絞れたというのは心境の変化であると思います。

 

――早慶戦について楽しむと言われてましたが楽しめましたか

最初はやっぱり応援席の人数の多さに圧倒されましたけど途中からはかなり楽しめたと思います。

 

――今日の試合を振り返っていかがですか

なかなか点が入らない中でピッチャーの髙橋亮吾さんと髙橋佑樹さんが粘ってくださっていい試合運びができたんじゃないかなと思います。

 

――決勝点となる適時打を放った2回の第2打席を振り返っていかがですか

上位打線の柳町さんと郡司さんがチャンス作って、5・6番の凡退の仕方でまずいかな、という感じでした。ですけどそこで中村さんが粘って四球を取ってくださったのでなんとかしてやろう、という気持ちで打席立ちました。まず1球目にパスボールで同点になって、ここで打てなくても同点だから思い切って行こう、と思ってそこでかなり気持ち的に楽にはなりました。思い切って振ったらいい感じに跳ねて抜けてくれたのでラッキーな打球でした。

 

――打球が抜けた瞬間いかがでしたか

今日もついてるな、と(笑)

 

――打ったボールは

おそらくストレートです。

 

――小島投手に対してはどのような対策や意識で打席に向かったのでしょうか

左打者には真っ直ぐとスライダーを使ってくるピッチャーで簡単には打てないって分かってて、その中でもボール球を振ったら打てる確率ないと思っていました。まずはボール球を振らないことと、キレのある真っ直ぐに対する対策を考えていました。

 

――第1打席のセーフティーバントはどのような意図があったのでしょうか

小島投手が気持ちよく投げてたのでちょっとでもマウンドから動かして嫌な気持ちにさせようと思ってセーフティーした打席でした。

 

――チームの雰囲気は

勝っても特に浮つくことなく次の一勝、早稲田から勝ち点を取ることを考えています。あとは今日出た課題とか小島投手を打ち崩せなかったので今日も帰って練習して明日に備えるぞっていう雰囲気です。

 

――勝ち点5の完全優勝に王手をかけました。明日の試合への意気込みをお願いいたします

完全優勝はもちろん目標ですがやることを変えず、一戦必勝なので、自分ができることを一つずつ積み重ねていきたいと思います。

Comments are closed.