2016年度 その他

2016年度 その他

【柔道】必死の猛攻も、リベンジはかなわず惜敗/第68回早慶対抗柔道戦

 11月19日、講道館にて今年で68回目と長い歴史を誇る早慶柔道対抗戦が行われた。早慶対抗柔道戦は20人対20人の勝ち抜き戦と他の大会とは異なる試合形式で、勝てばそのまま残り、負ければ次の選手に交代、引き分ければ両校ともに交代するという流れ...
2016年度 その他

【アイスホッケー】2度同点に追いつくも勝ち越せず 関東大学リーグ戦 VS法大戦

入れ替え戦回避に向けて慶大は何としても勝利という結果が欲しかった。しかし第1pは立ち上がりから流れに乗れず、キルプレーから2失点。第2pは一転、攻勢を強めFW長谷川真之介(政1)とFW史習成リック(総2)の得点で同点に追いついた。第3p、カ...
2016年度 その他

【アイスホッケー】先制点を奪うも勝利ならず 関東大学リーグ戦 vs東洋大戦

未だに勝ちがない苦しい状況で迎えた東洋大戦。立ち上がり、相手の迫力ある攻撃を凌ぎきると、下村悠介(経4)が先制点を奪う。しかしその直後に失点を許し試合は振り出しに。第2ピリオドも東洋大に食らいつくが、キルプレーからの失点が響く。結局、この差...
2016年度 その他

【フィギュアスケート】慶大勢、健闘するも全日本には届かず 第42回東日本選手権大会

11月4日から6日にかけて第42回東日本選手権大会がダイドードリンコアイスアリーナで行われた。シニア男子には小曽根孝浩主将(環4)、シニア女子には鈴木美桜(法3)、庄司理紗(総2)、鈴木星佳(総1)が出場。全日本選手権への出場をかけた、し烈...
2016年度 その他

【ホッケー(男子)】あと一歩及ばず・・・涙のインカレベスト8敗退/全日本学生ホッケー選手権準々決勝 東京農大戦

前日の明大戦ではSO戦の激闘を制し、迎えたインカレ準々決勝。相手はリーグ戦で完敗を喫した東京農大だ。前半PCなどで3点を許すも、31分下山雄大(経3)の3試合連続ゴールで1点を返し、前半を折り返す。後半13分にルーキーの吉川大地(政1)のゴ...
2016年度 その他

【ホッケー(男子)】守護神相原魂のスーパーセーブ!SO戦の死闘制しインカレベスト8へ/全日本学生ホッケー選手権2回戦 明大戦

インカレ2回戦、対戦相手は秋季リーグ戦で勝利した明大だ。序盤から徹底したマークで相手の攻撃の芽をつむも、攻撃陣がなかなかシュートを決めきれず前半を0-0で終える。後半は10分に一瞬の隙を突かれ先制点を取られるも、21分に相手PCをしのいだカ...
2016年度 その他

【ホッケー(男子)】大量得点で快勝!全国優勝へ順調な滑り出し/全日本学生ホッケー選手権1回戦 甲南大戦

全国優勝を目指す慶大ホッケー部は、甲南大戦に臨んだ。序盤からサークル内にボールを運ぶも、得点できない場面が続く。すると前半16分、PCの危機を免れた直後に先制点を許してしまう。巻き返したい慶大は果敢に攻め、PCによる得点と終了間際の得点で勝...
2016年度 その他

【ホッケー(男子)】ホッケー界のパイオニア、奮闘むなしく完敗/第90回早慶ホッケー定期戦

慶大ホッケー部は今回で90回目を迎える早慶定期戦に臨んだ。開始早々ボールを奪われると、早大のペースで試合が進む。2分、5分には立て続けに失点。嫌な流れを断ち切ろうと奮闘する中、さらに追加点を奪われ前半を0−3で折り返す。後半は何度かチャンス...
2016年度 その他

【バドミントン】格上・早大に敗れるも、見せ場作る/第64回早慶バドミントン定期戦

神宮での野球早慶戦と時を同じくして、日吉記念館ではシーズンの締めくくりとなる早慶バドミントン定期戦が行われた。男女ともに今季の関東リーグで1部に所属する格上・早大に対して、男子部は3-12、女子部は0-5と地力の差を見せつけられる結果に。し...
2016年度 その他

【相撲】個人戦は3人が初戦突破も決勝トーナメント進出はならず 第94回全国学生相撲選手権大会1日目

 シーズンもいよいよ大詰めの時期を迎えた。11月5日、全国学生相撲選手権大会、通称インカレが両国国技館で行われた。シーズン最後の公式戦であり、最大の目標である今大会。初日の個人戦には5選手が出場し、樋口貴仁主将(環4)と長谷川大起(総1)、...
2016年度 その他

【フィギュアスケート】鈴木美桜が優勝、2年連続で国体出場を決める! 第21回ウィンタートロフィー

10月30日に新横浜スケートセンターで、第21回ウィンタートロフィーが開催された。国体の神奈川県代表選手を決める今大会。鈴木美桜(法3)が選手権女子を制し、見事2年連続で国体出場を決めた。
2016年度 その他

【合氣道】溢れる気迫で2連覇! 第25回早慶合氣道定期競技会

年に1度の早慶戦。流派の違う早慶合氣道部が、演武と乱取稽古で競い合った。慶大は、得意とする演武競技で4勝2敗、乱取競技では2勝4敗。勝敗数で引き分けたものの、合計得点で見事優賞を収めた。この試合をもって4年生は引退。9年ぶりとなる早慶戦2連...
2016年度 その他

【バスケ】接戦を演じるも後半に差を広げられ敗戦 vs白鷗大

リーグ戦15戦目の白鷗大戦が、10月22日に行われた。14戦目の早慶戦では、競り合いの末慶大が勝利し、その勢いのままに本戦でも勝利を挙げることができるかが注目された。前半は両校ともに得点を重ね、わずかな点差で慶大が白鷗大を追う展開となったも...
2016年度 その他

【ホッケー(男子)】悪夢の逆転負け、秋季リーグを4位で終える/関東学生ホッケー秋季リーグ 法大戦

先週の東京農業大戦に敗れた慶大。3位決定戦は、春季リーグは1位だった強敵法大との一戦となった。序盤はなかなか自分たちのペースを作れず、11分に先制を許し、0-1で前半を折り返す。後半に入ると徐々に慶大にもペースが生まれ、5分に福谷亮太(政3...
2016年度 その他

【自転車競技】実力差見せつけられ、早大に完敗/第50回早慶自転車競技定期戦

記念すべき50回目の定期戦。節目の大会で、13年ぶりの勝利を挙げるべく、宿敵・早大に挑んだ。初戦であるオープン・アンノウンディスタンスレースを大前翔(医1・慶應義塾高)が制すると、勢いに乗りたい慶大だったが、その後のケイリンでは早大3選手に...
2016年度 その他

【フィギュアスケート】一丸となって挑んだインカレ予選 第10回東日本学生フィギュアスケート選手権大会

10月15日から二日間に渡って、東大和スケートセンターにて第10回東日本学生フィギュアスケート選手権大会が開催された。部で掲げている目標はインカレで各クラス入賞。そのインカレ出場権を懸けて、慶大からは9名の選手が今大会に出場した。9名全員が...
2016年度 その他

【ボクシング】早慶戦前早慶合同企画第2弾!早慶主務対談  慶大・岩田慎平×早大・秋田悠然

 早慶合同企画の第2弾は、慶大・岩田慎平(総4)と早大・秋田悠然の前主務対談。昨年の早慶戦の企画・運営に携わり、縁の下で早慶ボクシング部を支えてきた二人に、早慶ボクシング部の素顔、そして早慶戦について語っていただいた。
2016年度 その他

【準硬式野球】チーム力底上げで完全優勝! 東京六大学準硬式野球秋季リーグvs早大②

昨季は優勝争いに残りながらも3位に終わった慶大。今季はさらに力をつけ、ここまでの勝ち点は早大と並ぶ4。優勝決定戦となった早慶戦、1回戦は延長10回でのサヨナラホームランで劇的勝利。迎えた2回戦、両投手の好投により互いに無得点で8回を終えたが...
2016年度 その他

【ホッケー(男子)】好機で決めきれず完敗。3位決定戦へ/関東学生ホッケー秋季リーグ 東京農大戦

上位プールの順位決定予選に挑んだ慶大。対戦相手は東京農大。序盤はパスを回し自分たちのリズムを作ると前半4分に坂田大樹(法3)がシュートを放つも入らず。その後相手に攻められる機会が増えると22分にPCから失点。前半を0-1で終える。後半もなか...
2016年度 その他

【水球】後輩に託された4年生の想い 日本選手権最終予選会

 9月18日。この日が慶大水球部にとって一つの区切りの日となった。創部101年目の歴史を刻んだ4年生の引退は、日本選手権最終予選2日目、秀明栄光高校との一戦となった。その前に行われたインカレでは、ベスト4を目標に掲げたものの初戦でまさかの王...
タイトルとURLをコピーしました