バスケットボール

バスケ女子

【バスケットボール(女子)】全員バスケの力を発揮、敗戦以上に成長を感じる一戦に/第79回早慶バスケットバール定期戦

チャレンジャー精神で挑む早慶戦。序盤から格上の早大を前に臆することなく慶大らしい泥臭いプレーで食らいつき、彼女たちの底力を見せ続けた。結果として敗れはしたものの、全員バスケの力を発揮し、例年より点差を大幅に抑えられたこの一戦。彼女たちの今後...
バスケ男子

【バスケットボール(男子)】早慶戦前企画 ―慶大の歩みとこれから―

3部全勝、2部昇格を目標に掲げた今年の慶大男子バスケットボール部。一昨年の3部降格、昨年のコロナ禍という数々の壁を乗り越えた先に彼らは何を見るのか。チーム一丸となり全員バスケで「共律」を達成するべく、2021年の戦いが今、幕を開ける。
バスケ女子

【バスケットボール(女子)】早慶戦前企画 ―慶大の歩みとこれから―

昨年の「覚悟」を胸に「全進」を続ける慶大バスケ部。過去に60点以上の差で敗戦した相手にも1年足らずで勝利する成長力、ポジションの穴を埋めるチーム力は数字にもプレーにも確実に表れている。2部昇格を目指すうえで重要な1年となる2021年に彼女た...
バスケ男子

【バスケットボール(男子)】早慶戦前!4年生インタビュー

ついに迎えるシーズン開幕戦。新チームで挑む初めての試合となる早慶戦を3日後に控える男子バスケットボール部。主将、副将として二人三脚で新チームを作り上げてきた4年生に今シーズンについて語ってもらった。
バスケ女子

【バスケットボール(女子)】 早慶戦開幕直前企画!4年生インタビュー

いよいよ4日後に迫った早慶戦。コロナ禍での代交替でチームが掲げた目標は「全進」だ。「全員で、全力で、全う」したその先の景色、「進化」を目指して、部を率いる4年生にラストシーズンについて語ってもらった。
バスケ男子

【バスケ(男子)】終盤の失速響き、早慶戦連勝ならず/第78回早慶バスケットボール定期戦

例年よりもおよそ半年遅れて無観客というこれまでに例を見ない形で開催された早慶バスケットボール定期戦。今年の早慶戦は伝統の一戦と言うだけでなく、4年生にとって慶大のユニホームを着て行う最後の試合となった。昨年3年ぶりに悲願の勝利を飾った慶大は...
バスケ女子

【バスケ(女子)】4年生が意地を見せるも、大差で敗北/第78回早慶バスケットボール定期戦

今年改装された日吉記念館にて、第78回早慶バスケットボール定期戦が行われた。勝敗に関わらず、この試合を持って引退する4年生たちが躍動するも、早大に力の差を見せつけられ、大差で敗北を喫した。
バスケ女子

【バスケ(女子)】お互いに点を取り合うも展開も、粘りきり勝利/関東大学女子バスケットボールアディショナルリーグ第2節vs国士館大

2週間前に行われた明治学院大とのアディショナルリーグ第1戦に敗れてしまった慶大。この試合の借りを返すため、絶対に負けられない国士舘大との試合は、お互いに得点を奪い合う展開となるが、決定力で勝った慶大が勝利を収めた。
バスケ男子

【バスケ(男子)】終始相手の高さに苦しみ、悔しい準優勝に/オータムカップ2020第3節vs山梨学院大

前節の玉川大戦を接戦で勝ち切った慶大。迎えた決勝戦の相手は昨年2部リーグで対戦経験のある山梨学院大だ。留学生を擁しており、高さのあるチームにどのような策を講じたのか。そして3部リーグで優勝を収め、早慶戦、来年のチームへと弾みをつけることはで...
バスケ男子

【バスケ(男子)】接戦を全員バスケで勝ち切り、決勝へ/オータムカップ2020第2節vs玉川大

帝京平成大戦では後半に巻き返しを見せ、見事初戦を勝ち切った慶大。今節は、序盤に点差をつけられるも、リングへ強気のアプローチを続け最後の1秒まで息を呑む展開を繰り広げた。1点差で勝利した慶大は来週の3部決勝戦へと駒を進めた。
バスケ女子

【バスケ(女子)】格上相手に果敢に挑むも、課題が浮き彫りに/第38回東京六大学女子バスケットボール対抗戦第4節vs立大

午前の試合ではあと1点で惜敗した慶大。終盤に怒涛の追い上げを見せたものの、各Qでの得点の波やイージーシュートミスなどの課題が残る試合となった。そんな中迎えた今回の立大戦。格上相手に眞尾瞳(商3・浦和第一女子)が言うように「自分達がやってきた...
バスケ女子

【バスケ(女子)】追い上げるも前半のミスを取り返せず、惜敗/第38回東京六大学女子バスケットボール対抗戦第3節vs法大

六大学対抗戦、前の2試合は早大、明大という格上相手にチャレンジャーとして奮闘した。第3節の相手は同じ3部リーグ所属の法大。リーグ戦で好成績を収めた慶大は午後の立大戦へ繋げるため、そして今後の慶大女子バスケ部に繋がる勝利をあげることはできたの...
バスケ男子

【バスケ(男子)】新チームで初戦を勝ち切り、好スタート/オータムカップ2020 第1節vs帝京平成大

「新しい」生活様式のなかで、今年初の公式戦を迎えた慶大。昨年の3部降格という悔しさをバネに、地道にチームを再編成してきたであろう。そんな「新しい」慶大バスケ部は持ちうる力を爆発させ、開幕戦で白星を掴むことはできたのだろうか。
バスケ女子

【バスケ(女子)】慶大の粘り強さが光り、ブロック2位の好成績/リーグ戦第6節vs東京成徳大

前日の十文字学園女子大戦に大差で勝利した慶大。今節は前節とは異なり大接戦となるが、最後まで攻撃の手を緩めなかった慶大が見事に勝利を収めた。「全員攻撃」をモットーとする慶大の底力が見えた一戦となった。
バスケ女子

【バスケ(女子)】100点ゲームで快勝、最終節に向けてアクセル全開/リーグ戦第5節vs十文字学園女子大

第4節から約1か月が経過し迎えた十文字学園女子大戦。今シーズン、主将の梅田香(環4・慶應NY)は「全員が同じ覚悟と熱量を持って会場に来て欲しい」と語っていた。今節ではベンチメンバーもコートに立つ時間が多く、文字通り全員の“覚悟”と“熱量”を...
バスケ女子

【バスケ(女子)】最後まで集中力を切らさず、白星獲得/リーグ戦第4節vs流通経大

昨日の玉川大戦では強いチームワークと確かな成長を見せた慶大。第4節の相手は流通経大だ。昨年のリーグ戦で敗れた相手に慶大女子バスケ部の底力で勝利を掴み取り、リベンジを果たすことはできたのだろうか。
バスケ女子

【バスケ(女子)】攻守ともに得るものは多く、次につながる敗戦に/リーグ戦第3節vs玉川大

持ち前の粘り強さとチームプレーでここまで2連続勝利を挙げた慶大。第3節の相手は昨年2部に所属していた玉川大だ。今年のリーグ戦では昇格・降格は行わないが、今の慶大女子バスケ部の実力を知り、来年以降、より高いレベルでのプレーを目指していく上で重...
バスケ女子

【バスケ(女子)】最後まで攻めの姿勢で、リーグ戦好発進/リーグ戦第1節vs学習院大

今までの日常が非日常となった世の中、新型コロナウイルス感染症拡大の影響はスポーツ界にも及んだ。春に開催予定だった試合は軒並み中止となり、久しぶりに無観客の中で開催された女子バスケットボールリーグ戦。慶大の初戦の相手は学習院大だ。コロナ禍での...
2019年度 バスケットボール

【バスケ(男子)】<コラム>山﨑純の最後の一歩

昨年、日本のバスケットボール界は大きな変化の時を迎えた。1998年以来21年ぶりにワールドカップへの自力出場を決め、八村塁(ワシントンウィザーズ)が日本人として初めてNBAのドラフトの場で1巡指名を受けた。大学4年生の代は「八村世代」と呼ば...
2019年度 バスケットボール

【バスケ(男子)】<コラム>「継続すること」を体現し続けてきた男・髙田淳貴。長い旅を終えた彼が、チームにもたらしたもの。

187㎝、88キロの逞しい体格から放たれたボールは美しい弾道を描いてリングへ吸い込まれる。得意の3ポイントを立て続けにヒットしたかと思えば、相手の意表を突く果敢なドライブを見せる。堅実で正確ながら、見る者を魅了する。それが、髙田淳貴(環4・...
タイトルとURLをコピーしました