2018年度 男子テニス

2018年度 男子テニス

【テニス(男子)】今村、早大エースに敗れ、準優勝 全日本学生室内テニス選手権

男子シングルス決勝に進んだ今村昌倫(環2・清風)。決勝戦の相手は、昨年のインカレを制覇するなど、大学テニス界を代表する選手である島袋将(早大)。試合は、ファーストセットの中盤まで互角に渡り合ったが、それ以降、島袋のサーブとストロークに押され...
2018年度 男子テニス

【テニス(男子)】今村が慶大対決を制し、シングルス決勝に進出! 全日本学生室内テニス選手権大会

本戦4日目を迎えた全日本学生室内選手権大会。男子シングルス準決勝は、今村昌倫(環2・清風)と羽澤慎治(環1・西宮甲英)による慶大対決となった。3時間を超える激闘となったが、今村がフルセットの末に羽澤に勝利し、決勝進出を果たした。 
2018年度 男子テニス

【テニス(男子)】全国準Ⅴも、王者の壁越えれず/全日本大学対抗テニス王座決定試合決勝 vs早大

ついに迎えた王座決定試合。シード校として出場した慶大は、2回戦で中京大学、準決勝で近畿大学を破り、再び王者・早大との決勝戦へと駒を進めた。現在王座13連覇中と圧倒的な強さを誇る早大だが、春の早慶定期戦、リーグ戦と敗れたとは言え確かな手応えを...
2018年度 男子テニス

【テニス(男子)】あと一歩まで迫った早慶戦 王座でのリベンジ誓う/関東学生テニスリーグ 早大戦

長かったリーグもついに最終戦。ここまで全勝同士の宿敵・早大との対戦を迎えた。この日もダブルスで2―1とし、リードした状態でシングルスへと向かった慶大は、下位シングルス3つを落とし逆にリードを許してしまうが、S3今村昌倫(環2・清風)、S1羽...
2018年度 男子テニス

【テニス(男子)】王座進出決めるも、不安の残る一戦/関東学生テニスリーグ 亜大戦

勝てば王座進出が決まるという大事な一戦。この日も好調なダブルスで3連勝を飾り、大きく勝利に近づいた慶大だったがシングルスでまさかの敗戦を重ねる。S2,3,5,6で敗れ勝負の行方はS1の羽澤慎治(環1・西宮甲英)に託された。ここで羽澤がエース...
2018年度 男子テニス

【テニス(男子)】単複共に相手を圧倒し8-1で快勝!/関東学生テニスリーグ 中大戦

山場の法大戦で快勝した慶大は、実力者の揃う中大と対戦。王座進出に向け気が抜けない戦いとなったが、ダブルスで3連勝し必勝モードに入ると、シングルスでも5勝を挙げ次戦に弾みをつけた。
2018年度 男子テニス

【テニス(男子)】ダブルスから流れ作り、強敵相手に快勝!/関東学生テニスリーグ 法大戦

初戦で明大を破った慶大は、リーグ前半戦の"山場”法大との第2戦に臨んだ。前節同様にダブルスで3連勝を飾ると、S4今村昌倫(環2・清風)、S3の福田真大(商3・慶應湘南藤沢)がストレート勝ちを収め、早々に慶大の勝利を決めた。次戦は1日を空け中...
2018年度 男子テニス

【テニス(男子)】大事な初戦を白星で飾る/関東学生テニスリーグ 明大戦

悲願の日本一へ、いよいよ開幕を迎えたリーグ戦。明大と初戦を戦う慶大は、ダブルス3本を全てストレート勝利で終えシングルスへ繋ぐ。S6、S5はともに大接戦の末に落とすも、中村進之介(商4・慶應湘南藤沢)をはじめとする残る4人が勝利を挙げ、結果7...
2018年度 男子テニス

【テニス(男子)】掴みかけた王冠 羽澤、あと一歩のところで優勝逃す/全日本学生テニス選手権大会最終日

インカレ本戦9日目、ついに頂点を決める決勝戦が行われた。栄えある決勝の舞台には、予選から破竹の勢いで勝ち上がってきた慶大が誇る黄金ルーキー・羽澤慎治(環1・西宮甲英)が姿を見せた。対する相手は、準決勝で逸崎凱人(環4・大阪産業大付属)を破っ...
2018年度 男子テニス

【テニス(男子)】ルーキー羽澤が決勝進出! 逸崎はベスト4入賞/全日本学生テニス選手権大会8日目

本戦8日目、いよいよ決勝進出を懸けた準決勝が行われた。その準決勝の舞台に、慶大からは逸崎凱人(環4・大阪産業大付属)、羽澤慎治(環1・西宮甲英)の2名が臨んだ。ここまで熱い戦いを繰り広げてきた逸崎は、ストレート負けを喫したもの自身初のインカ...
2018年度 男子テニス

【テニス(男子)】逸崎、羽澤がベスト4進出! 逸崎・畠山組はまさかのベスト8で散る/全日本学生テニス選手権大会7日目

慶大からは3組が試合に臨んだ大会7日目。3連続で慶大の選手を破った羽澤慎治(環1・西宮甲英)は、快勝でベスト4進出。単複でベスト8入りした逸崎凱人(環4・大阪産業大付属)も激戦の末、ベスト4へ。一方、優勝候補と期待された逸崎・畠山(環4・湘...
2018年度 男子テニス

【テニス(男子)】羽澤が慶大対決を制し8強へ 逸崎は単複で準々決勝進出!/全日本学生テニス選手権大会6日目

強い日差しの中で行われたインカレ5日目にベスト8がそろった。シングルスでは逸崎凱人(環4・大阪産業大学付属)と羽澤慎治(環1・西宮甲英)がベスト8に進出。逸崎は第1セットでタイブレークを制し、第2セットで相手を圧倒。一方、予選から本戦に勝ち...
2018年度 男子テニス

【テニス(男子)】逸崎・畠山、福田・今村が3R進出! シングルスでは3名が4Rへ/全日本学生テニス選手権大会5日目

インカレ5日目は3回戦。シングルスでは注目の慶大対決、羽澤慎治(環1・西宮甲英)が今村昌倫(環2・清風)を破り、4回戦進出を決めた。また、畠山成冴(環4・湘南工科大付属)が春関王者の川橋勇太(筑波大)を倒し、逸崎凱人(環4・大阪産業大付属)...
2018年度 男子テニス

【テニス(男子)】シングルスで6名が3回戦進出!/全日本学生テニス選手権大会4日目

天候不良により大会の進行が遅れているため、インカレ本戦4日目は2回戦。男子は10人が2回戦に登場し、逸崎凱人(環4・大阪産業大学付属)、畠山成冴(環4・湘南工科大付属)、今村昌倫(環2・清風)、羽澤慎治(環1・西宮甲英)、福田真大(商3・慶...
2018年度 男子テニス

【テニス(男子)】4-5で惜敗も、多くの収穫を得る/第186回早慶対抗庭球試合

昨年はダブルスで1勝したものの、シングルスでは全敗を喫し、涙をのんだ慶大男子庭球部。今年は、ホームである蝮谷テニスコートで大きな声援を背に伝統の一戦に臨んだ。
2018年度 男子テニス

【テニス】今村、初のベスト8も敗退/関東学生テニストーナメント大会 6日目

本戦5日目で、今村昌倫(環2・清風)を残し敗退が決まった慶大。来週の早慶戦に向けて、なんとか弾みをつけたい。慶大の意地を背負い、今村が本戦6日目に臨んだ。
2018年度 女子テニス

【テニス】ベスト8・16で敗退者続出、波乱の5日目/関東学生テニストーナメント大会 本戦5日目

本日も快晴の下、関東大学テニストーナメント大会が行われた。5日目を迎えるこの日、慶大からは7名の選手が出場。しかし、昨年準優勝を飾った逸崎凱人(環4・大阪産業大学付属)・畠山成冴(環4・湘南工科大付属)ペア、女子主将の押野紗穂(環4・つくば...
2018年度 女子テニス

【テニス】慶大からは4人が準々決勝進出/関東学生テニストーナメント大会 本戦4日目

雨の予報とは打って変わって、快晴の中行われた関東学生テニストーナメント4日目。男子シングルスでは今村昌倫(環2・清風)、女子シングルスでは主将・押野紗穂(環4・つくば国際大学東風)、男子ダブルスでは逸崎凱人(環4・大阪産業大学付属)・畠山成...
2018年度 女子テニス

【テニス】新体制企画第3弾!坂井利彰監督

新体制企画第3弾は、就任14年目を迎える坂井利彰監督。今季の慶大庭球部や学生主体で運営している国際大会、慶應チャレンジャーについて、庭球部の監督、そして教育者として様々な視点からのお話しを伺った。
2018年度 男子テニス

【テニス】新体制企画第1弾!男子主将・中村進之介

昨季、王座で早大に惜しくも敗れはしたが、そこから大きく成長した慶大男子庭球部。今回は新体制企画第1弾として、今季から男子部主将に就任した中村進乃介(新商4・慶應湘南藤沢高)に意気込みなどを伺った。主将そしてエースとしてチームをけん引してきた...
タイトルとURLをコピーしました