2019年度 バレーボール

2019年度 バレーボール

【バレーボール】託された思い、チームを導く主将へ/新旧主将対談 マルキナシム×吉田祝太郎

全日本大学選手権の戦いを終え、約1ヶ月が経過した。今回は、主将そしてチームの要として活躍してきたマルキナシム前主将(総4・川越東)と、今月新たに主将に就任した吉田祝太郎新主将(政3・慶應)のお二人の対談をお送りする。※この取材は2019年1...
2019年度 バレーボール

【バレーボール】高かった1部の壁・・・Team Malki最後の大会はベスト32で終幕/第72回全日本バレーボール大学男子選手権 2回戦 vs筑波大

前日の大体大との1回戦を突破した慶大。この日は、関東1部の強豪・筑波大との2回戦に臨んだ。「この全カレの大一番」(富澤太凱副将=経4・慶應)と、チーム全員で臨んだ慶大だったが、総合力、完成度の高い筑波大に一矢報いることはできなかった。慶大は...
2019年度 バレーボール

【バレーボール】主将・副将が決める!劣勢で見せた慶大の底力!/第72回全日本バレーボール大学男子選手権 1回戦 vs大体大

ついに今年最後の大会、全日本インカレを迎えた。慶大の初戦は、関西1部9位の大体大(大阪体育大)。第1セットを順調に取ったものの、相手の独特な雰囲気に飲み込まれ、第2・3セットを落としてしまう。だが、マルキナシム主将(総4・川越東)・富澤太凱...
2019年度 バレーボール

【バレーボール】〈全カレ前特集⑦〉マルキナシム、主将でエース、その重責と戦った1年間。

いよいよ、全日本インカレの開幕だ。慶大は、26日(火)に大体大との初戦を迎える。この1年間の集大成として臨む今大会へ、慶大は準備を重ねてきた。特集企画最終回の今回取り上げるのは、マルキナシム主将(総4・川越東)。「もがき苦しんできた1年間だ...
2019年度 バレーボール

‪【バレーボール】フルセットの激闘の末、勝利!全日本インカレへ弾みをつける!!/第74回慶関バレーボール定期戦 vs関学大‬

伝統ある定期戦で慶大と関学大が火花を散らした。第1セットを先取した慶大だったが、第2、3セットは大事な場面でスパイクが決めきれず失速。後がない第4セットからは要所で慶大の『高さ』が相手を圧倒する。樫村大仁(環3・茨城高専)を始め、多くの選手...
2019年度 バレーボール

【バレーボール】〈全カレ前特集⑥〉慶大の顔・富澤太凱が、最後の舞台で輝きを放つ

全日本インカレまであと2日。明日には開会式が行わ、今年最後の大会のはじまりが宣言される。2日後の大阪体育大との初戦がいよいよ迫ってきた。特集企画第6弾の本日は、富澤太凱副将(経4・慶應)に迫る。1年次の春季リーグ戦からスタメンOPとして活躍...
2019年度 バレーボール

【バレーボール】〈全カレ前特集⑤〉主将&副将対談 マルキナシム×富澤太凱

全日本インカレまであと3日。全カレ前特集第5弾の本日は、マルキナシム主将(総4・川越東)と富澤太凱副将(経4・慶應)の対談をお届けします。1年次から活躍してきた2人。Wエースとしてチームを率いてきた2人は、まさに「慶應の顔」(宮川郁真=総2...
2019年度 バレーボール

【バレーボール】〈全カレ前特集④〉注目選手座談会 加藤真×宮川郁真×永田将吾×小出捺暉

全日本インカレまであと4日。本日は、加藤真(商3・慶應)、宮川郁真(総2・松本県ヶ丘)、永田将吾(総2・高松)、小出捺暉(環2・駿台学園)の4人による座談会をお届けします。ポジションの変動など、様々なことがあったこの1年間。来年以降の慶大の...
2019年度 バレーボール

【バレーボール】〈全カレ前特集③〉チームの土台、浦部連太朗・五味渕竜也・本多一大の役割は「心・技・『雰』」?

全日本インカレまであと5日。本日は、チームの『土台』として支え続けてきた、浦部連太朗(総4・高松第一)、五味渕竜也(環4・習志野)、本多一大(商4・慶應)の4年3人に迫る。彼らの役割は「心・技・『雰』」と語ってくれた。その意味とは?ぜひご覧...
2019年度 バレーボール

【バレーボール】〈全カレ前特集②〉MB座談会 清水柊吾×樫村大仁×降小雨

全日本インカレまであと6日。本日は、清水柊吾(総3・広島城北)、樫村大仁(環3・茨城高専)、そして降小雨(商1・慶應)のMB3人による座談会をお届けする。同じポジションの3人が語るそれぞれの持ち味、そして全日本インカレへ懸ける思いとは。ぜひ...
2019年度 バレーボール

【バレーボール】〈全カレ前特集①〉勝つために、いつも通り。山田大智の描く主務像

Team Malki最後の大会・全日本インカレの開幕まで、残り1週間を切った。慶スポでは、注目選手の座談会やコラムをお届けする。第1弾は、山田大智主務(政4・慶應)。高校から始めたというバレーボールの魅力、そして主務としての強い覚悟を語った...
2019年度 バレーボール

【バレーボール】課題が見えた2試合。全日本インカレでの躍動を誓う/第72回全早慶明バレーボール定期戦

悔しさの残る1部・2部入替戦から1週間。慶大は、第72回全早慶明定期戦に臨んだ。初戦となった早大戦では、MBのクイックが効果的に決まったものの、0―2で敗戦。続く明大戦では、1セット目開幕から6連続失点を喫するなど要所でミスが目立ち、この試...
2019年度 バレーボール

【バレーボール】届きそうで届かなかった・・・惜しくも1部昇格を逃す/秋季関東大学男子バレーボールリーグ戦 1部・2部入替戦 vs専大

「今年1年間やってきたことを出し切る」(富澤太凱副将=経4・慶應)――秋季リーグ戦を戦い抜き、手に入れた入替戦の切符。何としても結果を残したい。チーム全員が様々な思いを胸に、秋季1部11位の専大に挑んだ。序盤からサーブが効果的に決まり、ブロ...
2019年度 バレーボール

【バレーボール】慶大の力、ここに結実!劣勢はねのけ、入替戦出場を決める!/秋季関東大学男子2部バレーボールリーグ戦 最終戦 vs国士館大

チーム全員でつかみとった、見事な逆転勝利だった。2カ月間、全11戦を戦い抜く秋季リーグ戦。その最終戦は、入替戦進出を懸けた大一番となった。第1セットを落とし、第2セットも嫌な流れを断ち切れずに大きくリードされる。だが、途中出場の選手たちが奮...
2019年度 バレーボール

【バレーボール】接戦を制せず今季初黒星・・・すべては最終戦へ/秋季関東大学男子2部バレーボールリーグ戦 第10戦 vs法大

今季全勝の法大との戦いは、第1セットから白熱したものとなった。36-34の死闘を制した慶大だったが、第2セット以降、本来の力を発揮することができなかった。結果はセットカウント1-3で敗戦。今季初の黒星となった。この試合で入替戦進出を決めるこ...
2019年度 バレーボール

【バレーボール】今季初のフルセットを制し、1部・2部入替戦進出に王手!/秋季関東大学男子2部バレーボールリーグ戦 第9戦 vs大東大

入替戦進出へ、王手をかけた。東日本インカレで激戦を繰り広げた大東大との再戦は、今季初のフルセットまでもつれた。第4セットまで、互いに一歩も引かない展開が続き、まさに意地のぶつかり合いとなる。そして、勝負の最終セット、慶大は4連続失点で窮地に...
2019年度 バレーボール

【バレーボール】勝利への意地!追いすがる相手を突き放しストレート勝ち/秋季関東大学男子2部バレーボールリーグ戦 第8戦 vs亜大

1部復帰に向けて負けられない戦いが続く慶大。この日は、昨春5位の亜大との対戦。両者とも全勝同士ということで、白熱した試合展開となった。序盤から相手サイドの速い攻撃に苦戦するものの、サーブ、そして自分たちの持ち味である高さを生かしたブロックで...
2019年度 バレーボール

【バレーボール】多彩な攻撃が光り、後半戦も白星スタート!/秋季関東大学男子2部バレーボールリーグ戦 第7戦 vs国際武道大

リーグ戦もいよいよ後半戦へ突入する第7戦、開幕からいまだ負けなしの慶大は、同じく全勝中の国際武道大と対戦した。試合は、攻撃力の高さが光った慶大が終始相手を圧倒。課題としていたつなぎの面でも好プレーを連発させ、見事3-0で勝利を収めた。今回の...
2019年度 バレーボール

【バレーボール】サーブで流れをつかみ、快勝!/秋季関東大学男子2部バレーボールリーグ戦 第6戦 vs立正大

リーグ戦折り返しの試合を勝利で飾りたい慶大は、昨春7位の立正大と対戦となった。この日、第2戦からけがで戦列を離れていたMB樫村大仁(環3・茨城高専)が復帰。高さを生かし、ブロックの要としてチームを支えた。慶大は、序盤から清水柊吾(総3・広島...
2019年度 バレーボール

【バレーボール】セット失うも、終盤に修正し5連勝!/秋季関東大学男子2部バレーボールリーグ戦 第5戦 vs立大

秋季リーグ戦も中盤を迎えた。第5戦は、立大との対戦。上背で勝る慶大がブロックで優位に立つかと思われたが、逃げてきたフェイントを拾えず、アドバンテージを生かせない。なかなか点差を広げられない展開が続き、ついに第2セットを落としてしまう。それで...
タイトルとURLをコピーしました