2016年度 競走

2016年度 競走

【競走】跳躍種目表彰台独占&歴代最高得点で2年ぶり早慶戦勝利/第93回早慶対抗陸上競技会

9/17(日)早慶対抗陸上競技会 @慶應義塾大学日吉グラウンド9月17日(日)、早慶対抗陸上競技会が慶應義塾大学日吉グラウンドで行われ、慶大が40-17で早大を下し、2年ぶりの勝利を収めた。慶大がマークした40点は、本大会での慶大史上最高得...
2016年度 競走

【競走】塾記録更新ならずも昨年を上回る28位 第93回東京箱根間往復大学駅伝競走予選会

 第93回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)の予選会が15日、今年も陸上自衛隊立川駐屯地をスタート、国営昭和記念公園をゴールとする20キロメートルのコースで行われ、50校589人のランナーが正月の箱根路に出場できる10校の枠を目指し激走...
2016年度 競走

【競走】最終種目で逆転許し3連覇ならず… 第92回早慶対抗陸上競技会

 陸上の早慶対抗陸上競技会が9月11日、慶應義塾大学日吉陸上競技場で行われ、慶大は最終種目の4×200mRまで早大をリードしていたものの、4×200mRで敗れ2点差で逆転を許した。慶大は一昨年、昨年と早慶戦を勝利していたが、3連覇の達成はな...
2016年度 その他

【競走】女子4継 塾新記録で準優勝! 天皇賜盃第85回日本学生陸上競技対校選手権大会

陸上の天皇賜盃第85回日本学生陸上競技対校選手権大会が2日〜4日の3日間、熊谷スポーツ文化公園陸上競技場で行われた。慶大からは25人の選手が出場し、女子4×100mRでは足立—川村—竹内—清水のオーダーで初日の予選からいきなり45”98の塾...
2016年度 競走

【競走】同志社に2年ぶり快勝 秋に期待ふくらます 第65回慶同戦

7月16日、焼けつくような日差しのもと、第65回慶同戦が日吉陸上競技場で行われた。昨年、京田辺で行われた本大会でまさかの10連覇を逃してしまった男子。それだけに、選手たちのこの試合にかける思いは例年以上のものがあった。男子は100mと150...
2016年度 その他

【競走】小池2種目表彰台で今年も1部残留 第95回関東インカレ

 第95回関東インカレが19日〜22日の4日間、今年も日産スタジアムにて開催された。各校の有力選手が一同に会し、選手権獲得、そして対校戦の総合優勝を目指し熱戦を繰り広げた。慶大は男子1部総合で27点を獲得し12位に入った。目標としていた総合...
2016年度 その他

【競走】トラックシーズン始動!ー第49回東京六大学陸上競技大会

東京六大学対校陸上競技大会が4月2日、日吉陸上競技場で行われた。慶大はトラック種目では、昨年度の大会最優秀選手である小池祐貴(総3)の欠場などが響き、思うように得点を伸ばせなかったが、児島有伸(環4)と鈴木喜成(商3)の二人が表彰台に上った...
タイトルとURLをコピーしました