2017年度 女子ラクロス

2017年度 女子ラクロス

【ラクロス(女子)】”因縁”の早大に勝利し2年ぶり FINAL4の舞台へ!!/関東学生ラクロスリーグ戦 早大戦

日本一への第一歩、FINAL4進出をかけてブロック最終戦の早大戦に挑んだ慶大。先制点を許したものの、18分にフリーシュートをMF白子未祐(文4)が決め同点に追いつくと続けざまにAT西村沙和子(経3)、MF力丸絢(法4)がゴールを決め逆転。前...
2017年度 女子ラクロス

【ラクロス(女子)】熱戦は引き分けに。FINAL4進出は運命の早慶戦へ/関東学生ラクロスリーグ戦 東海大戦

勝利すれば2年ぶりのFINAL4進出となった東海大戦。2点を先制されるも、MF白子未祐(文4)、MF伊藤香奈(経3)、AT友岡阿美(政3)のゴールで逆転するなど前半を4−3で折り返す。後半、リードを保ちたがったが、粘る東海大を離すことができ...
2017年度 女子ラクロス

【ラクロス(女子)】次戦へつなぐ、怒涛の開幕3連勝!/関東学生ラクロスリーグ戦 学芸大戦

リーグ戦2連勝をあげてきた慶大は第3戦で学芸大と対戦。2点を先取され、前半を1-2とビハインドで折り返す。後半も引き続きチャンスを決めきれない場面がありながらも、7分、MF伊藤香奈(経3)がフリーシュートを決め同点とすると、MF白子未祐(文...
2017年度 女子ラクロス

【ラクロス(女子)】理想の展開にならずも、開幕2連勝!/関東学生ラクロスリーグ戦 農大戦

開幕戦で快勝した慶大は第2戦で農大と対戦。序盤から相手に攻め込まれる苦しい展開だったが、7分にAT西村沙和子(商3)が得点をあげるとそこから自分たちのペースで試合を進め、前半を6−0で終える。後半はMF白子未祐(文4)の2得点とAT友岡阿美...
2017年度 女子ラクロス

【ラクロス(女子)】いよいよ開幕!初戦の緊張破り余裕の快勝/関東学生ラクロスリーグ戦 法大戦

いよいよ開幕した関東学生ラクロスリーグ戦。例年初戦に苦しむ傾向がみられる慶大であるが、開始2分にエースのMF竹村薫(環4)が先制のシュートを決める。流れにのったチームは相手に一歩も譲らず、前半を8-0で終える。後半も攻撃は止まらない。開始2...
2017年度 女子ラクロス

【ラクロス(女子)】リーグ戦開幕直前!主将・副将インタビュー!

4年ぶりの日本一へ、慶大女子ラクロス部の戦いがいよいよ8月14日から始まる。リーグ開幕を直前に出原佳代子主将(#99・経4・慶應女子)と竹村薫副将(#11・環4・桐蔭学園)にリーグ戦への意気込みを語っていただいた。さらに出原主将はU-22日...
2017年度 女子ラクロス

【ラクロス(女子)】日吉に響く歓喜の若き血!劇的竹村弾で早慶戦2年ぶり勝利!/第25回早慶ラクロス定期戦

記念すべき第25回早慶ラクロス定期戦。昨年10年ぶりに敗戦を喫した慶應にとってリベンジをしたい試合だったが、序盤から苦戦を強いられる。相手のパス回しと個の強いアタックに耐えていくも9分に失点。MF白子未祐(文4)とMF力丸絢(法4)のゴール...
2017年度 女子ラクロス

【ラクロス(女子)】早慶戦企画第6弾!早慶主将対談!(慶應主将・出原×早稲田主将・細見)

全6回にわたってお送りしてきた早慶戦企画もいよいよ最終回となる。第6弾は慶應の主将・出原佳代子(#99・経4・慶應女子)選手と早稲田の主将・細見千明(#1・文構4・昭和学院秀英)選手の早慶主将対談。早慶ラクロス部を率いるライバルであるととも...
2017年度 女子ラクロス

【ラクロス(女子)】早慶戦企画第5弾!選手が対談をプロデュース!~早慶薫対決~(慶應・竹村薫×早稲田・平野薫)

第5弾は慶應の副将・竹村薫(#11・環4・桐蔭学園)選手プロデュースの「早慶薫対決」。対談相手は早稲田大学のAT平野薫選手(#9・国教4・桐蔭学園)。中高6年間を桐蔭学園のラクロス部で過ごした二人だったが、大学では慶應早稲田というライバル校...
2017年度 女子ラクロス

【ラクロス(女子)】早慶戦企画第4弾!選手が対談をプロデュース!~DF陣対談~(大木×飯豊×櫨本)

第4弾はDF大木茉莉(#3・総4・慶應NY)選手プロデュースの「DF陣対談」。対談相手は同じくDFで早慶戦でもスタメンが予想される飯豊広奈(#70・政4・慶應女子)、櫨本美咲(#62・経3・慶應女子)。「超攻撃型ラクロス」を掲げる今シーズン...
2017年度 女子ラクロス

【ラクロス(女子)】早慶戦企画第3弾!選手が対談をプロデュース!~高身長対談~(白子×山崎×大沢)

第3弾はMF白子未祐(#96・文4・慶應女子)選手プロデュースの「高身長対談」。対談相手として選んだのが同じく身長170cm以上のMF山崎茉莉花(#89・政4・渋谷幕張)、G大沢かおり(#28・経3・学芸大付属国際)。「早稲田よりも高身長な...
2017年度 女子ラクロス

【ラクロス(女子)】早慶戦企画第2弾!選手が対談をプロデュース!~次世代主力対談~(伊藤×友岡×吉岡)

早慶戦直前対談の第2〜5弾は慶應女子ラクロス部の選手達がケイスポ対談をプロデュース!選手に組み合わせを考えていただきました!第2弾はMF伊藤香奈(#73・経3・慶應女子)選手プロデュースの「次世代主力対談」。対談相手は同じ3年のAT友岡阿美...
2017年度 女子ラクロス

【ラクロス(女子)】早慶戦企画第1弾!チームスタッフ対談!(友岡×柳井×小出)

5月21日(日)に日吉陸上競技場で行われる第25回早慶ラクロス定期戦。昨年の敗戦により早慶戦10連覇を逃した彼女達は“Grit’n’Grind”というスローガンを掲げて2017年シーズンを迎えた。2、3月の六大学戦で優勝の好スタートを切り、...
2017年度 女子ラクロス

【ラクロス(女子)】課題も見えた一戦。六大学戦最終戦を勝利で終える!/六大学戦 法大戦

2月から行われていた六大学戦もついに最終戦を迎えた。開始早々に先制点を決めるも、その数分後に追いつかれる。しかしAT出原佳代子(経4)が連続得点を決めると、徐々に試合は慶應ペースに。AT西村沙和子(商3)のハットトリックの活躍などで8点の大...
2017年度 女子ラクロス

【ラクロス(女子)】昨年覇者相手に課題残る引き分け/六大学戦 明大戦

六大学戦第4戦の対戦相手は昨年関東王者の明大。序盤から攻撃を仕掛けていくも、前がかりになったところをつかれ、相手の素早いカウンターから2失点。AT友岡阿美(政2)とMF小久保磨里奈(政2)のゴールで同点に追いつくも終盤のフリーシュートから失...
2017年度 女子ラクロス

【ラクロス(女子)】チーム層の厚さを見せ快勝!/六大学戦 立大戦

円陣を組む選手ら早大との試合を引き分けで終えた慶大は、大きくメンバーを変えた中で六大学戦第3戦の立大戦に臨んだ。前半、MF伊藤香奈(経2)の得点に始まり一挙6得点を挙げリードする。後半は相手の反撃もあり3失点を許すも、AT吉岡美波(理2)な...
2017年度 女子ラクロス

【ラクロス(女子)】リードを守り切れず引き分けに終わる/六大学戦 早大戦

六大学戦第二戦は早慶戦となった。序盤は早大の強靭なDF陣に阻まれなかなか得点を決めることができなかったものの、出原佳代子(経3)の得点を皮切りに徐々に攻撃のスイッチが入り、白子未祐(文3)らのゴールでリードを3点差まで広げる。このまま連勝か...
2017年度 女子ラクロス

【ラクロス(女子)】「超攻撃型ラクロス」の真骨頂!26点大勝スタート!/六大学戦 東大戦

六大学戦初戦となった東大戦。開始早々に新副将・竹村薫(環3)がゴールを決めると、そこからMF伊藤香奈(経2)の6点やMF白子未祐(文3)の4点などで前半だけで16−0と圧倒する。後半も新主将・出原佳代子(経3)のハットトリックなどでリードを...
2017年度 女子ラクロス

【ラクロス(女子)】17チーム”Grit ’n’ Grind”始動。新幹部対談!(主将・出原×副将・竹村)

2月9日にいよいよ慶大女子ラクロス部の新チームが始動した。目標としては昨季まさかのブロック敗退で終わったリーグ戦の日本一。そしてスローガンとして”Grit ’n’ Grind”を掲げた。そんな新チームの主将・出原佳代子(#99経3=慶應女子...
タイトルとURLをコピーしました