オータムリーグ

バスケ男子

【バスケットボール(男子)】立ち上がりから3ポイント好調 得点を伸ばし連勝/リーグ戦第4節vs西武文理大

第3節からの良い流れに乗りたい西武文理大戦。この日は亜細亜大戦で浮き彫りになった「プレーの立ち上がり」からエンジン全開で得点を重ねて勝利した。熊野を中心に3ポイントでチームを加速させ、ディフェンス面でも粘り強くリバウンドに絡んだことにより慶...
バスケ女子

【バスケットボール(女子)】相手のパワーに対応しきれず 黒星発進/リーグ戦第1節vs国士舘大

着実な進化を遂げている慶大女子バスケットボール部。彼女たちのリーグ戦がいよいよ始まった。初戦、前半には流れをつかんだ時間帯も見られたが、徐々に相手のフィジカルやシュート力に押されて全員バスケを発揮することができずに敗戦となった。早慶戦では「...
バスケ男子

【バスケットボール(男子)】攻守ともに慶大バスケを貫き通し 白星獲得/リーグ戦第3節vs帝京平成大

負けられない試合が続くリーグ戦、今試合では「チーム力」が光った。オフェンスではシュート率の向上やここぞの場面で決め切る勝負強さが見られ、ディフェンス面でも相手に流れを渡さない粘り強さが発揮された。しかし、帝京平成大のエースを抑えられない場面...
バスケ男子

【バスケットボール(男子)】リードした立ち上がり 徐々に詰められ惜敗/リーグ戦第2節vs玉川大

第1節で課題に挙げていた「立ち上がり」のプレーに対し、玉川大戦では好調なスタートダッシュを果たした慶大。しかし、中盤からは小さなミスによるターンオーバーが目立ち始め、加えて相手のエースの勢いに押されて1シュート差、71-73で惜敗した。2部...
バスケ男子

【バスケットボール(男子)】 リーグ初戦 後半に立て直すチーム力で白星発進/リーグ戦第1節vs亜細亜大

いよいよ秋のリーグ戦が開幕した。慶大は初戦の相手亜細亜大に対し、立ち上がりこそ自分たちのリズムに乗ることができなかったものの徐々に勢いをつけ、チーム一丸となって1勝を掴みとった。彼らの武器である「泥臭さ」を発揮してリーグ戦を駆け抜けてほしい...
バスケ女子

【バスケ(女子)】お互いに点を取り合うも展開も、粘りきり勝利/関東大学女子バスケットボールアディショナルリーグ第2節vs国士館大

2週間前に行われた明治学院大とのアディショナルリーグ第1戦に敗れてしまった慶大。この試合の借りを返すため、絶対に負けられない国士舘大との試合は、お互いに得点を奪い合う展開となるが、決定力で勝った慶大が勝利を収めた。
バスケ男子

【バスケ(男子)】終始相手の高さに苦しみ、悔しい準優勝に/オータムカップ2020第3節vs山梨学院大

前節の玉川大戦を接戦で勝ち切った慶大。迎えた決勝戦の相手は昨年2部リーグで対戦経験のある山梨学院大だ。留学生を擁しており、高さのあるチームにどのような策を講じたのか。そして3部リーグで優勝を収め、早慶戦、来年のチームへと弾みをつけることはで...
バスケ男子

【バスケ(男子)】接戦を全員バスケで勝ち切り、決勝へ/オータムカップ2020第2節vs玉川大

帝京平成大戦では後半に巻き返しを見せ、見事初戦を勝ち切った慶大。今節は、序盤に点差をつけられるも、リングへ強気のアプローチを続け最後の1秒まで息を呑む展開を繰り広げた。1点差で勝利した慶大は来週の3部決勝戦へと駒を進めた。
バスケ男子

【バスケ(男子)】新チームで初戦を勝ち切り、好スタート/オータムカップ2020 第1節vs帝京平成大

「新しい」生活様式のなかで、今年初の公式戦を迎えた慶大。昨年の3部降格という悔しさをバネに、地道にチームを再編成してきたであろう。そんな「新しい」慶大バスケ部は持ちうる力を爆発させ、開幕戦で白星を掴むことはできたのだろうか。
バスケ女子

【バスケ(女子)】慶大の粘り強さが光り、ブロック2位の好成績/リーグ戦第6節vs東京成徳大

前日の十文字学園女子大戦に大差で勝利した慶大。今節は前節とは異なり大接戦となるが、最後まで攻撃の手を緩めなかった慶大が見事に勝利を収めた。「全員攻撃」をモットーとする慶大の底力が見えた一戦となった。
バスケ女子

【バスケ(女子)】100点ゲームで快勝、最終節に向けてアクセル全開/リーグ戦第5節vs十文字学園女子大

第4節から約1か月が経過し迎えた十文字学園女子大戦。今シーズン、主将の梅田香(環4・慶應NY)は「全員が同じ覚悟と熱量を持って会場に来て欲しい」と語っていた。今節ではベンチメンバーもコートに立つ時間が多く、文字通り全員の“覚悟”と“熱量”を...
バスケ女子

【バスケ(女子)】最後まで集中力を切らさず、白星獲得/リーグ戦第4節vs流通経大

昨日の玉川大戦では強いチームワークと確かな成長を見せた慶大。第4節の相手は流通経大だ。昨年のリーグ戦で敗れた相手に慶大女子バスケ部の底力で勝利を掴み取り、リベンジを果たすことはできたのだろうか。
バスケ女子

【バスケ(女子)】攻守ともに得るものは多く、次につながる敗戦に/リーグ戦第3節vs玉川大

持ち前の粘り強さとチームプレーでここまで2連続勝利を挙げた慶大。第3節の相手は昨年2部に所属していた玉川大だ。今年のリーグ戦では昇格・降格は行わないが、今の慶大女子バスケ部の実力を知り、来年以降、より高いレベルでのプレーを目指していく上で重...
バスケ女子

【バスケ(女子)】最後まで攻めの姿勢で、リーグ戦好発進/リーグ戦第1節vs学習院大

今までの日常が非日常となった世の中、新型コロナウイルス感染症拡大の影響はスポーツ界にも及んだ。春に開催予定だった試合は軒並み中止となり、久しぶりに無観客の中で開催された女子バスケットボールリーグ戦。慶大の初戦の相手は学習院大だ。コロナ禍での...
2019年度 バスケットボール

【バスケ(男子)】4年生コメント集④――山﨑純・髙田淳貴

昨年11月、最終節の江戸川大戦で勝利を収め、2カ月以上にわたる全22試合のリーグ戦を終えた慶大。「挑越」をスローガンに掲げたこの1年は、早慶戦での優勝からリーグ戦での3部降格と山あり谷ありだった。苦しい場面も多かったからこそ、収穫したものも...
2019年度 バスケットボール

【バスケ(男子)】4年生コメント集③――工藤翔平・泉友樹雄

昨年11月、最終節の江戸川大戦で勝利を収め、2カ月以上にわたる全22試合のリーグ戦を終えた慶大。「挑越」をスローガンに掲げたこの1年は、早慶戦での優勝からリーグ戦での3部降格と山あり谷ありだった。苦しい場面も多かったからこそ、収穫したものも...
2019年度 バスケットボール

【バスケ(男子)】4年生コメント集②――野田遼太朗・鈴木慧

昨年11月、最終節の江戸川大戦で勝利を収め、2カ月以上にわたる全22試合のリーグ戦を終えた慶大。「挑越」をスローガンに掲げたこの1年は、早慶戦での優勝からリーグ戦での3部降格と山あり谷ありだった。苦しい場面も多かったからこそ、収穫したものも...
2019年度 バスケットボール

【バスケ(男子)】4年生コメント集①――吉岡 慶一郎・片桐 俊哉

昨年11月、最終節の江戸川大戦で勝利を収め、2カ月以上にわたる全22試合のリーグ戦を終えた慶大。「挑越」をスローガンに掲げたこの1年は、早慶戦での優勝からリーグ戦での3部降格と山あり谷ありだった。苦しい場面も多かったからこそ、収穫したものも...
2019年度 バスケットボール

【バスケ(男子)】最高の笑顔でフィナーレを/リーグ戦第22節vs江戸川大

最終戦に迎え撃つはオーマ・エリック・ジャガニー擁する江戸川大。ジャガニーを中心としたインサイドでの攻撃は慶大がこのシーズンを通して苦戦してきたタイプであり、1巡目では第4Qまで競り合う展開をしたものの最後の最後で突き放されて敗戦したという、...
2019年度 バスケットボール

【バスケ(男子)】切り替え難しく勝利とはならず/リーグ戦第21節vs順大

降格が決まってしまった。1巡目では劇的な逆転勝利を収めた順大戦。この状況での最良のラストスパートを切るため、ここで勝利し、最終選への弾みにしたいところだ。切り替えが今まで以上に難しい状況の中、慶應らしさを少しでも出すことはできたのだろうか。
タイトルとURLをコピーしました