慶應スポーツ新聞会

トップニュース

【競走】ハードル・豊田の活躍で男子1部残留、女子は跳躍ブロックの活躍が光る/第101回関東学生陸上競技対校選手権大会

11点を獲得した豊田

5月19日から22日にかけて国立競技場で行われた関東学生陸上競技対校選手権大会(関東インカレ)。「陸の王者、再興」をスローガンに掲げ、男子1部24点、女子1部15点を目標としていた競走部。男子1部では400mハードルと110mハードルに出場した豊田兼(環2・桐朋)、三段跳の三浦和真(理3・小山台)の活躍が光り、合計23点を獲得。16校中13位で1部残留を果たした。女子1部は、跳躍ブロックの大久保綺更(環3・都立富士)、浦津ななの(環3・中京大中京)の躍動で5点を獲得し、25位で関東インカレを終えた。

(さらに…)

最新の記事