六大学野球

野球戦評

【野球】投打が噛み合い12ー0の快勝!4試合ぶりの勝利で連敗ストップ 薩摩おいどんカップ 薩摩ライジング戦 @平和リース球場(鹿児島県)

【野球】薩摩おいどんカップ 薩摩ライジング戦 @平和リース球場(鹿児島県)2月23日(金)より鹿児島県内で開催されている薩摩おいどんカップ。慶大はこの日、10日目を迎えた。春の気配を感じる暖かな日差しに包まれた平和リース球場で、地元・鹿児島...
野球戦評

【野球】清原&坪田が3安打の活躍も投打かみ合わず惜敗 薩摩おいどんカップ 中央大学戦 @平和リース球場(鹿児島県)

3月2日(土)薩摩おいどんカップ 中央大学戦 @平和リース球場(鹿児島県)3回表に先制した慶大だったがその裏、3点を奪われ逆転される。2点差の9回には犠飛で1点を返したものの、序盤の失点が響き4-5で敗戦した。
野球戦評

【野球】「できることはフルスイング」常松広太郎が2打席連続弾 東海大静岡キャンパスに見事勝利 オータムフレッシュ東海大静岡キャンパス戦 @草薙球場

11月26日(日)オータムフレッシュリーグin静岡 東海大静岡キャンパス戦 @草薙球場東海大静岡キャンパス(以下、東海大静岡)と行われたオータムフレッシュ最終戦。勝てばオータムフレッシュ勝ち越しとなる大事な一戦となった。初回、慶大は2番・寳...
野球戦評

【野球】我慢の展開が続くも終盤に追いつき引き分け 先発・栗林兼吾は5回無失点の好投 オータムフレッシュ法大戦

11月26日(日)オータムフレッシュリーグin静岡 法大戦 @草薙球場慶大は4回、7番・上江洲礼記(商2・小山台)の適時打で先制に成功。7回裏に2点三塁打を浴び逆転されるも、8回に代打・今津慶介(総1・旭川東)の内野安打で同点に追いつく。投...
應援指導部

【應援指導部】ついに復活した応援席!笑顔と声援が戻る/野球 法大二回戦応援

4月9日の法大二回戦、前日とは打って変わって青空が広がる神宮球場の三塁側応援席。現役の大学生から高い年齢層まで、多くの塾生・塾員が駆けつけた。コロナ禍で制限されていた声出し応援が今季から解禁され、應援指導部員・観客・野球部員の笑顔と声援が戻...
應援指導部

【應援指導部】応援全体をマネジメント!応援企画責任者インタビュー(チアリーディング部4年生)

6月にも対談で貴重なお話をしてくださった応援企画責任者の方に再びインタビューをしました。本日初戦を迎える野球の東京六大学秋季リーグ戦に向けて必見です!
應援指導部

【應援指導部】応援全体をマネジメント!応援企画責任者インタビュー(吹奏楽団4年生)

6月にも対談で貴重なお話をしてくださった応援企画責任者の方に再びインタビューをしました。本日初戦を迎える野球の東京六大学秋季リーグ戦に向けて必見です!
野球戦評

【野球】あと1歩及ばなかった栄冠、最長の秋に終止符 明治神宮野球大会決勝 中央学院大戦

11月25日(木)明治神宮野球大会決勝 中央学院大戦 @明治神宮野球場慶大は初回に萩尾匡也(環3・文徳)の2点本塁打で先制すると、2回にも萩尾が2点適時打を放ち、試合を優位に進める。しかし4回、先発・増居翔太(総3・彦根東)が佐藤晃一(4年...
野球イベント・その他

【野球】東京六大学初のグランドスラム達成へ 明治神宮野球大会決勝戦展望

神奈川大との準決勝を勝利し決勝進出を決めた慶大。決勝戦の相手は横浜市長杯を制した中央学院大。強打を武器に準決勝では戦国東都で春秋連覇を達成した國學院大を撃破した。明日の決勝に向け、対戦相手を分析する。
野球戦評

【野球】下山の劇的サヨナラ弾で激戦を制し、4冠へ王手 明治神宮野球大会準決勝 神奈川大戦

11月24日(水)明治神宮野球大会準決勝 神奈川大戦 @明治神宮野球場初戦の東農大北海道オホーツク戦をコールド発進で飾った慶大は、ベスト4に駒を進め神奈川大との準決勝に臨んだ。初回、下山悠介(商3・慶應)の内野ゴロの間に先制するものの、直後...
野球戦評

【野球】先発・白木が好投 完封リレーでオータムフレッシュ初勝利を収める オータムフレッシュin静岡 静岡高校戦

11月21日(日)大学野球オータムフレッシュリーグin静岡 静岡高校戦 @草薙球場オータムフレッシュ最終戦、勝利が欲しい慶大だったが静岡高校の先発・吉田優飛(2年)を打ち崩せず4回まで無得点に終わる。試合が動いたのは5回、慶大は2死一、三塁...

2桁安打もあと一本が出ず 粘り負けの早慶戦 オータムフレッシュ in静岡 早大戦

11月21日(日)大学野球オータムフレッシュリーグin静岡 早大戦 @草薙球場ここまで未だ白星のない慶大。そんな中迎えたオータムフレッシュリーグの最終戦ダブルヘッダーの1戦目は、因縁の相手・ワセダ。しかし初回から先発の福住勇志(商1・慶應)...
野球戦評

【野球】投打噛み合いコールド勝利、4冠へ好発進を切る 明治神宮野球大会1回戦 東農大北海道オホーツク戦

11月21日(日)明治神宮野球大会1回戦 東農大北海道オホーツク戦 @明治神宮野球場大事な初戦の先発は増居翔太(総3・彦根東)。初回から打たせて取る投球で流れを作ると、2回に4番・正木智也(政4・慶應)、廣瀬隆太(商3・慶應)の連続本塁打で...

打線繋がらず、引き分けに終わる オータムフレッシュin静岡 東海大海洋学部戦

11月20日(土)大学野球オータムフレッシュリーグin静岡 東海大海洋戦 @清水庵原球場昨日の苦い敗戦から一夜明け、どうにかして一勝を掴みたい慶大は東海大海洋学部との一戦に挑んだ。試合は慶大が初回に相手投手の暴投で先制するが、3回表に相手に...

試合の主導権握るもリードを守りきれず惜敗 オータムフレッシュin静岡 中京大戦

11月19日(金)大学野球オータムフレッシュリーグin静岡 中京大戦 @草薙球場慶大のオータムフレッシュリーグin静岡の初陣となった中京大との一戦。慶大は3回に清原正吾(商1・慶應)の2点適時打で先制すると、4回にも杉山勇征(商1・清水東)...
野球イベント・その他

【野球】迎春!下山新主将就任インタビュー

新型コロナウイルスの影響が長引き、2021年の東京六大学野球は昨年に引き続き1試合総当たり方式の開催となった。春季リーグ戦では、初戦で法大にノーヒットワンランと屈辱の敗戦を喫するも、そこから怒涛の8連勝を記録し優勝、そのまま全日本王者へと駆...
野球戦評

【野球】接戦の末両者譲らず、引き分けで終幕 フレッシュリーグ3-4位決定戦 明大戦

11月4日(木)東京六大学野球秋季フレッシュリーグ 3位決定戦 明大戦 @明治神宮野球場昨日の快勝に続き、明大に勝利を挙げこのトーナメントを3位で終幕したい慶大は明大と対決。2回表、先発の森下祐樹(総2・米子東)が長打で先制点を許してしまう...
野球戦評

【野球】投打が噛み合い初勝利 フレッシュリーグ東大戦

11月3日(水)東京六大学野球秋季フレッシュリーグ戦 東大戦 @明治神宮野球場悔しい黒星スタートとなった秋季フレッシュリーグ。第2戦の東大戦は、3回まで両投手の好投で淡々とした試合運びとなる。しかし4回、慶大は3者連続の四球から作った満塁の...
野球イベント・その他

【野球】春秋連覇達成! 秋季リーグ戦優勝祝賀会

10月31日(日)慶應義塾体育会野球部優勝祝賀会 @三田キャンパス西校舎ホール10月31日(日)、三田キャンパス西校舎ホールで慶大野球部の優勝祝賀会が行われた。コロナ禍のため、2021年度の野球部員173名のほか、一部の学生団体や関係者のみ...
野球戦評

【野球】流れを掴めず悔しい黒星発進 フレッシュトーナメント早大戦

11月1日(月)東京六大学野球秋季フレッシュリーグ戦 早大戦 @明治神宮野球場優勝の歓喜から一夜明け、秋季フレッシュトーナメントが開幕した。3回に先制を許した慶大は5回、小川尚人(環2・三重)の適時打で1点を返す。さらに7回にはバッテリーエ...
タイトルとURLをコピーしました