慶應スポーツ新聞会

【バレーボール】全日本インカレ直前特集 岡田拓巳×柳田将洋 サイド対談 

慶大の両翼として得点を量産した岡田(商2)と柳田(環1)の両サイドアタッカー。脅威の得点力を誇る強力な下級生コンビだ。岡田にとっては昨年の悔しさを晴らすため、そして柳田にとってははじめてのインカレとなる。ふたりの爆発無くしては慶大の上位進出はありえない。

―春先の目標についてですが、柳田選手が「結果を残す」、岡田選手が「一瞬を生きる」ということでした。その目標は現段階では達成できていますか

柳田 僕は単純に考えて去年よりは成績が上がっているので、去年以下の成績を残さなかったとう面に関しては目標は達成できたのかなと思います。

岡田 なんとなくノリで「一瞬を生きる」と書いてしまったんですが、とりあえず去年は入替戦自体がそもそもなくて、春リーグも地震の影響でなくなってしまって慶應が1部に残ってるぞっていうことを実力で示せていなかったので、それが今回の秋のリーグでは実力で残っているっていうことを証明できたので、柳田の目標じゃないですけど、結果を残せたっていう面では達成できたのではないかなと思います。

―秋季リーグを振り返って

柳田 自分は最初のほうで体調を崩してしまって、チームに迷惑をかけてしまったので、秋季リーグに関しては自分では納得の出来る結果を残すことは出来ませんでした。やっぱりそういう意味ではこれから始まる全カレっていう大会に向けて今まで以上に自分の万全の体調に持っていけたらいいなと思っています。

岡田 みんな怪我だったり体調を崩したりだったりで全員がそろってフルメンバーで出来るっていう試合は少なかったんですけど、それでも他の丸谷(環1)とか稲田(環1)とかの1年生が頑張ってくれたので、それに応えるためにも自分を鼓舞して試合をしていくことがありました。試合自体はいい試合だったり悪い試合だったりムラはありましたけど、最後振り返ってみると去年の自分よりかは成長できていい試合が多かったのかなとは思います。

―柳田選手は始めてのリーグ戦ということでプレー前とプレー後で大学バレーの印象は変わりましたか

柳田 僕の力がすぐ通用するとはまったく思っていなかったし、実際通用しなかったので、印象自体は変わらなかったです。でもやっぱり期待通りの環境で、僕が成長する意味では有り難い環境でした。僕はまだ1年なのでこれから実力をつけて大学バレーに通用する力を身につけていきたいと思います。

―岡田選手はベストスコアラー2位という成績でしたが

岡田 そうですね。個人としてはそういう賞にからめるようなプレーが出来たっていうのは嬉しいですけど、ベストスコアラーっていうのはその分その人だけが打って試合になっちゃってるっていうことでもあるので、上のレベルでやってる東海であったり中央であったりは全員がバランスよく打って、みんながみんな活躍できてるっていうことを考えると逆にチームとしてまだ未熟な結果なのかなとも思います。

―春に比べてコンビの中での早い攻撃も増えたと思いますが

柳田 僕はあんまりタッパが大きくないので、周り大きいブロッカーに囲まれてブロックされちゃうケースが多いっていう想定のもとで、それなら必然的に早いトスが必要になるっと思っていたので、僕らからしたらあたりまえの攻撃の展開だったと思います。

―リーグ戦の期間中にふたりでお話をされたりはしましたか

岡田 特にはないですね。練習中にはお互い気付いたことであったり気になることとかは話し合ったりとかはします。それをもちろん先輩後輩関係なく、やっぱり僕は一応先輩ですけどキャリア的には柳田のほうが上ですし、いろいろ知ってることもあるのでそういう意味ではお互い良い関係じゃないですけど、高め合える関係なのかなと思います。

―ふたりが初めて顔を合わせたのは世界ユース(2009)のときだ思いますが、そのときのお互いの印象はどうだったのでしょうか

柳田 あんまりそんな口をきいてなかったですね。お互いけっこう違う環境から入ったので、その環境もシビアだったですし、ある意味話す場がないというか、きつかったですね、あのときは。最近になってようやく少し話すようになったぐらいですね。

―岡田選手から見て当時の柳田選手は

岡田 僕は全く全国大会とかには出たこと無かったですし、まあ一方的には僕が春高の話とかを聞いてただけなので、自分にとっては雲の上の存在じゃないですけど、全然自分とは違うステージにいる人だと思っていました。一緒に選抜でプレーしているうちにだんだん話すようになってきたかんじですね。

―では実際に一緒に大学でプレーすることになってお互いをどういうプレーヤーだと見ていますか

柳田 やっぱり高さがあるプレーヤーなので、僕に無いものを持ってるっていう印象が強いです。そういう意味では結果も残している人なので、まあ頼りになる人です。

岡田 柳田は鳴り物入りで入ってきて最初は大丈夫かなっていう風に考えてたんですけど、いろいろハプニングとかはありながらも、実際いろいろ大学のバレーを経験して、今ではふたりで点をどんどん決めなきゃいけないので、すごい信頼してますし、僕も便りにしています。

―岡田選手も昨年1年生からスタメンでしたが、当時の自分と比べて現在の柳田選手はどうですか

岡田 そうですね。まあいろいろ立場は違いますけど、去年の自分よりかは堂々とプレーしてます。リーグ戦は長いので、やっぱり落ち込んじゃったりすることもあるんですけど、それが目立っては無くて、やっぱり違うなっていう風に思いました。

柳田 有り難いっす。頑張ります。

―プレー面以外では人間的にどうですか

柳田 慶應のバレー部自体がそんな感じなんですけど、そんな怖い先輩がいないので僕としてはすごい助かっているというか、すごいいつも伸び伸びプレーさせてもらっているので有り難いです。

岡田 まあ柳田は真面目だと思います、いろんなことに対して。とにかく良いやつだとは思います。

柳田 けっこうバレーオンリーなところがあるのでお互いのそんな深いところまで知らないのかもしれないですね。

秋は体調不良から調子を崩したが、徐々に復調をみせた

ー現在ワールドカップバレーが開催されていますが、ゆくゆくはシニア代表でという気持ちはどうでしょう

柳田 まあ男子の大会が始まってプレーとかを見させて頂いても全く次元が違う人たちの集まりなので、そういう人たちと比べて通用するか試してみたいっていうことを言ってしまったら失礼だと思っています。僕は今自分がおかれた環境の中でどれだけ通用するかっていうのを試すのがまず第一だと思うので、今の段階で全日本云々じゃなくて、僕はもう大学のこの環境にしか目を向けてないので、あまり考えていないです。

岡田 僕も同じで、もうもともと能力的にもそんなにいろんなところで勝っているわけではないので、自分は今の大学のこのポジションでのバレーっていうのが精一杯なので、あんまり考えられないです。

―同年代のトップレベルの選手とプレーしてみて特にライバル視している選手はいますか

柳田 僕は一応特別意識していると言えば高校からすごく仲が良いんですけど、日体大の山田脩三君です。自分が一番目を向けてしまうプレーヤーなので。

岡田 代表で同じオポジットっていうポジションだったというのではあるんですけど、筑波大の出耒田ですね。まあライバルというと違うのかもしれないですけど、負けたくないというか、試合をしたときもあいつよりは決めてやるという気持ちがあるので、そういう面では出耒田がライバルみたいなかんじになるんだと思います。

―東日本インカレではその出耒田選手のいる筑波大に敗戦してベスト4でした

柳田 正直負けたら悔しいんで、ベスト4という結果でも満足はしてないですね。筑波戦もかなり惜しい結果に終わってしまったので、ほんとに後々考えれば悔いの残る展開がいくつもあったので、そういうところも踏まえて次の大会に繋げていきたいです。

岡田 東日本インカレはやっぱり関西のチームもいないですし、時期的にも新チームを作って作り始めの時期にあたるので、そこでベスト4っていうことはひとつのステップとしては評価できるのかも知れないですけど、ほんとの勝負というのは全カレなので。全カレが集大成としてそのチームとしての最大の結果を残せる場だと思うので、まだ本番はこれからだという思いが強いです。

―リーグ戦を通して課題として持ち越しになったことは

柳田 ブロックとレシーブですね。僕らけっこう打てる人間はそろってて攻撃力はそこそこある方だとは思うんですけど、なのに勝てないっていうのは他のチームに比べてブロックとレシーブが異常に悪いっていうことになって。今はその課題に向けて取り組んでいるところです。

岡田 柳田の言ったこともそうですけど、加えてこのチームけっこう真面目な人が多くて、失敗しちゃうとすぐ落ち込んでしまうっていうのが多いのでやっぱりそういう精神面でチームを盛り上げてプレーをしたりだとか、周りの人が見ていてこのチームの試合楽しいなと見てくれるようなプレーがしたいですね。

―今はその課題に対してどういった練習をしていますか

柳田 今は練習試合とかが多く控えているので、ゲームをしたり総合の練習が多いんですけど、その中でも、みんなの意識がブロックとかレシーブとかの守備面に向いているので、それはみんな意識高いですし、良い傾向かなと思います。

岡田 そうですね、絶対的に他のチームに比べて試合経験が少ないので、出来るだけ練習から実際のボールが動く関係でやろうということになったので、総合練習を増やしています。今ブロックが課題ということで、練習はブロックに多く時間をさいて取り組んでいるので、結果が全カレに出てくれればなと思います。

―現時点でのチーム作りの状況はどうですか

柳田 最近は調子良いらしいです、みんな。もうそろそろ試合が近いので。

岡田 練習は良い雰囲気で出来ていると思います。今後いくつか練習試合も控えているので、そこで修正できるところは修正して全カレに持っていけたらと思います。

―全日本インカレとはお二人にとってどういう大会ですか

柳田 僕初めてなんで、まだわかんないですけど、まあ全国大会ということを考えれば一年の集大成ですし、そういう大会になると思うので、4年生は特にそうですけど、それに向かっていくっていう気持ちは強いのかなっていう風には思います。4年生の方々の気持ちに負けないように、僕は思い切った気持ちでぶつかっていきたいと思います。

岡田 全カレはさっきも言ったんですけど、一年の集大成なので一番良いプレーをしなければいけないと思ってますし、もちろん今3年生以下の選手だけでチームを組んでいるのでそういう面で言えば4年生に良い思いをさせたいというか、最後に良い思い出を作って引退してもらいたいので、そういうことでは結果にこだわっていかなくちゃいけない大会だなと思います。

リーグ戦は221得点を挙げベストスコラー2位

―岡田選手は昨年もインカレに出場しましたが

岡田 去年はチームとしてもひどい状況だったので、秋リーグでも全敗してしまいましたし、直前の慶関定期戦でも負けてしまって、その雰囲気のまま引きずっていってしまったので、そのままことの過ぎるのを待ってただけ、目の前で結果が過ぎ去っていくのを見てしまっていた感じがあったので、全カレはそんな良いものではなかったですね。

―その当時と比べて今のチームは

岡田 僕も2年に上がって、新入生も入ってきてコートでぼーっとして場に流されてあたふたしているようではチームにはならないので、自分が責任感というか、自分がまとめなくちゃいけないなという気持ちが出てきました。そういう意味では全カレは去年のようなふがいない感じにはならないんじゃないかなと思います。

―トーナメントも決まりましたが

柳田 上がってきた相手に勝てばいいと思っているので、どんな相手でもそんな変わった気持ちはないです。

―慶應の得点源として期待されると思いますが

柳田 そういわれることを言われることに関しては素直に嬉しいんですけど、あんまりプレッシャーにしないようにしようといつも考えているので、言って頂ける言葉を力にして、僕は結果的にポイントを取れれば良いと思っているので、いつも通りやりたいと思います。

岡田 僕がやってるオポジットっていうポジションに関しては点とって決めることが当たり前のポジションなので、そこで点が取れないことには勝ちは無いなと思っていつもやっているので、特に周りに言われたからっていうわけではないですけど、いつも自分が点を取るんだっていう意識はあります。

―チームとして全カレではどういうバレーをしたいですか

柳田 僕はいつも通りのプレーが出来ればそれなりに結果はついてくると思うので、それを第一に考えて、上がってきた球をちゃんと打つとか、しっかり打ってきた球を拾うとか、そういった自分の仕事をしっかりとしたいと思います。

岡田 自分のやるべきことをやるっていうのはもちろんですけど、チームとして今までの春秋、定期戦と総合しても全カレで一番良いチームのかたちが出来たっていう風に周りからも評価されるような試合がしたいですね。

―4年生に対する思いは

柳田 寂しいっす。

岡田 (笑)

柳田 めっちゃ寂しいっす。それだけです。どうですか?

岡田 まあ付き合いは長いですし、2年間いろいろお世話になったので、寂しいですしもちろん良い思いで引退してもらいたいなっていう気持ちは強いです。

―インカレへの意気込みをお願いします

柳田 大学バレーで一番大きい大会なので、そういう舞台で自分の力をしっかりとはっきり出せるように、1年生らしく頑張っていきたいと思います。

岡田 もう上級生なので、甘えずに逆にもうマサ(柳田)とかの出番が無いくらい頑張りたいと思います。

―岡田選手、柳田選手お忙しい中有難うございました

By Hideki Tsubonuma


 
 
 

左から柳田、岡田

♦岡田拓巳

 

191センチ、80キロ。最高到達点337センチ。埼玉・熊谷高出身。ポジションはサイド。

♦柳田将洋

185センチ、72キロ。最高到達点330センチ。東京・東洋高出身。ポジションはサイド。

Tagged as:

Leave a Response

Please note: comment moderation is enabled and may delay your comment. There is no need to resubmit your comment.