慶應スポーツ新聞会

【野球】序盤の得点を守りきり勝利!早大の完全優勝を阻止! 早大③

6月4日(月) 慶大―早大 3回戦

この日もヒットを放ち首位打者に輝いた阿加多

この日もヒットを放ち首位打者に輝いた阿加多

 

 

1勝1敗で迎えた早慶第3回戦。早大の完全優勝を阻止するためにも絶対に負けられない一戦となった。慶大は四回に打者一巡の猛攻で勝ち越した3点を左右のエース竹内大(環4)、福谷(理4)の盤石の投手リレーで守りきり、接戦を制した。この勝利で早大から勝ち点を奪い、早大の完全優勝を阻止した。さらに、慶大は3位に浮上し、良い形で今季最終戦を締めくくった。

 

 

 










慶大










早大










 

慶大:○竹内大、福谷―阿加多

早大:●髙梨、吉永、内田、有原―地引

慶大出場選手

ポジション
選手名(学部学年・出身高校)

[]
佐藤旭(商2・慶應)

[]
福富(商4・慶應)

[]
横尾(総1・日大三)

[]
山﨑錬(商4・慶應)

[]
阿加多(法4・慶應)

[]
渡邊暁(商3・慶應)

[]
谷田(商1・慶應)

[]
竹内大(環4・中京大中京)
 
H
松本大(環3・桐光学園)

福谷(理4・横須賀)

[]
辰巳(文4・郡山)
 

福富の二塁打で佐藤旭が一塁から一気に本塁生還

福富の二塁打で佐藤旭が一塁から一気に本塁生還

 

 早大・髙梨、慶大・竹内大の両左腕エースの先発で始まった今季の東京六大学野球最終戦。慶大は髙梨の立ち上がりを攻める。初回、先頭打者の佐藤旭が四球を選び出塁すると続く2番福富がレフト線へ鋭い適時二塁打を放ち早くも先制点を挙げる。

 

 

 一方の慶大先発・竹内大は初回を三者凡退に抑え、まずまずの立ち上がりをみせる。しかし三回、先頭の9番東條に左中間を破る三塁打を許すと一死後、2番大野大のライト前にポトリと落ちる適時打であっさりと同点に追いつかれる。さらにその後、二つの四死球で二死満塁のピンチを迎えるが、ここは6番茂木を見逃しの三振に仕留め、この回を最少失点でとどめる。

渡邊暁が勝ち越しタイムリー

渡邊暁が勝ち越しタイムリー

 

 

 するとその直後の四回表、慶大打線が早大投手陣に襲い掛かる。横尾(総1)、山﨑錬(商4)、が連続ヒットで出塁すると続く阿加多(法4)が頭部への四球を受け無死満塁と絶好のチャンスを迎える。ここで髙梨に代わって吉永がマウンドに上がる。この場面で勝負に強い渡邊暁(商3)がライト前へタイムリーを放ち勝ち越し、さらに続く谷田(商1)もレフト前へ早大を引き離す2点タイムリーを放つ。結局この回打者一巡の猛攻で3点を奪う。

 

 

 

ピンチを切り抜けガッツポーズを見せる竹内大

ピンチを切り抜けガッツポーズを見せる竹内大

 

 

 竹内大は四回、五回と得点圏にランナーを許すものの粘りのピッチングで何とか無失点で踏みとどまる。このまま逃げ切りたい慶大は絶対的守護神・福谷を早くも六回からマウンドに上げる。その福谷は八回裏、二死から7番小野田、代打の高橋に連続長打を浴び1点を返されるが、続く東條を空振り三振に抑えピンチを切り抜ける。

 

一方の慶大打線は五回以降、早大リリーフ陣の吉永、内田、有原を攻略しきれず沈黙が続く。

 

 

 そして4-2と慶大の2点リードで迎えた九回、福谷は簡単にツーアウトとするが、このまま終わらないのが早慶戦。連続四球で二死一、二塁と長打が出れば同点というピンチを迎える。この場面で5番地引が放った鋭い打球はライトを守る谷田の頭上へ。一瞬抜けるかとも思われたが最後は谷田がジャンピングキャッチをみせ試合終了。接戦を制した慶大は早大の完全優勝を阻止し、勝ち点を3として3位に順位を上げて今シーズンを終えた。

最後は福谷が締めて勝利した

最後は福谷が締めて勝利した

 

 

 春季3連覇は逃したものの最後に早慶戦を制し、意地を見せてくれた慶大。今季の慶大投手陣は竹内大、福谷ともに本調子とは言えない状態であったが、それでも2枚看板として先発、抑え問わずフル回転の活躍を見せてくれた。それだけに彼らに続く新たな軸となる投手を確立することができればより楽な試合運びをすることができるだろう。一方の打線は残塁が多く、あと一本が出れば勝てていたというような試合が多かったように思う。しかしながら、横尾、谷田など勝負強く長打も期待できる若手の活躍が目立ったのはチームにとって明るい材料だ。彼らがひと夏を経てどれだけ成長した姿を見せられるかが慶大の秋季リーグ戦の命運を握っているといっても過言ではないだろう。実力のある選手が揃っているだけに投打がかみ合えば秋の完全優勝、そして、日本一も十分に期待できるチームだ。選手には今季の悔しさをばねに夏の練習に精進していってもらいたい。秋への戦いはすでに始まっている。

                                                  (記事 本田万佐央)

 

首位打者に輝いた阿加多

首位打者に輝いた阿加多

 

なお、2012年春季リーグ戦において、阿加多が打率.447で首位打者に輝き、福富がベストナイン(遊撃手)に選出されました。

 

 

 

 

 

 

選手のコメント

 

山﨑 錬主将(商4)

(早大の完全優勝を阻止したが)優勝はできなかったですけど、最後早稲田を倒す形で終われたっていうのは、秋につながると思いますしよかったと思います。(今日は四回に4本のヒットを集めて3点をとったが)あの場面はたたみかけられという点ではよかったと思います。(春季リーグ戦は3位という結果だったが)去年はBクラスで終わって、優勝目指したシーズンだったんですが、優勝ができないことが決まってから、最後に早慶戦なんとか勝とうというそれだけで、3位に滑り込めたのは最低限よかったのかなと思います。前向きに捉えて。(ご自身の春季リーグ戦の成績を振り返って)今シーズンは勝負所で一本がなかなか出せなくて、もう少しチームの勝利に貢献したかったというか、なかなか満足のいく結果が出せませんでした。秋に向けて直していきます。(主将としてのシーズンはどうだったか)伊藤さん(現・阪神タイガース)に自分のことを頑張ってやればいいからと言われて始まった主将でしたけど、なかなか自分のことだけを考えることの難しさとか、チームが勝てないときに自分がどうしたらいいのかとか、色々と考えて模索したシーズンでした。それで最後に早稲田に勝つことができましたし、ある程度秋につながる形で終えることができたので、これからはしっかりとその反省をいかして秋やっていきたいなと思います。

 

福谷 浩司(理4)

(今季優勝チームであり、ライバルである早大に勝利した気持ちは)本当に勝ったことは嬉しいですし、完全優勝止められたので、秋に向かって第一歩かなと思います。(自身のピッチングを振り返って)全然良くなかったんですけど、大助の勝ちは消さずに済んだので、最低限の仕事はできたかなと思います。(勝利まであと1人の場面で連続四球を出したがあの時の心境は)どうしようって感じです。(3試合連続登板だったが疲れは)全然大丈夫です。(今季を振り返って)やっぱり振り返ってみると優勝できなかったことを言われると思うので、秋は優勝できるように頑張ります。(自身の秋までの課題は)今回怪我のことがやっぱりあったので、怪我をしないということを改めてやっていこうかなと思います。

 

阿加多 直樹(法4)

(早大に意地を見せた)そうですね。最後に勝てたので、とりあえず良かったです。(今日への意気込みは)優勝はなかったんですけど、最後は勝って秋につなげたいなと思ったので勝てて良かったです。(リーグ戦3位という結果については)優勝できないといけないという感じなので、秋は優勝したいですね。(首位打者となった今のお気持ちは)結果的に首位打者になったんですけど、チームのためにやった結果かなと思います。数字は意識してないですけど、良かったなと思います。(リードの手応えは)最後は大助と福谷の良いところを出せたかなと思ったんで、秋に向けていい収穫だと思います。(秋への意気込みは)あまり時間ないですけど、この夏出来ることしっかりやって優勝して、日本一になって終われたらなと思います。

 

福富 裕(商4)

(今日の試合を振り返って)昨日はチームの雰囲気があまり良くなかったので、そこを変えようと思い、試合前から雰囲気がよく、先制できたしそれで勝てたので良かったです。(早慶戦は特別か)はい、お客さんもたくさん入ってきますのでそう思います。(ベストナインに選ばれたが今シーズンを振り返って)12番の役割は果たせましたが、チャンスであまり打てなかったのが反省点です。(秋への抱負)優勝します。

 

辰巳 智大(文4)

早大の完全優勝阻止という形になったが)最高ですね。これで秋につながると思うので、本当によかったです。(今日は2安打を含む活躍でしたが)最近はいいバッティングができていなかったので、今日はいい形で終われてよかったです。(今シーズンを振り返って)優勝できなかったのが悔しかったんですけど、最後勝てたので、秋につなげるという意味ではよかったと思います。(見えてきた課題は)個人的なところは山積みなんですけど、チームでは、試合の入り方であったり雰囲気という面で改善できる点があるんじゃないかと思って、それが秋への課題じゃないかなと思います。(個人では夏の間に何をしたいか)技術を磨くことはもちろんですけど、安定したメンタルコンディションが技術にもつながってくると思うので、気持ちの面の勉強もしていきたいと思います。(秋に向けて一言)秋は全勝優勝目指して頑張りたいと思います!

 

渡邊 暁眞(商3)

(早慶戦3試合を振り返って) 優勝はない中での早慶戦だったですけど、何とか早稲田の完全優勝を阻止しようというのと、もちろん早慶戦は別物なので、勝ちたいという思いでいっぱいでした。 (今日の勝ち越し適時打について)吉永に代わったところだったので、思い切り叩いてやろうという気持ちで臨みました。 (今季を振り返って) なかなか自分が思うような結果を出せなかったので、まだまだ実力が足りないと実感しました。 (克服したい点は)すべてですね。守備でもバッティングでもすべてにおいてレベルアップしたいです。(一塁手争いは激しいが)4年生2人なんですけど、切磋琢磨してやっていきたいですけど、自分の実力が上がればレギュラーになれると思うので、もっと実力をつけていきたいです。 (来季にむけて)まずは自分がフルで試合に出れる実力をつけて、チームがリーグ戦優勝と日本一になれるよう、頑張っていきたいです。

 

佐藤 旭(商2)

(今日を振り返って)何とか今日勝って勝ち点を取りたかったので、最後に勝利という形で終われて良かったなと思います。(自身に関しては)早慶戦自体は、本当に自分では納得できる形で終われたかなと思いますし、課題も見つかったので秋に向けてまたこれからやっていきたいなと。(打順が1番になったが)打順どうこうと言うよりは、自分ができることをしっかりとやることが優先だったので、あまり打順は意識しないです。(自身の好調の理由は)実際、早慶戦前まであまり調子が良くなかったですけど、ただやっぱりこの雰囲気とか応援の力っていうのは大きいのかなとは思いましたし、それだけではないと思いますけど自分の実力と運もあり、皆さんの応援の力によってこれだけの成績が残せたのかなと思います。(秋季に向けての抱負は)春は優勝できなかったのでチームとしては必ず優勝するということと、自分としてはこの早慶戦ではスタメンで使ってもらえたので、秋はスタメンも視野に入れて、自分の確実にできることをしっかりやれるような選手になっていきたいと思います。

 

 

横尾 俊建(総1)

(初めての春季リーグを終えて)全然結果を残せていないとは思いますが、最後にこうして勝てたことで秋に向けて良い経験ができたと思います。(初めての早慶戦を終えて)雰囲気が他の試合とは違ったので、良い集中力を持ってプレーできました。(吉永との日大三高対決について)思ったより良い球を投げてこなかったので驚きました。(四回攻撃時の二塁打について)次の打順が山﨑主将なので、ピンチをしのいで出塁したら点が入ると思っていました。(夏に修正したい課題はあるか)ホームランを沢山打てるようになりたいです。(新人戦の目標は)一戦一戦勝っていくことです。(秋季リーグへ向けて一言)やはりホームランを量産していけたら良いと思います。

 

谷田 成吾(商1)

(大学生活初の早慶戦について)初戦は緊張しましたが、今日は慣れたので緊張しなかったです。(今シーズンについて)初めは大学生の球についていけなかったのですが、だんだんと慣れました。(今日の試合について)四回のタイムリー、当たりはよくなかったのですが気持ちで打ちました。(新人戦について)明日も早慶戦、絶対勝ちたいです。(秋へ向けて)春で大学野球に慣れた分、秋は練習を重ねてしっかり打ちたいです。

Leave a Response

Please note: comment moderation is enabled and may delay your comment. There is no need to resubmit your comment.