慶應スポーツ新聞会

【端艇】第40回 全日本大学選手権大会 1日目

準決勝進出を決めた男子エイト

準決勝進出を決めた男子エイト

 

 8月22日(木)から25日(日)にわたり、戸田ボートコースにて第40回全日本大学選手権大会が行われる。大会1日目の22日には各種目の予選が行われ、慶大端艇部から男子舵手なしペア、男子シングルスカル、男子ダブルスカル、男子舵手なしフォア、男子舵手なしクォドルプル、女子舵手付クォドルプル、男子エイトの計7クルーが準決勝進出を目指して出漕した。

最初に慶大から出漕したのは男子舵手なしペア。スタートこそやや出遅れてしまうものの、その後は立て直しを図りトップに立ちレースを優位に進めていく。「ラストスパートでも失敗してしまった」(根本主将・商4)が、最後は猛追する一橋大から逃げ切り1着でフィニッシュ。見事に24日に行われる準決勝に進出した。

女子舵手付クォドルプルは敗者復活戦に挑むこととなった

女子舵手付クォドルプルは敗者復活戦に挑むこととなった

幸先良いスタートを切った慶大端艇部であったが、その後は波に乗っていけなかった。男子シングルスカルは序盤健闘を見せるも5クルー中3着。男子ダブルスカルでは6クルー中4着と、トップと大きく差をつけられる結果に。男子舵手なしフォア、男子舵手なしクォドルプルに関しては、「後ろに回っているというようなレース」(畠山監督)をしてしまい、それぞれ4クルー中3着、5クルー中5着でのフィニッシュ。女子舵手付クォドルプルは5クルー中3着と、終始ペースをつかみきれなかった。結果、それらのクルーは翌日の23日の敗者復活戦に回る。

この日最後に出漕した男子エイト。早慶レガッタでは大勝を収めるも、5月に行われた全日本軽量級選手権大会では準決勝進出を逃し苦汁をなめている。レース序盤までは東京経済大とのトップ争いを演じると、中盤には慶大が徐々に差を広げていき優位な展開となる。最終的には2着と4秒の差を付け1着でフィニッシュ。「出来栄えとしてはまだまだ」(畠山監督)と振り返るも、準決勝進出を果たした。

 

1着のみが準決勝に進むことができる厳しい戦いである予選。男子舵手なしペア、男子エイトの2クルーが準決勝進出を決め、その他5クルーは23日の敗者復活戦に挑むこととなった。また、女子舵手なしペアは23日に予選が行われる。ここから先はさらに厳しい戦いが待っているが、今日見つかった課題を克服し、最高のレースを展開してくれることに期待したい。   

                                                                                                         (記事 山内貴矢)  

 

【レース後コメント】

畠山監督

(男子エイトのレースを振り返って)エイトは今チャレンジングなことをしていてそれが上手くいかないとタイムが出ないですけど、上手くいくととんでもないことになるから、まだ上手くいっていないので遅いですね。組み合わせが良かったので上に上がれたけれども出来栄えとしてはまだまだですね。(今日のレースで見つかった課題は)1分間に漕ぐ回数をピッチというんだけど、もうちょっと高いピッチを保てないと記録も出ない。風が逆だったこともあるけど少し途中、中盤で落ちてしまったことが何回かあったので、もう少し頑張ってピッチを上げないと良いタイムが出ないですね。(他のクルーのレースを振り返って)男子のクォード、それから男子のフォアは実力というか前半ひよったというか、最初からいけばよかったのに後ろに回っているというようなレースでした。ペアに関してはスタートで出てそのままペースを落とさないでいったので頭をとることができたので、その後の展開を有利に進めることができていたと思います。そういう意味では舵手なしフォア、クォードに関してはちょっと心が弱いなという感じがしました。女子のクォードに関しては他の組み合わせを見ていても、比べると技術的に劣っている部分が明らかにあって、ここを修復していかないと上には行けないですね。どこであるかははっきりと分かっているけれど、他の部分も含めて修正していかないといけません。(明日以降のレースに向けて一言)敗者復活戦は上がれとしか言いようがないんだけれども、エイトに関しては1分間に漕ぐ回数というのをドロップさせないような状態で練習しているので、そこを出せるかですね。

根本主将(男子舵手なしペア・商4)

(今日のレースを振り返って)今日のレースはちょっとスタートを失敗してしまったんですけど、そこから2人で上手くまとまることができて、最初の500mでは出られていた相手を800mくらいでさして、そこからは自分たちのレースができたかなと思います。明日はレースがないんですけど、次のレースが明後日にあって、明後日への課題としてはもっと二人で合わせる部分を。ちょっと今日、ラストスパートも失敗してしまったので、ラストスパートをどう2人で擦り合わせていくかというのが、今日、明日の課題だと思います。(今日のレースプランは)800mで頭をとるのがレースプランでしたので、結果としてそれは成功したので、まあよかったのかなと。(準決勝に向けて)今日のレースをさらに良いものにすれば絶対に1位でゴールして決勝に進むことができるレースだと思っていますので、しっかり今までの練習を全部出し切れば大丈夫だと思います

Leave a Response

Please note: comment moderation is enabled and may delay your comment. There is no need to resubmit your comment.