慶應スポーツ新聞会

【野球】第6週 慶大打線沈黙、明大に完封負け 明大①

takeuchi

今季2敗目を喫した竹内大

10月16日(土) 慶大―明大 一回戦 @神宮球場

立大戦を制し、優勝戦線にとどまった慶大は明大と対戦。1回戦は慶大・竹内大(環2)、明大・野村のエース対決となった。明大が2回、8回にチャンスをものにして2点ずつ奪ったのに対し、慶大は野村の前にわずか5安打に抑えられ完封負けを喫した。

    123456789

明大 002000020 4      

慶大 000000000 0

慶大:●竹内大、金子-長﨑

慶大出場選手

1 [6] 渕上(法4・慶應)

2 [4] 湯本(商4・野沢北)

3 [7] 竹内一(商4・慶應)

4 [9] 伊藤(環3・中京大中京)

5 [5] 山﨑錬(商2・慶應)

  [H] 福富(商2・慶應)

6 [8] 青山(環4・関西学院)

  [H3] 奥橋(環4・岡山城東)

7 [3] 高尾(商4・慶應)

  [8] 辰巳(文2・郡山)

8 [2] 長崎(商4・高志)

9 [1] 竹内大(環2・中京大中京)

  [H] 田中聡(商3・慶應)

  [R] 新谷(政4・慶應)

  [1] 金子(環1・彦根東)

 慶大先発の竹内大は初回、安打と四球で1死1、2塁のピンチを招くも後続を打ち取り無失点で切り抜ける。しかし2回、制球が甘くなったところを明大打線の反撃にあう。先頭の7番矢島に内野安打を許すと1死後、ピッチャーの野村に左前打を浴び、またも1死1、2塁のピンチを迎える。9番の山口を打ち取り、2死とするも1番荒木に左前打を浴び先制点を許す。さらに2番小林要の三塁内野安打で2点目を与えてしまう。

 一方慶大打線は1回、2回と三者凡退。3回は先頭の高尾(商4)が四球を選び、長崎(商4)が犠打で送り1死2塁。竹内大が倒れたあと渕上の内野安打でチャンスを広げるも湯本(商4)は野村のストレートに手が出ず、見逃し三振。チャンスを生かせない。

竹内大は3回以降立ち直り、ランナーを出しながらも明大に追加点を与えず、味方の反撃を待つ。しかし、慶大は野村を前になかなか反撃にでることができない。6回には2死から湯本がセーフティーバントを試み、成功。1点でも返したいところだったが、次打者の竹内一(商4)が三振に倒れ無得点。7回は先頭の伊藤(環3)が内野安打で出塁すると、1死後、代打の奥橋(環4)が中前打を放ち、1死1、2塁のチャンスを作る。しかし、後続の高尾、長崎が打ち取られ、あと1本のところで安打が出ない。

すると8回、竹内大が痛恨の追加点を許してしまう。先頭の小林要に中前打を打たれると、続く中村に死球で無死1、2塁。4番の西、5番の川辺を打ち取り、2死までこぎつけるも6番矢島に右中間を深々と破る走者一掃の3塁打を浴び、4-0と突き放されてしまう。

 何とか反撃の糸口を見つけたい慶大打線は8回に先頭の代打・田中聡(商3)が中前打で出塁するも、走塁ミスもありチャンスを作れない。最終回は3番から始まる好打順も終盤になっても球威が衰えない野村に三者凡退に抑え込まれ、ゲームセット。最後まで明大のエース野村を攻めきれなかった。

 この試合を落とした慶大は、次の試合に負けたら優勝が消滅というまさに背水の陣に立たされた。春・秋連覇に向けてもう1敗も許されない。

By Ryo Hayashi

江藤監督

(慶大先発・竹内大の調子は)今日は立ち上がりが悪かった。

(明大先発・野村の印象)疲れがあったと思う。でもそのぶん要所要所丁寧に投げてた。(明日勝って3戦目に行った場合、また野村投手との対戦が予想されるが)対策は考えてる。(ここから優勝に向けて一戦も落とせないが)勝ち点を取らなきゃ話にならないからまず明日は絶対に負けられない。明日勝って明治から勝ち点取ってあとはほかの結果を待って面白くしてもらうしかない。とにかく明日負けたら終わり。明日に全力を尽くすしかないです。

長崎

(今日の試合を振り返って)やられてしまった。負けは負けなのでしょうがない。(明大・野村投手の印象は)すごいいいピッチャーだと思う。(7回はチャンスで打席が回ってきたが)あそこで一本出したかったんですけど。やられてしまった。(竹内大投手の調子は)全然悪くなかったし、よく投げてた。バッターがうまかった部分もあったしむこうに運があったところもあった。もう少し助けてあげられたかとは思う。(明日に向けて)明日負けたら終わってしまうので頑張りたい。勝ちます。

渕上

(今日の敗戦で暫定4位と厳しい状況になったが)勝ち点を4として優勝するしか無い。(チームは散発5安打と完璧に抑え込まれましたが、野村投手の印象は)いけるとは思ったが、うまくかわされた。要所を締められた。(自身は打率ランキングでも上位と好調ですが)それは結果に過ぎないので、打率よりも出塁率の方にこだわっていきたい。(早いカウントからの打撃が目立つが、その点で何か意識していることは)監督からは3球で終わっても良いから積極的にいくように言われているので、早打ちは悪いかと思うときもあるが、積極性を意識している。(明日に向けて)切り替えて頑張ります。

竹内一

(今日は山口さんに代わって3番に入りましたが)自分の役割を果たせなくて申し訳なかった。(相手の野村投手の印象は)コントロールが良くて甘いところには来なかった。(明日への意気込みは)明日負けたら終わりなので全身全霊をかけて挑む。

青山

(慶立戦に続いてのスタメン起用だが)自分としては、とにかく勝つために使われたところで全力を尽くすだけ。(明治の先発、野村投手の印象は)コントロールがよかったので、相手のテンポで投げさせてしまった。序盤にもっと攻めることができたので、明日勝って、3戦目に戦うときには、序盤を攻めて打ち崩したい。(自分自身、守備では難しい当たりの打球を捕るファインプレーがあったが)守備ではあれぐらいはこなしたい。

竹内大

(今日の試合は)負けてしまったらダメな試合で負けてしまったので…次がんばります。(明大打線の印象は)しっかりと投げれば打たれないと思う。(次の登板に向けて)とりあえず明日勝ってもらわなければいけないので。明日きちんと勝って、連覇と優勝への望みを繋げたい。

山崎錬

(今日は完封負けを喫してしまったが)そうですね…(自身の結果も3三振と奮わなかったが)本当に情けない。(野村投手の印象は)コントロールが良く、チェンジアップが真っ直ぐかチェンジアップかわからないくらいギリギリで落ちるので、打つポイントを近づけようとしたが、内角のストレートのコントロールが良く手こずった。最初に打席に立った時は打てない印象では無かったが

、残像が残ってしまったというか、一打席での見送りだったり、ファールにしたボールが意外と次の打席まで残像として残って、それが伏線として次の打席に利いて上手く打ち取られてしまった。(今日は五番での起用だったが)卓征さんと山口さんが体の調子などがあまり良くない中で、自分が五番として使ってもらったので、一本でもヒットを打ってチームに貢献したかった。チャンスが来たら、結果を出して借りを返したい。(明日への意気込みは)勝ち点を取ればいいので、優勝の可能性もゼロになったわけではないので、とにかく明日全員で一勝して、三戦目まで持ち込みたい。

Leave a Response

Please note: comment moderation is enabled and may delay your comment. There is no need to resubmit your comment.