慶應スポーツ新聞会

【野球】第6週 逆転勝利で勝ち点奪取!早大3タテで春秋連覇なるか 明大③

10月18日(月) 慶大‐明大 @神宮

盗塁を阻止した長﨑を迎える選手たち

 1勝1敗のタイとして臨んだ明大3回戦。勝利した方に優勝のチャンスが残るという、まさに両校にとって背水の陣で迎える大事な試合となった。慶大は初回、痛恨のエラーで先制点を許し3回に追加点を奪われ3点を追う展開になるも、4回裏に明大エース・野村を打順一巡の猛攻で攻め立て同点にする。続く5回に勝ち越しに成功すると、そのまま逃げ切り勝ち点奪取。見事な逆転勝利で勝ち点を3とした慶大。これにより優勝は昨季に引き続き、慶大と早大の2校に絞られた。

    123456789

明大 102000000 3

慶大 00031000× 4

慶大:竹内大、○福谷-長﨑

好リリーフを見せた福谷

好リリーフを見せた福谷

慶大出場選手

1 [6] 渕上(法4・慶應)

2 [4] 湯本(商4・野沢北)

3 [7] 宮本真(政3・慶應)

4 [9] 伊藤(環3・中京大中京)

5 [5] 伊場(政3・慶應)

  [R] 新谷(政4・慶應)

  [5] 山﨑錬(商2・慶應)

6 [3] 奥橋(環4・岡山城東)

  [3] 髙尾康(商4・慶應)

7 [8] 青山(環4・関西学院)

8 [2] 長﨑(商4・高志)

9 [1] 竹内大(環2・中京大中京)

  [H] 竹内一(商4・慶應)

  [1] 福谷(理2・横須賀)

 1回戦に引き続き慶大の先発は竹内大(環2)、明大の先発は野村とエース対決で幕を開けた3回戦。1回戦で完封されている野村に対し、左打者をスタメンに起用すると思われたが、慶大のスタメンは2回戦と変わらず右打者揃い。昨日8点をあげた打線が勢いそのままに野村を攻略し、投手陣を援護できるかが鍵となる試合となった。

 しかし初回、2死2塁とされると伊場(政3)の痛恨のエラーで先制点を許す。さらに3回には慶明のカードが始まるまで5割を超える打率を誇っていた西のタイムリーなどで追加点を奪われ、0-3とリードされる。一方、慶大打線は野村の前に3回まで打者9人と竹内大の粘投に応えることができない。

 流れをつかんだのは4回。渕上(法4)が待望の初安打で出塁する。さらに湯本(商4)、宮本真(政3)の安打で0死満塁とチャンスをつくると、4番・伊藤(環3)がリーグ独走の10打点目となる犠飛を放ち29イニング連続無失点の野村から1点を奪う。犠飛間にも進塁を怠らずに、1死2,3塁とした慶大。迎えるは先ほど失策を記録した伊場。バットを折られながらもレフト前へ運びさらに1点を返すと、続く奥橋(環4)の打球は二塁手の頭上を越え、ライト前に落ち同点に。ここ1週間で4回目の登板となった野村に対し、この回6安打を集中、一気に畳み掛け、試合を3-3の振り出しへと戻す。

 また、5回には湯本、宮本真の連打に相手のバッテリーミスも絡み遂に勝ち越しに成功。5回からマウンドにあがった今秋好調の福谷が強力明大打線の前に凡打の山を築くと、最後は長崎(商4)が明大の俊足・山口を二塁で阻止し、試合終了。4-3で逃げ切った慶大、春秋連覇への望みを繋げる逆転勝利となった。

攻守に大活躍の宮本真

 今カードは、今季から内野手登録となった奥橋や2回戦からスタメンに抜擢された宮本真など、最後のリーグ戦に懸ける4年生や来年以降チームを牽引する3年生の活躍が目立った。もちろん、2枚看板である2年生コンビ・竹内大、福谷、さらには山形(政1)、金子(環1)そして若き投手陣を束ねる田中宏(環4)の存在も忘れてはならない。

 また、この試合では、4回に外野に抜けるかと思われた打球を湯本主将が好捕したり、7回に宮本真が本塁へ好返球するなど、初回のエラーによる嫌な流れを守備で断ち切った慶大。春季リーグで慶大を優勝へと導いた「守備から流れをつくる」野球がここに来て真骨頂を迎えている。4年生にとっては最後の早慶戦。それぞれの思いを胸に宿敵・早大へと挑む。

 優勝の行方としては、早慶戦で慶大が2連勝すると早大と勝ち点・勝率が共に並ぶため、優勝決定戦が行われる。早慶による優勝決定戦が行われた場合は、1960年以来となり、50年ぶり。ドラフト有力候補の斎藤、福井、大石を擁する早大相手に、慶大が春秋連覇を達成するには3連勝しか道がないという厳しい条件。だが、抜群のチーム力を誇る慶大ナインは今秋も最後の最後まで熱い戦いで観衆を魅了してくれるに違いない。

By Chisa Kato

選手のコメント

江藤監督

(今日の勝利で優勝の可能性が残ったが)春も秋も早慶戦で優勝が決まる、というのは自分達も嬉しいけど、連盟にとっても盛り上がり方が違うかな、という気がする。そういう意味でよかった。(今日の先発は1回戦で完封された野村。その対策は)対策というのはあんまりあれしちゃうとだめだから。昨日のスタメンのままいったのは、昨日の勢いで頑張ってもらおう、ということしかなかった。(リリーフの福谷投手の好投について)最初から予定通り。(昨日の試合は)大量点とったから6回までで昨日はやめさせて、今日に備えさせたからこのくらいのことはやるだろう。予定通り。(早慶戦では3連勝が必要だが)3連勝というより初っ端勝って、勢いをつけていく。それしかない。がんばる。(応援に来て

くれる皆様に)応援よろしくお願いします

湯本主将

(今日の試合は)本当に今日はベンチに入っていない人まで含めた全員一人ひとりが頑張った結果だと思う。(先制された中、チームの雰囲気は)まず一点を取ろうという雰囲気だった。そこで一点取れたことが良かった。(次の相手の早大投手陣に対して)今日の明大・野村と同様に相手の投球に合わせるのではなく、積極的に打ちにいくようにしたい。個々で対策はあると思うが、チームで対策はとらない。(早慶戦に向けて調整は)調整ではない。最後まで優勝できる可能性を持たせてここまで来た。ここから調整をするのではなく、さらに実力をつけて優勝したい。

青山

(今日の試合を振り返って)初回にエラーというかたちで失点してしまって、流れが向こうにいってしまったけど4回の集中打で流れをこっちに持ってくることができた。逆転して勝つパターンはあまりないので、勝つことができたのは大きい。(盗塁は)サインだった。(優勝には早稲田に3連勝条件があるが)優勝するのには確かに厳しい条件。でもそればかり考えていたら自分のプレーができなくなってしまうので、自分たちとしては、目の前の試合を、一試合一試合勝っていくことが必要。

奥橋

(同点タイムリーの場面では)ランナーがいたので1人でもいいから返したいと思った。点差は考えず、渕上から始まって流れ良くきていたのでその流れに乗っていこうと思った。(球種は)カーブで(感触は)少し詰まったなという感じだったが、いいところに飛んでるなと。セカンドとかの守備位置から落ちるかなと思った。(同点タイムリーを振り返って)最初に3点取られて負けてて、チームの雰囲気も悪く、3回までヒットも打ててなかったのであそこで追いつけたのが勝てた要因。(早慶戦への意気込みは)出たら打ちたい。あと3回勝つ。

渕上

(今日の勝利で優勝への望みを繋げたが)厳しい展開だったが、みんなが諦めずにプレーした結果だと思う。(29イニング連続無失点中の野村投手から集中打で得点を奪ったが)今日も良い所に決まっていたので点を取るのは厳しいかとも思ったが、何とか繋がってくれて良かった。(3回までパーフェクトに抑えられた後の4回に一気に畳み掛けた。何か策がはまったのか)(野村は)追い込むと決め球をたくさん持っているので、皆ファーストストライクを積極的に振ってプレッシャーをかけていった。それで野村を狂わせることができたのだと思う。(4年生として迎える最後の早慶戦、特別な思いなどは)高校から7年間慶應のユニフォームを来ているのでやはり特別な思いはある。悔いが残らないように一所懸命プレーしたい。

長﨑

(今日の試合を振り返って)とにかく勝てて良かった。(竹内、福谷両投手の調子は)(竹内は)悪くはなかった。ミスもあったものの、3点で踏みとどまっていた。(福谷は)昨日と同じ丁寧に投げていた。多少甘い球もあったが何とか打ち取れて良かった。(野村投手対策は)とにかく来た球をとにかく打とうと。自分は対策練っても打てないので(笑)(明大打線対策は)とにかく連打されないこと。前回も連打でやられた。(明大は)長打はないと思っていたので、とにかく連打に気をつけた。(早慶戦に向けて)もう2連勝。勝って優勝決定戦に臨みたい。前回と同じこういう展開なのは嬉しいし楽しみ。2週間しっかり調整していきたい

伊藤

(今日の試合を振り返って)みんなが頑張ってくれた。(3戦を通じて明大の印象は)やはり手強い相手。紙一重だった。(優勝は早慶に絞られたが)不利な状況に変わりはない。3連勝出来るように残り2週間頑張る。(2週間どのような調整を)個人的にはバッティングを崩しているので、立て直したい。(早慶戦への意気込みを)3連勝します

宮本真

(今日の試合を振り返って)野村も疲れていたのでは。(明大・野村投手と対戦してみて)やっぱり連戦連戦でそんなに球もきてなかった。それでもコースだったり、要所要所で投げてくる所はすごく良いピッチャーだと思う。なかなか打たせてはくれない。(2安打したが何か狙い球は)外ばっかり投げてくるのでそれを狙っていたけども、本当にぎりぎりの球を投げていて、なかなかクリーンには打てなかった。(守備の方でも7回に好返球)ゴロになっちゃたんですけど、キャッチャーの長崎さんがカバーしてくれて良かった。(9回の大飛球は)びっくりしたけども、センターの青山さんから「後ろから」という声も聞こえて落ち着いて捕ることができた。(早慶戦に向けて)3連勝するしかないので勢いをつけて

いきたい。

福谷

(今日の試合を振り返って)勝って良かった。(自身は)昨日やってしまったことをやらないように気をつけた。(1点リードでの登板だったが)野村が代わるまでの間とにかく抑えようという気持ちだった。野村がかわれば点を取られても取り返せる自信があったので、それもあって楽に投げられた。(早慶戦までどんな調整をするか)今までやってきたことを復習してベストを尽くせるように準備したい。(早慶戦への意気込み)昨日今日と同じ。やるべきことをきちんとやる。

Tagged as:

Leave a Response

Please note: comment moderation is enabled and may delay your comment. There is no need to resubmit your comment.