慶應スポーツ新聞会

【ホッケー(男子)】運命の開幕戦、宿敵明大を完封で好発進! / 明大戦

貴重な勝ち点3をつかんだ!

貴重な勝ち点3をつかんだ!

谷直剛(政4)主将が率いる男子ホッケー部の初陣が行われた。序盤のピンチをG本名智一(経4)がファインセーブで防ぎ流れを呼ぶと、入部まもない1年生プレーヤーが躍動。大久保遼(1)のシュートのリバウンドを、冷静に下山雄大(経3)が叩き込み先生に成功する。さらに後半には永野裕太(政1)が相手の隙を突いて追加点を奪った慶大。終盤、明大の猛攻を防ぎ切り、開幕を見事白星で飾った。

  関東学生ホッケーリーグ春季 グループリーグA

2015.4/18(土) 13:15~ @慶應日吉グラウンド   

慶應義塾大学 2-0 明治大学

(前半1-0、後半1-0)  

【得点者(アシスト者)】

18分 下山(-) 41分 永野(-)  

 

<スタメン>

GK本名智一(経4)、FB三木雅史(経4)、遠藤錬(経4)、宮坂健吾(政3)、吉國光裕(政2)、MF細井佑(経3)、福谷亮太(政2)、永野裕太(政1)FW谷直剛(政4)、下山雄大(経3)、大久保遼(1)

 

第110代慶大ホッケー部主将の谷が率いるチーム2015のシーズンが始まった。対するは先日の試合で昨年王者・山梨学院大を破った明大。慶大にとっては昨秋で完勝を収めているだけに、いいイメージはあるがそれまでは対戦成績では押されており、まさに好敵手だ.

先制点は下山(10)の手から!

先制点は下山(10)の手から!

開始のホーンが鳴って間もなくに、明大の勢いについていけずにペナルティーコーナー(PC)を許してしまう。しかしこのピンチに守護神・本名が相手のフリックシュートを足で防ぐと、続けて取られたPCのピンチにもフェイントに惑わされずファインセーブ。先制を許さない。これで流れが変わったのか、三木雅史(経4)や吉國光裕(政2)の冷静な対応で、明大にサークルインを許さない。すると下山雄大(経3)らFW陣の動きも連動し始め、ボールの支配率をあげてゆく。さらに細井佑(経3)、宮坂健吾(政3)の鋭いストロークで明大DF陣を崩しにかかる。そして18分、待望の瞬間が訪れる。サークル外から打ち込まれたボールにルーキーの大久保遼(1)がシュート。これは相手GKにはじかれるが、詰めていた下山が左脇に押し込み、待望の先制点を挙げた。盛り上がる観衆に乗じるように、谷や下山の足を使ったホッケーも生きはじめ、この日初めてのPCを21分に獲得。宮坂のシュートは惜しくも相手の好守備に阻まれるが、流れは慶大にきていた。終盤はフリーでシュートを2本打たれてしまうが、本名がここもファインセーブ。1点リードで前半を折り返す。

喜びを全身であらわす永野,/p>

喜びを全身であらわす永野

後半も前から仕掛けていく慶大。41分に左サイドからの打ち込みがあったが、これは明大DFにカットされてしまう。しかしこのカットした球際を詰めていたルーキー永野裕太(政1)が奪いそのままシュート。豪快に左上に決める。大学初出場で初ゴールを決めた永野は、「高校から通して初めての公式戦での得点」(永野)こともあり体全体で喜びを表した。ところが45分から慶大は我慢の時間が続く。谷がグリーンカードで退場となり人数不利になると、チーム全体のラインを下げざるを得なくなり受け身の展開に。さらに谷が復帰した直後、今度は金田(1)がイエローカードで退場となり、人数不利の時間が続く。「かなりしんどかった」(本名)と振り返るように、息をつく時間がない。さらに金田の退場時間が終わった直後に、谷がイエローカードで退場、みたびキルプレーに。それでも本名を中心としたDF陣の粘りで、チーム一丸となりなんとか防ぎ切ると、最後は細井が攻めあがってPCを奪う。これは決まらなかったが、最後攻める形で終えた慶大は2-0で勝利。見事開幕戦を完封勝利で決めた

好セーブを連発した本名

好セーブを連発した本名

この日に焦点を当ててきた慶大が100%の力を発揮した。「チーム全員でつかみきることができた大きなゲームだった」(谷)というように、若くから出場機会を得ていた現在の上級生のプレーも成熟しつつある上、さらに新人選手のフレッシュな力も潤滑油となっており、チームとしてのまとまりが見えた。慶大らしいホッケーを今日のように発揮できれば、目標とする関東リーグの決勝の舞台でホッケーをする日がくるだろうと予感させてくれる試合だった。

(記事:荒川智史/写真:河合佳祐)

☆グループA ※4/18現在
  山梨学院 慶應義塾 明治 学習院 勝ち点 得失差
山梨学院 5/10 ●1-2 ○11-0 3 10
慶應義塾 5/10 ○2-0 4/26 3 2
明治 ○2-1 ●0-2 5/10 3 -1
学習院 ●0-11 4/26 5/10 0 -11
  次戦 4月26日(日)vs学習院大学(昨年秋季1部8位) 13:15~ @慶應日吉グラウンド

試合前円陣

  以下、選手コメント

  FW谷直剛(政4=慶應義塾)

(今日の試合を振り返って)1年生から4年生までチーム全員でつかみきることができた大きなゲームだったと思います(1年生がかなり頑張ってくれました)大学の練習に最初は戸惑っていることもあったと思うんですけど、彼らは高校生のころから実力はあったので、しっかり結果を残してくれました(先制点を取れたことも大きかった)序盤に押し込まれていたことは危ないと思っていた部分もあるんですけど、しっかり1点取れたことは大きかったと思います(後半はかなりしんどい場面が多かった)僕も退場した身なのであまり言えないですが、人が欠けてもベンチから声が出ていたし、グラウンド内でも特に宮坂とかが声を出してくれていて、全員が主体性をもったチームになってきたのかなと感じました(明大を完封したのは自信になりますか)慶大らしい気持ちの入ったホッケーができたので、完封したこと以上に大きな勝利だったと思います(次戦への意気込み)自分たちがやることをしっかりやってやるだけなので、相手がどこであろうと自分たちのプレーを出して頑張りたいと思います

 

G本名智一(経4=慶應志木)

(どんな気持ちで開幕を迎えましたか)怪我をしていたので、不安なところもあったんですけど、明大は強いので何とかして絶対止めなくてはという気持ちで臨みました(開始まもなくでのPCを防いだのが大きかった)相手が上手くワンツーしてきて少し焦りましたが、うまく対応できてよかったです。(後半はかなり押し込まれる展開)かなりしんどかったですね。うちのDF陣がかなり踏ん張ってくれましたし、変なPCもたくさんあったですけど、無失点で終えられたことがすべてだと思います(次戦への意気込み)学習院大相手には無失点を継続してやりたいと思います。それからチームとしても大量得点で、価値に行きたいと思います。  

 

MD永野裕太(政1=慶應義塾)

(新人ながら開幕スタメン、どんなお気持ちですか)高校での部活を引退してから、大学でも何回か練習に参加させていただいて、その時から試合に出るイメージはずっと持っていたのであまり気負わずにできました。(実際にプレーしてみて緊張は)意外としなかったですね。練習試合でほかの大学さんと当って、速いスピードの中でプレーしていたのであまり緊張はなかったです(初得点の感想は)実は高校から通して公式戦で得点を決めるのは初めてのことなので、とてもうれしくてついガッツポーズを取ってしまったんですけど、走り切ったからこそあそこにボールが転がってくれたと思うので、継続してがんばりたいです(あの場面は狙っていましたか)常にシュートチャンスが来るかもしれないと思って走っていたので、実際に来てよかったです(次戦への意気込み)リーグ戦あと2試合勝って、1位で上のプールに進出できるよう頑張ります

Leave a Response

Please note: comment moderation is enabled and may delay your comment. There is no need to resubmit your comment.