慶應スポーツ新聞会

【テニス(女子)】昨年の雪辱を果たし、2年振りの王座へ大きく前進/関東大学テニスリーグ 3日目・山学大戦

笑顔を見せる安形(写真・右)・村瀬組

笑顔を見せる安形(写真・右)・村瀬組

慶大が昨年の悔しさを晴らした。第3戦の相手は山学大。昨年、慶大の王座出場を阻んだ因縁の相手だ。まず、得意のダブルスでは2組ともファーストセット第1ゲームをブレークする最高の入りを見せ、フルセットの戦いとなったもののしっかりと2勝を挙げた。シングルスでは1ローテ目に登場した江代純菜(総2・九州文化学園高)と坂元君佳(政4・湘南工科大学附属高)が共に快勝。4-0とし、慶大の勝利が決まり、王座出場権に大きく前進した。しかし、その後S1~3が3連敗。王者・早大戦を前に課題も露呈した。

 

関東大学テニスリーグ 第3戦

2015/9/2 @有明テニスの森公園

 

<女子結果>VS山学大

 

慶大

 

山学大

D1

池田玲・西本恵

2{6-4、3-6、6-3}1

久次米・寺見

D2

安形玲耶・村瀬早香

2{6-3、3-6、6-1}1

本郷・西村

S1

西本恵

1{2-6、6-4、0-6}2

久次米

S2

村瀬早香

0{4-6、5-7}2

寺見

S3

押野紗穂

1{6-3、2-6、4-6}2

本郷

S4

坂元君佳

2{6-4、6-3}0

福井

S5

江代純菜

2{6-2、6-0}0

吉村

合計

 

D1の池田(写真・左)・西本組の勝利が慶大に勢いをもたらす

D1の池田(写真・左)・西本組の勝利が慶大に勢いをもたらす

勝利のために何としても2勝をもぎ取りたいダブルス。D1を務めた池田玲(環4・富士見丘高)・西本恵(環4・岡山学芸館高)組は、ファーストセットから気持ちのこもったプレーを見せる。第1ゲーム、15-40と早速ブレークチャンスにつけると一時はデュースに持ち込まれたが、サーブリターンが深く決まりブレークに成功。サービスゲームではしっかりとキープを続け、もう一つブレークをしリードを保ったまま6-3でファーストセットを奪った。セカンドセット、先にブレークを許し、第5ゲームでブレークバックをしたものの終盤離され3-6で試合はファイナルセットへ。ファイナルセットも先にブレークを許す嫌な展開に。しかし、第6ゲームでブレークバックをすると一気にギアを上げる。続くサービスゲームをキープし迎えた第8ゲーム。西本の深いリターンで相手を押し込み、池田がボレーで得点を重ねる。相手の難しいリターンにも決して大きくない体をいっぱいに伸ばし、池田が素晴らしいボレーを決めブレークに成功。この大一番に駆け付けた慶應高庭球部の応援も味方につけ、6-3で池田・西本組がファイナルセットを制し勝利した。

D2の安形玲耶(環3・城南学園高)・村瀬早香(環2・京都外大西高)組は前の試合で慶大唯一の負けを喫しており、その流れも払拭したい。D1同様ファーストセット第1ゲームをブレークする良い流れで試合に入る。第6ゲームでブレークバックを許したものの続く第7ゲーム。長いラリーを制し流れをつかむとそのままブレークに成功した。第9ゲームでもブレークをした安形・村瀬組がファーストセットを奪取した。セカンドセットは、序盤に2つブレークを奪われ、そのまま3-6で落とし、試合はフルセットにもつれ込む。迎えたファイナルセット。ギアを一段挙げた慶大ペアが実力を見せつけ圧倒する。安形のフォアで流れをつかみ第1ゲームをブレークすると、4-1とし迎えた第6ゲーム。15-40とブレークのピンチとなったが、安形のサーブでポイントを重ねなんとかキープする。すると続く第7ゲームも奪い6―1でファイナルセットをものにした安形・村瀬組が慶大に貴重な2勝目をもたらした。

 

勝利まであと2勝で迎えたシングルスは、第2戦と同じオーダーで臨む。最初に、S4坂元とS5江代がコートに立った。

江代は、終始相手を圧倒する展開となった。得意の気持ちを全面に出したショットでポイン地を重ね、ファーストセットを6-2で奪う。セカンドセットはさらに圧巻。相手ペースのラリーではどんなボールにもくらいつき高いロブでリターン、そして自分のペースに持ち込むと全身を使った強烈なフォアを放つ江代らしさが光った。このセットを6-0でものにし、慶大が3勝目。

ここまで全勝の坂元

ここまで全勝の坂元

好調を維持する坂元は、この日も安定したプレーを見せた。ファーストセット、4-4で迎えた第9ゲームについにブレークに成功。続くサービスゲームをキープし6-3とする。セカンドセット、強打で第5ゲームまでに2つのブレークを奪う絶好の滑り出しをすると、5-3で迎えた第9ゲーム。リターンエースを決めるなど、ブレークしストレート勝ちを収めた。坂元、江代はここまで3戦3勝。チームにとって重要な選手になっている。

この試合は敗れてしまったものの押野の活躍なしでは早大戦には勝てないだろう

この試合は敗れてしまったものの押野の活躍なしでは早大戦には勝てないだろう

S3は押野紗穂(環1・つくば国際大学東風高)。ファーストセット、第5ゲームに深く正確なリターンから相手のミスを誘うと0-40のブレークチャンスにつけ、ブレークに成功する。サービスゲームではファーストサーブがしっかりと決まり、危なげなくキープを続け、6-3でファーストセットをとった。セカンドセット第1ゲーム、サービスゲームで長いラリーに持ち込まれブレークされる。そのままこのセットは相手のペースで進み2-6で落としてしまう。迎えたファイナルセット。先にブレークを許してしまったが、第8ゲームにブレークバックする。しかし、続くサービスゲームでショットをネットにかけるミスからブレークを許し敗戦した。

フォアを放つ村瀬

フォアを放つ村瀬

S2村瀬は、日をまたぐ試合となった。ファーストセット、3-5で迎えた第9ゲーム。40-15とセットポイントを握られた状況からデュースに持ち込むと、最後はバッククロスのエースが決まりブレークを奪った。しかし、続くゲームでバックをネットにかけるミスを連発し、4-6でファーストセットを落とした。セカンドセット、2-0でコート移動のため1時間以上の中断をはさんだが、その後もブレークを重ね5-0とする。しかし、ここからミスが出始めまさかの5-5に。嫌な展開であったが、ここで21時となり規定により翌日に持ち越しとなった。次の日、5-5からの試合となったが、この流れを断ち切れず5-7で敗戦となった。

この勝利は王座出場へ大きく近づくものだったであろう。しかし、あくまで1位通過を狙う慶大。次戦はいよいよ早大との試合だ。早慶戦での悪夢から約3か月。今回こそ、早大撃破に向け突き進む。

(記事:太田悠貴)

Comments are closed.