慶應スポーツ新聞会

【ホッケー(女子)】林田の先制ゴールも逆転負け/早大戦

例年より遅い開幕となった女子部は、いきなり早慶戦での開幕となった。9分、主将の林田明子(理4)がPCのチャンスをしっかりと生かし、先制ゴールを決める。しかし粘り強い守りを見せていた守備陣が、前半に2失点、後半に1失点を喫し、1-3で敗戦。各上相手に善戦したが開幕戦を落とした。

  

関東学生ホッケーリーグ春季 グループリーグA

2015.10/10(土) 12:30@慶應日吉グラウンド 

慶應義塾大学  早稲田大学

(前半1-2、後半0-1)  

【得点者】

9分  林田(PC)

 

<スタメン>

GK大野結花(商2)、FB林田明子(理4)、芦川真祐子(商4)、石垣七海(法3)、岩﨑絢香(総3)、MF武山直歩子(経4)、福田薫(経3)、尾平野華央(経3)、FW國友萌果(経4)、岩本早紀子(文4)、宮本舞(経3)

 

 例年よりも遅い開幕となった女子ホッケー部。初戦は宿敵早大が相手となった。

 雨が降り出しそうな空模様の中、開幕戦が開始された。2分ペナルティーコーナー(PC)を奪われるものの相手のフリックは枠外へ。3分、裏を取られキーパーと1vs1となるが大野結花(商2)がスーパーセーブで失点を防ぐ。PC2本を防ぐと、さらにペナルティーストローク(PS)を取られるも、見事に反応してセーブ。スタンドを盛り上げる。するとこの流れに乗った慶大は9分、最後方から前線にボールを送り込むと、岩本早紀子(文4)がファールを誘い、PCを獲得。このPCを林田明子(理4)が強烈にヒットし、相手のスティックにはじかれたボールはそのままゴールへ。宿敵早大から先制点を獲得する。さらに12分、林田から宮本舞(経3)へ絶妙なパスが通りチャンスを演出するなど、流れは完全に慶大。しかし徐々に右サイドでボールを保持されると、サークル突破を許し、リバースシュートにより失点し、追いつかれる。さらに21分には左サイドから切り込まれフリーにさせたところでシュートを放たれ逆転を許す。同点で折り返したい慶大は29分に左サイドの連携から宮本が抜けるが、キーパーに阻まれ得点ならず。1-2で前半を終える。

 

後半開始早々の36分、武山直歩子(経4)、國友萌果(経4)、石垣七海(法3)の連携から前線にボールを送り、チャンスを演出。45分は右からの打ち込みに福田薫(経3)が飛び込むもゴールを割れない。その後自陣での我慢の時間が続くが、53分に奪われたPCでは大野がまたもや2本のシュートを防ぎ切り、失点しない。62分、PC奪われるとフリックシュートを大野がセーブ。その後立て続けに奪われた2本のPCも石垣と林田の活躍でゴールを許さない。しかし69分、これまで防いできたDF陣だったがPCでフリックシュートを沈められ、1-3に。守備に割く時間が多くなった慶大は攻めきることができず、そのまま1-3で試合終了となった。

 

 序盤はポジションの高い位置でボールを奪ったり、相手に強いプレッシャーをかけることでミスを誘発したりと完全に流れを作り、そのまま先制点を取る理想的な試合展開だった。しかりやはりサークル内での強さで早大を上回れなかった。前半失点した2得点はいずれも全くマークがついていなかった選手による得点のもの。また守護神・大野に助けられた部分も多く、ディフェンスの徹底をもう一度図りたい。上位進出は絶対王者・山梨学院大戦を残しての敗戦で厳しくなったが、まずは次戦の東大戦で勝ち切りたい。

(記事:荒川智史)

 

☆グループA ※10/10現在

 

山梨学院

早稲田

慶應義塾

東京

勝ち点

得失差

山梨学院

○4-1

10/24

○25-0

28

早稲田

●1-4

○3-1

○7-0

慶應義塾

10/24

●1-3

10/18

-2

東京

●0-25

●0-7

10/18

-32

 

 

次戦 10月18日(日)vs東京大学(昨季2部1位)13:00~@慶應日吉グラウンド

 

Comments are closed.