慶應スポーツ新聞会

【少林寺拳法】早慶定期戦50周年記念企画第2弾 正田真暉×谷彩織

左から谷、正田選手

左から谷、正田選手

今年で50年の歴史を数える少林寺拳法早慶定期戦。年に一度、両校の意地とプライドをかけて行われる特別な一戦だ。試合は新人戦に1年生が5人、本戦に2・3年生から5人が出場する。この節目の大会を前に、ケイスポは事前にインタビューを行った。2回目の今日は、新人戦に出場する正田真暉選手、谷彩織選手に様々なお話を伺った。その模様をお送りする。

 

 

 

――少林寺拳法を始めたきっかけ

正田 新歓の時期に先輩の演武を見てかっこいいなと思ったからです。

 

 私はもともと武道に興味があって、高校の時にソフトボール部の先輩が少林寺拳法を大学で始められてたので、体験に来たらその演武がかっこよくて、私も始めたいと思ったのがきっかけですね。

 

――お2人とも大学から少林寺拳法を始められたとのことですが、入部してから苦労した点は

DSC_4666正田 全部ですね。僕は割と運動は苦手な方で、いろんな動きとか全然で、初めて自分が演武をやって動画を撮ってもらったのですが、その様子が目指している動きと全然違うものでどこを直すとかのレベルではなかったので、まだまだだなと感じています。

 

 一番大変だったのは夏合宿ですね。想像を絶するほど辛いメニューばかりで、小中高と部活をやってきたんですけどそれとは比べ物にはならないくらい辛かったです。100回の筋トレとラントレのオンパレードで、特に首の筋トレでは誰かが頭をついてしまうとやり直しとなってしまうので、精神的にも身体的にも過酷でした。その中でも首の筋トレは一番きつかったと言えると思います。

 

谷選手には夏合宿で経験した首の筋トレについて語っていただいた

谷選手には夏合宿で経験した首の筋トレについて語っていただいた

――それでも慶大少林寺拳法部に入ってよかったこと

正田 先輩からうまくなったねと言われるなど、周りから見ても上達できてると思える時はうれしいですね。

 

 部活動に打ち込むというのは中高と生活は変わらないのですが、それとは何か違うことを新たに始めると初心に戻れるという感じが私は好きで、今は底辺からのスタートだからこそ毎日成長を実感できるので、そこがうれしさでもあります。

 

 

―早慶戦が新体制の最初の試合となりますが、来年度の目標は何ですか

正田 自分は今やることで精いっぱいで、先のことはあまり考えられないのですが、一戦一戦目の前の課題をクリアして試合に臨んでいきたいです。

 

 2つ上の目指している憧れの先輩がいらっしゃって、毎日練習で先輩の姿を見ているので少しでも近づけるように頑張っていきたいです。

 

キレのある動きを見せる谷

キレのある動きを見せる谷

――その先輩は

谷 3年生の宇恵さんです!

 

 

 

 

 

 

 

 

――最後に早慶戦への意気込みをよろしくお願いします

正田 1年生は人数が少なくて自分が出ることになったので、運用法のちゃんとした試合は初めてでちゃんとできればいいと思っています。

 

 自分は級拳士で相手は有段者なのですが、気持ちで負けないようにがんばろうと思います。

 

――ありがとうございました!

 

第50回少林寺拳法早慶定期戦は11月29日(日)会場は慶應義塾高校地下体育館にて行われます!

DSC_4654

Comments are closed.