慶應スポーツ新聞会

【ソッカー男子】河井、藤田が選出の全日本大学選抜 / 日韓戦

全日本大学選抜でも絶対的な存在感を見せた河井(写真提供=松田拓也)

 
 
 2011年に開催されるユニバーシアードに向けて、始動した全日本大学選抜。今回は全韓國大学選抜とのフレンドリーマッチと台湾遠征を戦うメンバーが招集された。慶大からは河井(政3)、藤田(政2)の2選手が招集。来年の本大会メンバーを勝ち取るためにもアピールをしたいところだ。河井は全日本の10番を背負い、チームの中心として。藤田は期待の新戦力として。日韓戦でそれぞれが躍動した。
 

  

2010/12/11(土)13:00 KO@赤羽スポーツの森公園競技場

全日本大学選抜3-1全韓國大学選抜

{得点者}前半22分 ホン・ジュビン、前半34分 富山貴光、後23分 山本大貴、後半47分 石津大介(補・河井陽介)

  試合前には両国の国歌が流れ、国際試合独特の緊張感が漂った一戦。河井はスタメン出場、藤田はベンチからのスタートとなった。試合は終始、日本選抜ペース。各々が高いテクニックを持ち合わせており、リズムよくパスが繋がれた。相手の特徴でもあるロングボールに対しても危なげない対応を見せ、主導権を握ることに成功した。

全日本大学選抜に初召集された藤田(写真提供=松田拓也)

 しかし前22分、DFラインのミスから先制点を献上する。ペナルティーエリア内でボールを失うと、クリアも中途半端に―。まさかの形で失点を許してしまった。反撃したい日本選抜、その起点となったのは河井だ。様々なポジションに顔を出しリズムを作る、“らしい”プレイが随所に出る。そして前34分。宮坂(明大)からの縦パスを受けると、絶妙なタイミングで前線へスルーパス。これを受けた富山(早大)が相手DFをかわし冷静にシュートを決めた。前半を1-1の同点で折り返した。

  後半に入り逆転を狙う全日本選抜は、開始と同時にFWを1枚増やし更に攻勢を強める。また後15分には途中交代で山村(流経大)に代わり藤田が出場。「上手く試合に入れず、ミスが多かった」と自身の出来を振り返ったが、攻守に奮闘。右サイドハーフで危なげないプレーを見せた。そして後23分、またしても河井が魅せる。絶妙なスルーパスで富山のキーパーと1対1の状況を演出。このシュートはキーパーに止められるも山本(駒大)がこぼれ球に詰めて逆転に成功した。河井は後半ロスタイムにも自らのドリブル突破から、3点目をアシスト。「FWとの連携も互いに取れていた」との言葉通り、3つのゴールに絡む大活躍を見せた。

 全日本大学選抜について河井、藤田がともに「とても良い雰囲気」と話すように、試合後の選手の様子は大変明るかった。連戦の初戦であり、またライバルでもある韓国に快勝したことでさらにこのムードは良くなっていくだろう。この先の台湾遠征においても両選手のそして全日本大学選抜の活躍に期待がかかる。

By Yutaka Okumura

選手コメント

 河井

全得点に絡む活躍をみせた(写真提供=松田拓也)

(今日の試合を振り返って)今日の試合は連戦の最初の試合で、結果を求めていたので結果が出せてよかったです。(荒れた試合となってしまいましたが)両チームともプライドをもって戦ったのと、日韓戦だったこともあり、激しくなりました。もう少し冷静にプレー出来ればよかったかもしれません。(ハーフタイムでの修正について)前半うまくいかなかったので、フォーメーションを2トップにして、チームとして背後に長いパスを意識的に出しました。シンプルな展開でゲームを進められたと思います。(FW、ボランチなど複数のポジションでプレーしましたが)前半はFWとしてプレーして、もっとシンプルに裏に飛び出せばよかったと思いました。後半はボランチとして中盤から2人のFWの動きを見て展開出来たのでよかったと思います。(3得点に絡む活躍でしたが)流れの中から点を取れて良かったです。FWとの連携も互いに取れていました。アシストは点を決めてくれたFWに感謝したいです。(結成間もないチームの雰囲気は)結構明るい奴が多くて、比嘉(流経大)とが盛り上げてくれていい雰囲気だと思います。(今後に向けて)台湾に行くのでそこでもしっかり結果を残したいです。

藤田

 (選抜の初戦でしたが雰囲気は)昨日初めての練習でしたが皆仲はよく、雰囲気がいいです。(途中出場でしたが自身のプレーは)今日は上手く試合に入れなかったため、ミスが多かったです。次から修正したいと思います。(ボランチではなくサイドハーフでの出場だったが)ポジションが変わっても意識は変えずに、しっかりした守備から入りました。後はパス回しに参加するように心がけました。(周りのレベルは)選抜の選手は非常にレベルが高いので、いい刺激を受けます(U19代表の時には攻撃面での課題をあげていたが)チームやメンバーが違うのでまた変わってくるが、個人的に足りない部分も多いと感じています。攻撃でゴールに絡むプレーを練習したいと思います。(台湾遠征にむけた抱負)このチームで多くの経験をすること。これをチームに戻った時に還元出来たら良いと思います。

Tagged as:

Leave a Response

Please note: comment moderation is enabled and may delay your comment. There is no need to resubmit your comment.