慶應スポーツ新聞会

【軟式野球】好投むなしく打線沈黙 六大学リーグ戦5戦目vs早大

DSC_8338

好投を続けた植田投手(経3)

4月16日(土)東京六大学軟式野球春季リーグ戦 第5戦vs早大@戸田市北部公園野球場

この春から体育会の部に昇格した軟式野球部。現在、春季リーグ戦の真っ只中だ。ここまで4戦の結果は、3勝1敗の2位。注目の早慶戦に勝利し優勝へとさらに近づきたいところだったが、投手陣の好投に打線が応えられず敗戦を喫してしまった。

 

早大

慶大

 

早大:◯粕川-前田(千)

慶大:●植田、小林-土志田

 

◆慶大出場選手

 

ポジション

選手名(学部学年・出身高校)

[6]

長竹勇依(法3・慶應義塾)

[9]

野原颯人(文3・都立駒場)

[8]

桑田泰平(経2・慶應義塾)

[5]

清水大哉(法3・慶應義塾)

[7]

辛川慶悟(経2・慶應湘南藤沢)

[3]

小川拓身(文2・慶應義塾)

[2]

土志田寛也(商3・浅野)

[4]

児島将史(経3・栄光学園)

 

伊藤悠(環2・稲毛)

 

鹿角遼太郎(商2・慶應義塾)

[1]

植田信照(経3・慶應志木)

 

[1]

小林薫(経2・慶應志木)

 

松家直人(経2・県立千葉)

慶大先発は植田信照(経3)。直球を武器にしたピッチングに、早大打線はなかなか前にボールを飛ばすことができない。次々と打者を打ち取り、打線を封じ込めた。2回表には一塁手の小川拓身(文2)がファールボールに食らいついていきアウト1つを取る。

その裏、フォアボールで辛川慶悟(経2)が出塁するが、盗塁刺で2アウトランナーなし。小川が両校合わせて初のヒットを放つも、得点には至らなかった。

4回表、早大二番森山にヒットを許すと、前田連のピッチャーゴロが進塁打となり2アウト2塁とされる。初めて得点圏にランナーを進めてしまったが、ピッチングは乱れることなく無失点に抑えた。その後、8回まで打たれたヒットはたった2本。ほぼ完璧なピッチングだった。

この日チャンスを作った小川選手

この日チャンスを作った小川選手

DSC_8448

早大先発の粕川投手

8回裏、同じくなかなかランナーを出すことができずにいた慶大打線であったが、先頭の辛川がレフト前ヒットで出塁。小川の犠打でチャンスを広げ、1アウト2塁とする。しかし、後続が倒れ無得点に終わってしまう。

0対0のまま停滞していた試合が動いたのは、9回表。先頭打者をエラーで出すと、森山のヒットに対してまたしてもエラー。とうとう得点を許してしまう。早大はまたとないチャンスに足を使った攻撃も絡め、なおも1アウト3塁。好投を続けていた植田であったが、前田連にファールで粘られた末ヒットとされ、2点目を失ってしまった。ここで慶大投手は小林薫(経2)に交代。荒れた試合展開の中、デッドボールを出してしまうが、後続を打ち取りスリーアウトとした。

9回裏、最後の攻撃に望みをかけた慶大であったが、「打てそうで打てない」早大粕川の前に三者連続で倒れ、2対0のまま試合終了となってしまった。

8回まで危なげない投球を続けていた先発植田。しかし、打線の援護なくしては勝つことはできない。そんな中出てしまったミスが大きな痛手となり、崩れてしまった試合であった。

試合内容のほかに、印象的だったのはグラウンド整備だ。なんと、出場する選手自ら、試合前と5回裏の整備を行っていたのだ。ここには、チームの「和」を大切にする慶大軟式野球部のモットーが現れている。練習時から、部の仕事は全員で協力。作り上げてきた「和」は、野球をする上でも生きることは間違いない。

グラウンド整備をする選手たち

グラウンド整備をする選手たち

この試合を終えてもリーグ戦の順位は2位をキープ。優勝はまだ手の届く範囲にある。早慶戦は苦い結果に終わってしまったが、この悔しさをバネに必ずや優勝を掴み取ってくれることだろう。

記事:鈴木優子

 

◆打撃成績

 

 

[6]

長竹

一飛

 

三ゴロ

 

 

空三振

 

 

左飛

[9]

野原

二ゴロ

 

 

中飛

 

 

右飛

 

一ゴロ

[8]

桑田

投ゴロ

 

 

一邪飛

 

 

遊ゴロ

 

 

[5]

清水

 

空三振

 

見三振

 

 

一ゴロ

 

 

[7]

辛川

 

四球

 

 

中飛

 

 

左安

 

[3]

小川

 

中安

 

 

遊ゴロ

 

 

捕犠打

 

[2]

土志田

 

中飛

 

 

捕邪飛

 

 

三ゴロ

 

[4]

児島

 

 

二ゴロ

 

 

遊飛

 

 

 

伊藤

 

 

 

 

 

 

 

二ゴロ

 

鹿角

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[1]

植田

 

 

左飛

 

 

左飛

 

 

 

[1]

小林

 

 

 

 

 

 

 

 

 

松家

 

 

 

 

 

 

 

 

三ゴロ

◆投手成績

 

投球回数

打者数

球数

安打

三振

四死球

失点

自責

●植田

82/3

30

117

小林

01/3

11

 

  • 試合後コメント

田中雄都主将兼監督(法4)

(今日の試合を振り返って)前に早大と戦ったときも粕川投手だったので、空振りする球はそれほどなかったが、打てそうで打てない展開が続いてしまった。(1戦目と違った点は)1戦目では早大のミスが多かったが、今回は序盤から早大に好守備が見られた。その中で最後こちらが先頭をエラーで出してしまったので、守備で差がついてしまった。(ヒットが出ず試合が動かない状況をどのように打破しようとしたのか)3勝1敗で来ていて、チームの雰囲気は良かった。その中で、盛り上げ係の選手を上手く使って状況を変えようとしていた。8回代打で出場の伊藤(環2)は、本来スタメンだが今肉離れをしている。彼を起爆剤としてこれまでのリーグ戦を戦ってきたのだが、今日はそれもなかなかできなかった。(出場する選手自身が整備をしていたが)このチームは人数も少ないが、僕が監督に就任した当初からチームのスローガンとして「和」を掲げていて、このチームは4年生のチームではなくみんなのチームなのだ、という意識を持っている。練習時から、手が空いているひとは部の仕事をやるということになっているので、うちの部にとっては整備をするのも普通のこと。(毎年4年生が監督になるのか)基本的にはそうで、学生がやっている。(慶大の強みは)今3勝している中の2勝が逆転勝利。チームの「和」を中心として、粘り強さがあるチーム。雰囲気と一体感はどこにも負けない。(次戦に向けて)早慶戦は負けてしまったが、リーグ戦は一戦一戦勝っていくしかないので、目の前の試合をただ勝っていきたい。

植田信照選手(経3)

(今日の試合振り返って)集中でき、良いゲームだったが、最後の最後に味方のミスをカバー出来なかったことが悔しい。(8回までほぼ完璧だったが)低めにストレートを投げ込んで、バッターを打ち取ることが出来た。(早大への対策は)1年の時から同じ対戦相手で互いに手の内も知っていて、一人一人に対策は練っていた。(ストレートが走っていたが)3日前にも投げたがしっかり調整出来て良かった。(9回を振り返ると)先頭を抑えたかったがエラーが出て、そこを抑えるのがエースの役目だが、抑えることが出来ず悔しい。(次戦に向けて)まだリーグ戦は半分あるのでしっかり切り替えて優勝を狙えるよう頑張りたい。

Comments are closed.