慶應スポーツ新聞会

【準硬式野球】チャンス引き寄せ快勝!東京六大学準硬式野球春季リーグvs早大①

4月23日(土)東京六大学準硬式野球春季リーグ vs早大1回戦@府中市民球場

応援をする部員たち

応援をする部員たち

ここまで明大に2連勝し勢いに乗っている慶大。春季リーグ3戦目は、絶対に負けられない相手・早大との戦いだ。初回から先制し流れを引き寄せると、猛打賞が2名出るなど打線は好調。相手のミスでもらったチャンスも確実にものにし、7点の大量得点で快勝した。

 

 

早大

慶大

×

11

慶大:◯竹原、高木−有賀、齋藤

早大:●矢坂、田中、内田−齋藤

 

◆慶大出場選手

 

ポジション

選手名(学部学年・出身高校)

[7]

渡邊勁介(商4・慶應志木)

[6]

猪砂雄介(政4・立命館宇治)

 

城下陸(文2・静岡県立韮山)

[4]

井筒陽介(経3・慶應湘南藤沢)

 

潮田博紀(政4・慶應志木)

[5]

大島一輝(総3・桐朋)

[8]

大瀬裕太(商4・桐朋)

[9]

大町怜央(政2・修道)

 

鈴木貴(文3・静岡県立清水東)

 

R

田口勝康(商3・慶應義塾)

[2]

有賀慎一郎(商3・慶應湘南藤沢)

 

R

岡村雄太(経4・慶應義塾)

 

齋藤直之(総2・聖学院)

[3]

福田淳史(政4・埼玉県立春日部)

 

五島雄介(経2・慶應藤沢)

 

藤川淳(経4・慶應義塾)

[1]

竹原雅貴(理3・横浜翠嵐)

 

高木健太郎(環4・愛知県立刈谷)

 

緩急を使い分ける先発・竹原(理3)

緩急を使い分ける先発・竹原(理3)

初回、慶大先発・竹原雅貴(理3)が早大打線を三者凡退に抑えると、先頭打者の渡邊勁介(商4)がヒットで出塁。3番井筒陽介(経2)、4番大島一輝(総3)の連打で1点を先制した。2回裏、8番福田淳史(政4)のライトフライがエラーとなり、その後のバッテリーミスでー死二塁のチャンスをもらう。バントで二死三塁とすると、1番渡邊(商4)の痛烈なライトオーバーで2点目を挙げた。

ヒットを放ち笑顔の渡邊(商4)

ヒットを放ち笑顔の渡邊(商4)

3回表、8番矢坂にヒットを許すと、さらなるヒットで1点を与えてしまう。なおも二死一・二塁のピンチは続いたが、後続を打ち取りスリーアウト。最小限の失点とした。

その裏、二死一・三塁のチャンスから、盗塁を刺そうとした捕手が暴投。その隙に三塁ランナーが生還し、1点を取り返す。

5回表、エラーで出塁を許すと、四死球で二死満塁、再びピンチを迎える。しかし、粘り強くアウトを取り何とか失点なく切り抜けることができた。

ピンチを迎えマウンドに集まった選手に声を掛ける織戸監督

ピンチを迎えマウンドに集まる選手と織戸監督

裏の攻撃では、4番大島のヒットに四球とエラーが重なり、満塁のチャンス。7番有賀慎一郎(商3)、9番竹原(理3)のタイムリーで一挙に3点を獲得し、1−6と点差を広げた。

猛打賞となった大島(総3)

猛打賞となった大島(総3)

6回表、四球で出したランナーを返され2−6となるが、7回裏に相手のミスがありノーヒットながらも1点を追加。

安定した投球を見せる高木(環4)

安定した投球を見せる高木(環4)

8・9回は、二番手高木健太郎(環4)の打たせて取るピッチングで1失点に抑え、3−7で試合終了。早慶戦1戦目を勝利で飾った。

 

連打で好調の打線に加え、相手のミスで出塁することも多かった今日の試合。数多く訪れたチャンスを確実にものにし、コンスタントに得点を重ねられたことが勝ちに繋がった。投手を含め守備陣が大きく崩れることなく、失点を3に抑えることができたのも大きかっただろう。「3点以内に抑え、4点以上取る」という、慶大の目標とする野球が実現した試合であった。

現在法大と並んでリーグ首位となっている慶大だが、まだリーグ戦は始まったばかり。まずは目の前の試合に勝っていくことが目標だそうだ。明日の2戦目でも慶大らしさを存分に発揮し、2つ目の勝ち点を獲得してほしい。

 記事:鈴木優子

 

 

◆打撃成績

 

 

[7]

渡邊

中安

右安3

 

左飛

 

遊ゴロ

 

一安

 

[6]

猪砂

犠三振

二直

 

遊ゴロ

 

三ゴロ

 

三ゴロ

 

城下

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[4]

井筒

右安

 

一ゴロ

 

二ゴロ

投ゴロ

 

遊直

 

潮田

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[5]

大島

右安

 

右安

 

右安

 

四球

 

 

[8]

大瀬

三邪飛

 

中安

 

四球

 

遊失

 

 

[9]

大町

捕邪飛

 

投ゴロ

 

 

 

 

 

 

鈴木

 

 

 

 

遊失

 

 

 

 

R

田口

 

 

 

 

 

 

遊ゴロ

 

 

[2]

有賀

 

右飛

三ゴロ

 

左安

 

二失

 

 

R

岡村

 

 

 

 

 

 

 

 

 

齋藤

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[3]

福田

 

右失

 

遊ゴロ

 

 

左邪飛

 

 

五島

 

 

 

 

見三振

 

 

 

 

藤川

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[1]

竹原

 

捕犠打

 

右安

左安2

 

 

 

 

高木

 

 

 

 

 

 

一邪飛

 

 

 

  • 投手成績

 

投球回数

打者数

球数

安打

三振

四死球

失点

自責

○竹原

25

94

高木

12

32

 

◆試合後コメント

織戸晃監督

早大を倒すということでずっと練習してきて、その成果がいくつかの場面で出たので良かったです。相手のエラーもずいぶんあったので助かったのですが、それ以上に我々の目標としている「先制・中押し・ダメ押し」という点の取り方ができて勝ったというのが非常に大きいですね。この勢いで何とか明日勝って、勝ち点を取りたいと思っています。相手を3点に抑えてこちらが4点以上取ることを目標にやっているので、その目標に沿った形でピッチャー陣が失点を3に抑え、打者が打ってくれたことが勝ちに繋がったと思います。守備に関しては、我々の野球は守り勝つ野球なので、やはりエラーはできるだけしたくないです。今日は1つ出てしまいましたが、1つで抑えられたという意味ではまずまずかなと思います。まだ優勝ということは考えずに、1つ1つのカードを勝っていくというのが我々の戦い方です。明日も3点以内に抑えて4点以上で勝つ野球がしたいです。先頭バッターを出して、相手のバッターは出さないということができれば、結果がついてくるのかなと思います。

 

渡辺勁介選手(商4)

本当に勝ててよかったです。前回の明治戦で2本打てたので、今日は3本目はとにかく出したいと思っていました。隙があればどんどん走ろうとも思っていたので、盗塁も成功してよかったです。みんながやるべきことをやろう、という意識でやっているので余計な守備のミスも減ってきたと思います。(法政と並んで首位だが)法政を意識するのではなく、1戦1戦目の前の試合を頑張っていきます。明日も1番打者の切り込み隊長として自分が試合を作っていこうと思います。

 

竹原雅貴選手(理3)

早大との初戦に勝ててよかったです。最低限の仕事はできたのかなと思います。全員がよく声が出ていて、チームとして良いテンポで試合ができているなと思いました。優勝が狙えるシーズンだと思うので、なんとか最終週の法政戦が優勝決定戦になるように頑張りたいと思います。

 

大島一輝選手(総3)

竹原がピンチの時に粘ってくれたので、リズム良く行けたと思います。自分のバッティングはあまり良いとは思っていないのですが、甘い球が来たら返す意識ではいるので、結果がついてくればという感じですね。猪砂さんがピッチャーとショートで頑張ってくれているので、それを見て下級生もしっかり頑張らなくてはという意識が生まれています。守備も猪砂さんが主体になって冬の練習も結構したので、その分自信が付きました。法政とはまだ差があると思うので、一戦必勝でいきたいと思います。明日も快勝できるとは限らないので、チャンスをしっかりとものにして初回からどんどん点を取っていきたいです。

 

Comments are closed.