慶應スポーツ新聞会

【準硬式野球】チャンスをものにできず、連勝逃す 東京六大学準硬式野球春季リーグvs早大②

4月24日(日)東京六大学準硬式野球春季リーグ vs早大2回戦

 

早大との1回戦で強さを見せつけ、見事勝利を収めた慶大ナイン。先制したものの、昨日までの勢いが失速してしまい、チャンスのあとの1本がでない。野手陣の援護も虚しく、追加点を奪われ惜しくも勝利を逃してしまった。

 

 

 

慶大

0

0

1

1

早大

1

2

X

4

 

早大:○山口―斎藤

慶大:●猪砂、村石―有賀

◆慶大出場選手

 

ポジション

選手名(学部学年・出身高校)

[7]

渡邊勁介(商4・慶應義塾志木)

[1]

猪砂雄介(政4・立命館宇治)

[4]

井筒陽介(経4・慶應義塾湘南藤沢)

[5]

大島一輝(総3・桐朋)

[8]

大瀬裕太(商4・桐朋)

[9]

大町怜央(政2・修道)

 

    H

鈴木貴(文3・清水東)

 

岡村雄太(経4・慶應義塾)

[2]

有賀慎一郎(商3・慶應義塾湘南藤沢)

[3]

福田淳史(政4・埼玉県立春日部)

 

藤川淳(経4・慶應義塾)

[6]

城下陸(文2・韮山)

 

村石就昭(経2・慶應義塾志木)

今朝の天気は雨模様。試合開始予定時刻に選手達はグラウンドを整備していた。1時間遅れで開始した早大との2戦目は、両校共にこの日の天気同様、湿った結果となった。初回、先発投手の猪砂がレフト線に大きなヒットを打ち、得点圏にランナーを運んだ慶大。しかし結果は昨日のようにはならなかった。続くランナーが四球で出塁したものの、4番・大島(総3)が放った打球はセンターの手の中に落ちた。

その後3回に9番・城下(文2)が先頭で2塁打を打ち、昨日猛打賞の1番・渡邊(商4)がバントヒット。続くバッターは、第1打席にヒットを打った猪砂はスクイズを選択。先制点が期待されていたこの回で、3塁ランナーの城下が痛恨の走塁ミス。猪砂は四球を選び、なおも1死1、2塁でチャンスは続いていたものの、2つのフライで惜しくも先制点はあげられなかった。

2試合連続猛打賞の渡邊(経3)

2試合連続猛打賞の渡邊(商4)

各イニングでヒットを放ち、チャンスを作るもののあと1本がでない。試合が動いたのは、雨で荒れていたグラウンドを入念に整備したあとの6回。代打で出できた鈴木(文3)四球で出塁すると、第1打席でヒットを打った城下がセンター前を打ち、先制点をあげた。

先制点を挙げ喜びに湧く慶大

先制点を挙げ喜びに湧く慶大

ヒットを放ち喜びの表情を見せる城下(文2)

ヒットを放ち喜びの表情を見せる城下(文2)

対する早大は、初回に慶大誇る2枚エースの一人である猪砂から2本のヒットを打つものの、先制点はあげられず。

慶大先発・猪砂

慶大先発・猪砂(政4)

同じく試合が動いたのは、6回裏。三者連続でヒットを打ち、すぐに同点となった。そのあとのイニングは連続で早大に追加点を許し、先発の猪砂は8回2死で降板し、村石(経2)が継投した。しかし、迎えた4番5番に連続安打を許し、追加点をあげられる。チャンスをものにできず、慶大は1−4の敗北を喫した。

連勝を逃し渋い表情を浮かべる

連勝を逃し渋い表情を浮かべる

昨日減っていたと思えた失策が大きく絡んだ敗北となった。何が敗因なのか。各自がそれを理解し明日へと切り替えていくことが大事となる。連勝とはならなかったが、希望はまだ残っている。第3戦を勝ち抜いて、来週の東大戦へと昨日までの勢いを取り戻していきたい。

 

記事:千綿 加華

 

 

◆打撃成績

 

 

[7]

渡邊

中飛

 

投犠安

 

二安

中飛

 

中安

 

[1]

猪砂

左安2

 

四球

 

右安2

 

空三振

三ゴロ

 

[4]

井筒

四球

 

右飛

 

逃三振

 

四球

 

左飛

[5]

大島

中飛

 

右飛

 

四球

 

遊飛

 

遊ゴロ

[8]

大瀬

 

右飛

 

二ゴロ

遊飛

 

死球

 

遊飛

[9]

大町

 

一失

 

逃三振

 

 

 

 

 

鈴木

 

 

 

 

 

四球

 

 

 

R

岡村

 

 

 

 

 

 

遊ゴロ

 

 

[2]

有賀

 

遊ゴロ

 

左中安2

 

空三振

 

中飛

 

[3]

福田

 

左飛

 

左直

 

中飛

 

 

 

藤川

 

 

 

 

 

 

 

遊ゴロ

 

[6]

城下

 

 

右安2

 

逃三振

中安

 

中安

 

村石

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆投手成績

 

投球回数

打者数

球数

安打

三振

四死球

失点

自責

猪砂

72/3

30

95

村石

1/3

14

 

 

◆監督・選手コメント

織戸晃監督

完敗です。今日はうちの悪いとここが全て出た試合です。1点しか取れなければ勝てないということが証明されました。序盤のチャンスで1本が出なかった。ということが全ての敗因です。後半に集中力に欠けたプレーが多く出てしまったので、明日は最初から最後まで集中力を切らさず、先制して必ず勝ち点を取れるように頑張りたいと思います。

 

渡辺勁介選手(商4)

「先制点は入れられて良かったです。でも、チャンスはもっとあったのにそこで点が入れられなくて、それで相手に流れを奪われたかなと思います。(2日連続の猛打賞は)4年生の意地ですね。あと、応援してくれている皆さんの力が大きいと思います。チャンスでいかに打つかが今後の課題です。明日も自分が引っ張って勝ちに行けるように頑張ります。」

 

猪砂雄介(政4)

「序盤結構良いように抑えていて、打つ方も良かったのでそれで乗っていけたらと思ったんですけど、持ち味の制球がうまく発揮出来なくなって崩れてしまいました。自分は速い球があるわけでは無いので、出来るだけ打たせて取る投球をしたかったんですけど、今日はそれが出来ませんでした。いつも最後まで投げるというイメージは持っているんですが、今回それが果たせなくて後ろのピッチャーに迷惑かけしまって、というところが悔しいです。ここ3試合ずっと打ててない中で今日やっと一本出て、良くなってきたかなと思ったんですが、チャンスで打てなかったので、今日はどっちも悔しい結果に終わりました。明日は内野での出場になると思います。僕らは、当たり前のことを当たり前にやるというのをすごく意識しているので、明日もそこを意識してやりたいなと思います。」

 

城下陸(文2)

「最後まで自分たちのペースで野球ができませんでした。チャンスを作っても1本が出ないのは自分たちの実力不足です。スタメンで出場する以上は責任があるので、自分なりにできることはしっかりやろうと思っていました。自分のバッティングは、詰まってはいたのですがセンター中心に返せていて、基本に忠実にやっていたのが結果に繋がったと思います。明日は切り替えて、個々のプレーに走らずチーム力で勝ちたいです。」

Comments are closed.