慶應スポーツ新聞会

【フィギュアスケート】慶大勢は3選手ともFSヘ!日本学生氷上競技選手権大会②

dsc_2731

慶大の選手が見守る中、演技をする小曽根主将

第89回日本学生氷上競技選手権大会(通称:インカレ)が北海道・苫小牧にて行われている。大会二日目の7日は、男女Aクラスショートプログラムの競技が行われた。鈴木美桜・星佳は姉妹そろって出場。フリーヘの出場権をかけた熾烈な戦いに挑んだ。最終学年の小曽根は、最後の大舞台を多くの仲間に見守られながら、熱い気持ちのこもった演技を披露した。

第89回 日本学生氷上競技選手権大会 フィギュア部門

1月7日 @沼ノ端スケートセンター

クラス

選手名

学部学年

SP

順位

男子Aクラス

小曽根孝浩

環4

53.93点

13位

女子Aクラス

鈴木美桜

法3

38.97点

21位

 

鈴木星佳

総1

37.79点

23位

 

 このインカレが現役最後の大会となった小曽根孝浩(環4)は、大歓声を浴びながらリンクイン。三つのジャンプすべて着氷し、明日につながる演技となった。現在の順位は13位。フリーではついに最後の演技となるが、さらに順位を上げ有終の美を飾れるか、主将の「全力」の演技に期待したい。そして同じく、鈴木姉妹も明日フリーへの切符を手にした。しかし、鈴木美桜(法3)は21位、鈴木星佳(総1)は23位と、入賞を目指すには失敗は許されない。逆境をはねのけ、今季最大の学生大会で慶大の勢いを魅せられるか。明日、まだチャンスは残っている。

(記事:須佐奈月、写真:森田悠資)

 

◆以下、選手コメント

dsc_2676

小曽根のSP『Rise』曲のつかみはまさに最高だ。

小曽根孝浩(環4)

(今大会への思いは)気がづいたらインカレが始まっていたという感じで。大会前にはクラブの皆や、大阪のチームメイトから応援メッセージをもらって、改めて最後なんだなと感じていたところでした。それと同時に、卒論だったりやることに追われながら、余裕がない状態で迎えた試合ではあったのですが。今朝の公式練習でもやっぱり調子は良くなくて、本番も緊張はありましたが、あとは楽しむだけだと思って臨みました。(そんな中でもうまくまとめられた演技になったのでは)そうですね。フリーに進めたことが何よりも良かったかなと思います。ベストを尽くすことは当たり前だと思うので、結果がどうというよりも、今までお世話になってきた先生や、親、部活やクラブの皆、同期たちが見てくれている前で、感謝の気持ちも込めて、フリーも滑り切りたいと思います。(最後に、明日の決意をお願いします)「全力」と、「感謝」です。

 

dsc_2944

鈴木美の『The impossible dream』は苦しい演技となった

鈴木美桜(法3)

(今大会への思いは)全日本進出を逃してしまって、東日本が終わってから少し時間があいていたので、少しでもパワーアップした姿を見せたいと思っていました。ただ今日は決められるジャンプを決めきれなかったり、ミスがあったので悔しいです。(3度目のインカレですが)自分にもそろそろ「引退」の時期が迫ってきている中で、最後の年に向けて今年は挑戦のインカレに使しようと思っていました。(演技を振り返って)3回転‐3回転を入れる予定で、今朝の公式練習でもいけるかなと思っていたのですが、ぎりぎりまで迷って直前の6分間練習で感覚がつかめなくて。やめる決断をして、しっかりした演技をと思ったのですが、それができなかったので、フリーでは自分のできるジャンプを一つずつ決めていきたいなと思います。(点数と結果に関して)久しぶりの30点台で、演技が終わった時よりも悔しい気持ちが増しました。明日滑れることに感謝して、自分のできることをきちんとやり切って、巻き返したいと思います。(明日のフリーについて)『シンデレラ』は衣装も選曲も自分で決めて、好きなプログラムなので、自信をもって、思い切りやりたいと思います。

dsc_3026

鈴木星のSP『塔の上のラプンツェル』

鈴木星佳(総1)

(インカレへの思いは)初めてのインカレで直前に出場することが決まって、なかなか気持ちの持って行き方が難しいなと思っていたんですけど、とりあえずできることをやろうと思って。せっかく頂いたチャンスなので、自分の出来ることを精一杯やろうと決めて臨みました。(今日の演技を振り返って)勢いは良かったと思うのですが、気持ちの焦りが演技に出てしまって、ジャンプの失敗があってとてももったいなかったです。ただ自分の出来ることはやれたなと思いました。(演技前にかなり緊張した表情でしたが、初めてのインカレはいかがでしたか)すごく緊張しました。ただ、いつもの試合と違って慶大の選手たちがリンクサイドで見守ってくれてて、思い切ってやってこようと直前になって思いました。(同じグループに姉の美桜選手がいましたが)近くに一緒に練習してる人がいるとインカレという大舞台ではすごく心強かったです。(順位を聞いて改めてどんな気持ちでしたか)ショートで落ちてしまったかなと思っていたので、明日もフリーに臨める点では嬉しいです。(明日の演技の見どころは)曲調がころころ変わるのですが、最後の『スマイル』のボーカル入りのところが自分の得意としているステップもあるので、『スマイル』の曲を表現できたらなと思います。(明日に向けて)明日はやるだけなので、思いきりやって、シーズン最後に今までの1年分の成果を発揮したいと思います。

Comments are closed.