慶應スポーツ新聞会

【ラクロス(女子)】リーグ開幕直前企画!――4年注目選手対談(吉岡×橋本×石田)

左から石田、吉岡、橋本

いよいよ開幕を迎える関東学生ラクロスリーグ戦。開幕直前企画の第二夜は、AT吉岡美波(理4・大妻多摩)、MF橋本ひかる(政4・慶應女子)、MF石田百伽(経4・慶應女子)ら、3人の4年選手による上級生対談をお送りする。彼女たちの苦節時代や、最上級生としてラストイヤーに懸ける熱い思いなど、さまざまなお話を伺った。

(取材日:8月9日) 

――まずはそれぞれの他己紹介をお願いします

石田吉岡吉岡選手はラクロス歴10年目ということで、練習中もすごく「ラクロスのことを考えながらプレーしてるなー」とか、「頭いいなー」と思う瞬間が最近多々あります。

橋本吉岡性格面だと、実は負けず嫌いとか?見せないけど。あとはバランサーかな。もめ事が嫌いなわりに闘争心はむき出し、みたいな。

石田あと、あまりみんなに流されなくて、ちゃんと芯を持っています。

吉岡橋本橋本選手はもう、めちゃくちゃ視野が広くて、すごく頭を使ってプレーをしているイメージがあります。あと、シュートがめっちゃ上手。

石田橋本性格面は、目標とか立てたら確実にそれに向かって努力して、最終的にそれを得る。だからもう、怖い。

橋本石田石田選手はまあ、大きな体を活かしたダイナミックなプレーが特徴的ですね。

吉岡石田性格面は、ムードメーカーかな。本当にチームを明るくしてくれるし、いつも面白いなと思っています。

 

――石田選手はどのような経緯でドロワーになられたのですか

チームのムードメーカである石田

石田1年のときに、ドロワーに興味ある人で集まって。身長が高いというのと、腕力とかで固定化されていったという感じです。

 

――合宿を終えたばかりということですが、新入生も入りチームのまとまりはどのような印象ですか

石田1年はサマーという新人戦に向けて、上級生はそれぞれVリーグ、準リーグ、リーグに向けて練習していて、向かっている試合は違うけど、試合が直近になってきているということで、チームごとでもまとまってきました。また、合宿の食事のときなどでいろいろな人と話していくなかで、どんどんお互いを知るようになって、チームとしても102人でまとまってきているところかなと思います。

 

――ここで昨年の1年間を振り返っていただきたいと思います。ご自身にとってはどのような1年でしたか

橋本たぶん、ここにいるのは総じて悔しい人たちだと思います。私は、リーグの途中からベンチに入らせてもらったのですが、厳しい試合になればなるほど自分の出場機会は減っていくし、最後の決勝戦はベンチには入っていたけど、試合には出ていないという状況でした。自分がどうやって勝ちに貢献しているのか見えづらく、すごく悔しい思いをしました。その中でも、スカウティングで相手チームの特長を掴んだりなど、トップチームを鼓舞する役割がチームの一員としてあるんだなと気づき、ある意味勝負への覚悟を知った1年だったと思います。

吉岡私もひかると一緒で、ベンチメンバーにはずっと入っていたんですけど、そんなに出場機会があったわけではなかったです。自分が試合に出ていても点を決められない試合がほとんどで、結果も残せなくて、残りのAT3人と明らかな差を見せつけられた1年でした。それでも、全日本選手権まで行って、日本一までの過程を経験したなかで、今年に生かせる部分はものすごく多かったと思っているので、今年は絶対にスタメンとして頑張っていきたいと思っています。

石田私は去年、トップチームとサブチームの中間地点にいて、自分がどっちのチームに所属しているのかもよくわからず、自分の中で整理がつかなかった印象です。結局、去年は日本一を取って嬉しい反面、泣き崩れている輪の中にいないことが本当に悔しかったです。でも、去年自分が一番成長できたなという部分は、育成係をやって1年に教えられたことです。1年に教えることで自分も成長できたのと、「もんさん(石田)が活躍している姿を見ると自分も頑張ろうと思えます」と自分を応援してくれる子たちが増えたのがすごく嬉しかったです。でも自分が出ていた準リーグだけが負けてしまったので、去年は人生の中で一番悔しい一年でした。だからこそ、今年は私が活躍することで、教えていた子たちのパワーになると思うし、緊張せずに自分を出して勝ちに貢献していきたいと思います。

 

 

――続いて最上級生としての質問に移りたいと思います。同期の学年カラーはどのようなものですか

石田「楽しければいいっしょ!」みたいな感じだよね。

橋本ラクロスも一緒。楽しくラクロスをやることがまず大事という感じですね。

 

――同期である友岡阿美主将(政4・慶應女子)はどのような主将ですか

橋本口数は多くないけど、背中で見せるタイプかな。

吉岡大事なところでちゃんと俯瞰して見ていて、一番大事なことを言ってくれるような主将というイメージ。

橋本一番(一緒にいる)歴が長い百伽は?

石田私は10年間で、親よりも阿美に会っていると思う。そのレベルで、中学、高校、大学で同じ部活で、ずっと一緒だけど、楽しむところは楽しむし、ちゃんとやるところはちゃんとやるし、自分から率先して動くところは本当にすごいと思う。まあ、こんなこと絶対に本人には言わないけど(笑)

吉岡インタビュー通してじゃないと言えないの?(笑)

石田言わない(笑)一番近くにいて、尊敬できるし、みんなから尊敬されている存在だと思う。

 

――学年の中での自分の役割は何だと思いますか

橋本私が喋ると大体の話が振り出しに戻る。話が逸れているのが気になってしまう。「いや、今話してんのそこじゃなくない?」みたいな。または、「いや、やっぱそうじゃなくていいんじゃない?」って戻すことが多い気がする。

石田うん、まとめ役だよね。

橋本まとまってなくない?(笑)

吉岡舵を取る人というか。

石田目的地まで案内してくれる人。

吉岡最短距離を示してくれる人かな。

石田効率主義だからね。

 

――吉岡選手は

吉岡なになになに…計算担当かな?

橋本会計のときの?(笑)

吉岡お金とか集めちゃうタイプかな(笑)

橋本じゃあ計算担当で。

吉岡…計算担当でいいの!?

橋本いろんな計算担当で。日本一への道のりからの逆算も含めて。

吉岡なるほどね。

 

――石田選手は

橋本やっぱり学年で一番面白いと思ってる?

石田思ってないよ(笑)みんなが、楽しい気持ちとか笑顔になってくれればいいなって思っていつも行動してる。暗い雰囲気とかしんみりした空気が本当に嫌で、だから私も楽しくやれば何でもいいっしょみたいな感じの人間だから、そういう空気のときに変えようかなって思います。何担当なんだろう?

吉岡人の睡眠を妨害する担当(笑)

一同:(笑)

吉岡合宿のときに電気消してみんなで寝ていたんですよ。そしたら、ジュラシックパークのテーマソング流して、ティラノサウルスのマネしながら入ってきて(笑)

一同:(笑)

石田美波はそういうくだらないのが好きなんで(笑)迷惑そうな顔しながらも楽しんじゃうから。

吉岡楽しかったね(笑)

橋本最後の夏合宿でね。

石田いい思い出だ。

 

――先ほど2・3生注目選手対談(記事はこちら)を行ったのですが、彼女たちから「私たち(下級生)のことをどう思っていますか?」という質問がきています

橋本2年は今のままで楽しくのびのびラクロスをやって欲しいです。それが勝利に繋がると思うから。

吉岡毎日楽しそうで良いなと思います。

石田:私は育成をやっていたから、2年の一人一人をよく知っていて、私生活においても体力があってすごく充実しているイメージがあります。練習も自由にのびのびとやっていますね。

橋本3年は変に考えすぎずにやって欲しいかな(笑)

吉岡そんなに気を遣わなくていいから自分たちが最善だと思うラクロスをやって欲しいですね。

橋本2年と4年は似ていて、3年は一人一人熱い部分を持っているけどそれを表に出すのが得意じゃないので、2年と4年に圧倒されないで欲しいです。それに巻き込まれながら自分たちの熱を出してほしいというのが、要望(笑)

 

――4年間のなかで印象深かった年は

橋本私はあすなろかな。2年のとき。

吉岡私も2年かな。特に早慶戦の時期。

石田私は2年の女子高戦かな。5月あたり。

橋本ここら辺のメンバーはみんな早慶戦の時期ダメだったよね。

 

橋本は強い覚悟を持って今季に臨む

――理由は

橋本私がフリーシュートを外して、最後の新人戦であるあすなろの幕が閉じてしまって、それが20年間生きてきたなかで一番悔しかったです。それがばねとなって、自分に「シュート率」と言い聞かせるようになって、今に至ります。あそこで悔しい思いをしなかったら、もっと何も考えずにラクロスをしていたのかなと思います。あれが私のターニングポイントです。

吉岡私は1年のときにトップチームに上がって、当時は「このままトップチームでやっていくんだろうな」と、奢りの部分がありました。そんな時期にサブチームに落とされて、早慶戦も出られなくて。中学・高校と大学のラクロスが全然違うものだということを改めて突き付けられました。このままじゃ自分が、大学のラクロスで何も通用しないということに気づかされたという点において、印象深い年でした。

石田私も1年のウィンターとあすなろでドローを務め、「私がチームに必要とされるのはドローなんだ」と思っていたところ、運よく女子高戦メンバーに選ばれました。でも、結局試合ではドローをやらせてもらえなくて、上級生のチームでは何も活躍できないということを実感しました。だからこそ、誰よりも研究して、自分のなかでのドローを掴んでそれをチームに還元することで、ドロー率や勝利に繋がっていくと思ったから、そこだけは絶対に誰にも負けないようにしようと思えたきっかけでした。そのターニングポイントがなければ、こんなにもドローに執着していなかったと思います。

 

――ここでラクロスから少し離れて、プライベートな質問をさせてください。まずは皆さんの仲の良い部員を教えてください

石田育成で去年は(友岡)阿美と(櫨本)美咲(経4・慶應女子)と毎日のように一緒にいることが多かったから、今年もその流れで、この前は3人でかき氷を食べる約束をしました。後輩は、この前あらりさ(荒井理沙=経3・慶應女子)とはる(脇坂遥香=経3・慶應女子)とテスト勉強をしました。

橋本助けてもらったんでしょ?(笑)

石田そうですね(笑)

橋本私は、誰かに誘われて自分が行きたければそこに行く感じです(笑)法学部政治学科の子たちとも仲良いし。基本的にトップチームの人と一緒にいる時間が長いという感じです。難しいなーこの質問。

吉岡私は美咲とか香奈とかはよくご飯に行ってるかな。

橋本美咲と行動パターンが似ているよね。

吉岡誘われたら行くタイプかな。だからお互い、「温泉?行く?説」みたいな感じです(笑)

 

――背番号に何か意味は

石田これは性格出るぞ(笑)

橋本私は単純に#77がかっこいいなっていうのと、高校のときに一個上の大橋知佳(経卒)さんが#77で、それがかっこよくて獲得しました。

吉岡私は中学・高校と6年間で#22だったのでそれが良かったんですけど、同期の清水あも(経4・慶應女子)さんと被り、LINEでじゃんけんして無事に負けまして(笑)個人的に約数の多い数字が好きで…

橋本出た理工学部(笑)

石田うわうわうわ

吉岡いっぱい割り切れる数字が#72だったので決めました。

石田私は(読売)ジャイアンツの坂本(勇人)選手が好きで、彼の背番号の#6が良かったんですけど、空いていなくて、さらに66も2人くらい候補がいて、面倒くさいなと思って6を諦めました。結局野球が好きだったので、イチローの#51にしました。

橋本足したら6になるしね!

石田あ、確かに(笑)

橋本あ、違うんだ。ただのイチローなのね(笑)

 

――では話題に戻ります。いよいよ開幕を迎えますが、昨年の全日本選手権決勝を振り返っていかがですか

吉岡あの決勝は、相手のNeoの選手が本当に上手くて、この中で戦っているスタメンの方々は本当にすごいなと感じました。それでも、最後は気持ちが勝つんだなと感じました。すごく日本一を取りたくて、それを私たち以上に4年の先輩方からは伝わってきていて、その思いの結果がラスト同点でサドンデスからの主将のゴールだったのかなって思いました。そういう経験をしたからこそ、自分たちがどれだけ頑張れるか、勝ちたいという思いを出せるかが大事だということを学ばせていただきました。

 

――チームの完成度は

橋本完成度でいえばまだまだです。でも、100を狙わなくていいという話にこの前なって、すべてのプレーで60%を出せれば負けることはないと話しています。今は勝つために必要なことしかやっていないので、まだ高い完成度を目指している段階ではないです。

石田これから試合を積んでいくごとに、60%以上を出せるようになっていくのかなと思います。

橋本まだまだ伸びしろしかないと感じています。

 

――今年のチームの特色は

石田去年と比べるとスター選手がいないからこそ、メンバーの20人全員が全力を出して勝つという、全員ラクロスだと思います。

橋本自分も輝ける可能性があるというか、もしかしたら自分がその試合で一番活躍できるかもしれないから頑張れる。その相乗効果でチーム力が上がっているような印象です。

石田だからこそ、サブチームの選手でもリーグ戦のメンバーに上がる可能性もあるし、切磋琢磨しやすいチームなのかなと思います。

 

――対戦するうえで警戒する相手校は

10年のラクロス歴を持つ吉岡

吉岡ブロックリーグでいくと、立大と早大が山場になってくるだろうという話になっています。立大は必ずFINAL4に残るチームだし、早大もいいディフェンスしてくるしやりづらい相手です。早慶戦は勝ったけど、絶対早大はここから伸びてくるチームだと思うので。

橋本怖いね。

吉岡早大は慶大に絶対に負けないという気持ちが強いと思うので、怖いなと感じます。

 

――開幕戦である立大戦のポイントとなるところは

橋本シュートですね。

石田一発目を入れるか入れないかで試合の流れが変わってくると思います。シュートにこだわりをもって練習をしていて、そこが去年よりも進化できるポイントだと思うので、期待していてください。

 

――自分が勝利に貢献したいプレーはありますか

吉岡私はシュートで、百伽はドローだから…

橋本私は展開で!

 

――では最後に意気込みをお願いします

石田よく2連覇と言われるけど、私たちはこのチームで勝つことを目標にしているから、去年の勝ちはいい意味で忘れて、私たちのチームカラーの良さを出していきたいと思います。私はリーグ戦が初めてだけど、なぜか自信があって、負ける気がしないです。メンバーだけじゃなく、それぞれがどんなところで貢献ができるのかをしっかりと考えながら12月まで続けていけば、日本一に輝けると思います。私自身はドローやダイナミックなプレーでチームに貢献して、今年こそはグラウンドに立つ一人として日本一を目指したいと思います。

吉岡去年、あの全日本選手権決勝をベンチで見ていたときは、自分がチームに貢献して優勝したいと強く思った瞬間でもありました。そこで、今年は得点王になるという目標をリーグ戦に向けて立てました。ATとしてシュートを決めることしか自分のできることはないんじゃないかというぐらいに思っています。絶対に日本一になります。

橋本私は日本一になるためにラクロスを始めたということもあって、自分たちの代で日本一を取るということは1年のときから周りに言い続けています。去年の優勝は「取ってもらった」という感覚が強かったので、ラストイヤーは、自分で取ったという実感のあるシーズンにしたいなと思っています。そのなかで、今シーズンのキーワードは「覚悟」と「余裕」の2つに決めています。日本一を自分で取ったという感覚を得るためには何でもするという覚悟と、同時に周りに視野を広く向けられる余裕を持ちたいと思っています。102人で掴む日本一にしたいなと思っています。

 

――選手の皆さん、貴重なお時間をありがとうございました!

(取材:堀口綾乃・五十右瑛士)

 

☆選手紹介☆

#72 吉岡美波(理4・大妻多摩)

チーム一のラクロス歴を持つ、技巧派アタッカー。今季掲げた得点王という目標のもと、ポイントゲッターとしての貢献に期待がかかる。


#77 橋本ひかる(政4・慶應女子)

高いシュート精度を誇るMF。「日本一になるためのどんな努力も惜しまない」強い覚悟を胸に、ラストイヤーに臨む。

#51 石田百伽(経4・慶應女子)

勝負を大きく左右するドロワーを務める。パワーと長身を生かしたダイナミックなプレーに注目だ。

Comments are closed.