慶應スポーツ新聞会

【テニス(女子)】明暗分かれるシングルス 押野、向井、末野が3R進出へ/全日本学生テニス選手権大会4日目

押野は慶大対決を制し主将の貫録を見せた

本戦4日目を迎えるこの日、慶大からは6人の選手がシングルス2回戦に臨んだ。押野紗穂(環4・つくば国際大東風)と板垣惠美里(環2・学習院)の同士討ち対決は押野が主将の貫録を見せつけ板垣を破り、3回戦進出を決めた。また、向井マリア(環3・城南学園)、末野聡子(総1・芦屋学園)の2人も駒を進める一方、西田奈生(総4・済美)、城間安実(総3・九州文化学園)はともに無念の2回戦敗退となり、翌日に残るダブルスでの躍進を誓う。

全日本学生テニス選手権大会 シングルス2R

2018年8月16日@岐阜メモリアルセンター

 

◇女子シングルス2R

●城間安実(総4)

0{5-7,2-6}2

牛島里咲(筑波大)

第1セットは、第9ゲーム終了時点で5-4とリードするも、直後のゲームで相手がギアを上げ、連続で3ゲームを奪われる。続く第2セットで立ち直りたいところであったが、調子が上がらず、2回戦で敗退。

 

○押野紗穂(環4)

2{6-1,6-2}0

板垣恵美里(環2)

慶大対決となった2回戦。第1セットから押野が先輩としての貫禄を見せつけ、板垣を圧倒。一方の板垣は、第2セットの中盤になんとか押野のショットに食らいつき、ゲームを取るが、力が及ばず。押野が無事2回戦を突破した。

 

●西田奈生(総4)

0{3-6,4-6}2

岩井真優(筑波大)

前日の中断で第1セットの2-4からスタートした西田は、長いラリー戦に持ち込む相手に打ち負け、第1セットを落としてしまう。第2セットでは一時1-4まで差をつけられるも、「今自分ができることを選択して」ラリーに挑み、4-5まで巻き返す。しかし最後は相手に振り切られ、西田は無念の2回戦敗退となった。

 

○末野聡子(総1)

2{7-6(2),6-2}2

前田友花(関学大)

ルーキーながら本戦ですでに1勝を挙げた末野。第1セット序盤は相手に押される展開だったが中盤に立て直し、タイブレークの末このセットを先取した。続く第2セットは、勢いそのままに相手を圧倒し3回戦進出を決めた。

 

○向井マリア(環3)

2{6-4,7-5}0

我那覇真子(筑波大)

第1セットの1-4から試合を再開させた向井は、緩急のあるラリーを繋げ怒涛の5ゲーム連続奪取で第1セットを勝ち取る。続く第2セットでは攻めの姿勢を見せるもミスが続き、劣勢に。しかし粘り強いストロークを続けるなか、相手のミスが目立ち始め徐々に差を縮めていく。最終的に流れに乗った向井が第2セットも奪い、みごと2回戦を突破した。

 

(記事:内田貴啓、堀口綾乃、萬代理人)

 

板垣恵美里(環2・学習院)

――今日の試合振り返って

自分の粘り強いプレーをコート上で表現できるように臨んでいました。相手は慶應の主将の方で、一球でも1ポイントでも多く取れるようにフォーカスして最後までプレーし続けました。

――主将はやはり手強かったですか

そうですね。普段から練習したり試合したことのある相手ではなくて、観ることが多い相手だったので、今日初めて試合をさせて頂きました。やっぱり、サーブのコースだったりスピードだったりがレベルが高く、一球一球のクオリティも高いので、自分の粘り強さを出せる場面が少なかったです。先に動かされるので、後手後手に回って拾うのがやっと、自分から入っていって打つということが少なくなり苦戦しました。

――初のインカレ出場、いかがでしたか

私は予選から出場しました。初戦の相手がシード選手な上、高校の時から実力のある選手だったので緊張しましたが、第1セット2-5からタイブレークで取ることができました。予選2試合ともタフな試合で3時間だったので、そこで体力が削られて、本戦まで自分の体力を維持するのが大変でした。

――では次回の目標は本戦からの出場が目標となりそうですね

そうですね。春関でしっかり勝って本戦から出場すれば、しっかり準備期間も作れるので、次は本戦から出場してピークを合わせていきたいです。

Comments are closed.