慶應スポーツ新聞会

【バスケ(女子)】リーグ開幕直前企画! ルーキー対談――眞尾×武藤×西×ビディンガー

左から西、眞尾、武藤、ビディンガー

9月2日に開幕するリーグ戦。3部復帰を目指す慶大女子バスケ部の戦いが、いよいよスタートする。その直前企画として、まずは早くもチームに不可欠な存在となった1年生による対談をお届けする。早慶戦での活躍が記憶に新しい眞尾瞳(商1・浦和一女)、武藤怜(商1・成蹊)、西理奈(政1・葺合)と、今夏に選手に転向したビディンガー美亜(商1・青山)の4人に、お互いの印象やリーグへの意気込みなど、たっぷりとお話を伺った。(取材日:8月25日)

 

――自己紹介の代わりに、他の3人で1人ずつ選手の紹介をお願いします。まずは武藤選手から

ビディンガー:コミュニケーション能力が高くて、気遣いもできて、美脚で・・・

眞尾:顔が薄い(笑)。

武藤:紹介ってそういうこと!?

眞尾:バスケの話だと、センターもフォワードもできて3ポイントもばんばん決めるし、器用なタイプです。

西:あとシュートフォームが綺麗です。

 

――ビディンガー選手は

西:可愛い。

武藤:女バスのアイドル的存在です。最近マネージャーからプレイヤーになって、一緒にやっていく仲間が増えて楽しみですね。

眞尾:真面目で無理しちゃうところもあるけど、遅れてプレイヤーになった分すごく頑張っているのが伝わってきて、自分達も頑張らなきゃって思わせてくれます。

 

――西選手は

ビディンガー:リバウンドがタイミングも良くて、すごく上手。良い意味でやりづらいと思う。

武藤:一人で全部取ってるんじゃないかってくらいです。あとは関西出身なので、明るくて若干毒舌で(笑)。チームを和ませるというか、笑いを届けてくれる存在です。

 

――眞尾選手は

ビディンガー:とにかくストイックで、安定感があるよね。

武藤:プレーしてる時もそうでない時も、一緒にいると安心します。ガードでチームをまとめてくれているし、先輩にも自分の気持ちとかをちゃんと伝えられていて、すごいなと思います。

 

 

――大学での最初の春季はどんなシーズンでしたか?

眞尾:ありがたいことに入ってすぐに試合で使ってもらえました。チームに慣れることが第一だと思って、チームの特色の中でどういうプレーを増やしたらいいかを考えながら練習していました。

武藤:私も、先輩や同期としっかりコミュニケーションをとって、チームに馴染むことを目的にした春でした。

ビディンガー:大学の部活動の感じに慣れたり、先輩との関係作りだったり、目の前のことに追われていたかなと思います。

西:3人が全部言ってくれたので(笑)、そんな感じです。

 

――早慶戦の感想を聞かせてください

眞尾:早稲田はシュートの正確さや体の強さなど、全部が自分たちより上で刺激を受けました。その中でも楽しんで良いプレーも出せたし、これが4年間続くのはすごく楽しみです。

武藤:早稲田の強い部分に引っ張られて、慶應も良い部分が出せたと思います。あとは、あんなにたくさんの観客の前で試合ができるのは、本当にありがたいことだと感じました。

ビディンガー:あんなにすごい舞台に自分たちが主体となって参加するのは初めてだったし、試合や空気感も含めてすべてが楽しかったです。

西:個人的には自分の力不足を実感しました。最後に(豊村)沙恵さんと交代で下がったときに正直ホッとしてしまったので、もっと頑張らなきゃと思いました。

 

――先日の夏合宿はいかがでしたか?

西:対人の練習は多かったかな。

ビディンガー:基本的には普段の練習をそのまま合宿でもやっていました。あと食トレがきつくて・・・。

武藤:毎回ご飯の量がすごくて、2時間近くかかった時もあって。頑張ったよね。

西:ホントに頑張ったよ。

 

――高校の部活との違いは感じますか?

ビディンガー:大学は学生自身が主体的にやっている部分が多いなというのが一番です。

眞尾:自分の高校はスピード・速攻ばっかりだったけど、大学ではセットオフェンスとかシステマチックなプレーが増えたのが、結構楽しいところです。

ビディンガー:体作りもしっかりとやっていて、フィジカル的なプレーが増えたのも違いだと思います。

 

――学業との両立も慣れてきましたか?

武藤:勉強・・・めっちゃしてる。

西:エグいのいっぱい取ってたもんね。

武藤:大学は宿題とか無いと思っていて(笑)。意外と普通に勉強しないといけないんだなと。

眞尾:私は結構寝てるので・・・。

ビディンガー:ちゃんと受けて!(笑)

 

 

――尊敬している先輩はいますか?

西:私は(豊村)沙恵さんかな。

ビディンガー:私も!

西:試合もメインで出ていて自分のことで精一杯になりそうなのに、一人一人に声をかけたり具体的なアドバイスをくれたり、すごく気にかけてくれます。一緒にやれて嬉しいし、そんな先輩になりたいです。

眞尾:私は(森川)唯加さんです。誰よりもストイックで、鑑となるキャプテンだと思います。プレー面でも同じガードのポジションなので、ボールをなくさない強さやハンドリングの上手さは自分も身につけたいです。

武藤:唯加さんのストイックさは本当にすごいと思います。あとは(井ノ本)雅子さんはチームに笑いを届けてくれる、雰囲気を良くしてくれる存在なので、チームワークを作っていくという面で見習っていきたいです。

 

――早慶戦のパンフレットで“部員の何でもランキング”の企画がありましたが、皆さんは何のランキングなら1位だと思いますか?

武藤:(ビディンガー)美亜は一番良いお母さんになりそうじゃない?料理できるし、裁縫できるし、可愛いし。

眞尾:(西)理奈は、永遠に喋っていられる人ランキング。

武藤:一人で喋ってるよね。

西:嬉しくないな(笑)。

眞尾:(武藤は)いつも口が開いてる。

西:ケイスポの写真も、良い感じのでも全部開いてるよね(笑)。

武藤:4年間で頑張って閉じられるように練習しときます(笑)。

ビディンガー:眞尾は一緒にカラオケに行きたい人!歌がすごく上手。

武藤:あと我が道を行くランキング1位。常にまっすぐ自分の道を見据えてる感が。

西:誰がどう言おうとっていうより、何を言ってても知らないって感じで。話を聞いてないです(笑)。

 

――部活外でも4人での交流は多いですか?

武藤:この前4人で遊びに行ったよね。

ビディンガー:気が付いたら一緒にいることが多いです。テスト期間中とかもずっと一緒にいましたね。

西:ここ3人(眞尾・武藤・ビディンガー)は学部も一緒なので。

 

――もし夏休みに時間があったらしたいことはありますか?

西:実家帰りたい!

武藤:一人暮らしならではだよね。

ビディンガー:私は海外旅行に行きたいです!

武藤:部活のない生活をしたことがないから全然考えられないかも。

眞尾:部活なくてもバスケしてそうだなって思います(笑)。

 

 

――春からチームとして成長した部分はどこですか?

武藤:チーム全体でディフェンスをするとか、声を出すとか、チーム一丸になるための努力は前よりもできるようになった気がします。

西:個人のプレーよりも、チームの連係プレーが増えてきたと思います。

 

――今の自分自身の課題は何ですか?

武藤:私はオフェンスで個人のプレーがあまりないところです。3ポイントとか1対1とか、攻撃でも一人で戦える力をつけていきたいです。

眞尾:まだ(豊村)沙恵さんとの連携プレーが上手くいかないことがあるので、これからも試合を通して磨いていきたいです。もっと積極的にコミュニケーションを取って、得点力のある沙恵さんをどう活かすかを感覚として身につけられたらいいなと思います。

ビディンガー:私はプレイヤーになったばかりでまともに練習ができていないので、まずは試合に出ている選手の相手になれるように、バスケができるようになりたいです。あとは1年生がたくさん試合に出て責任ある立場になっているので、少しでも3人の負担を負えるようにしたいです。

西:この2人(眞尾・武藤)はプレーでプラスの起点になっているけど、私はマイナスの起点になっていることが多いと思うので・・・

ビディンガー:そんなことないよ!

眞尾武藤:ネガティブすぎない?(笑)

西:もっと基礎的なところをしっかりしないといけないと思います。

 

――リーグ戦ではどんな形でチームに貢献したいですか?

眞尾:私は得点を取っていきたいし、声掛けはもちろん、冷静にプレーの選択を判断して、ガードとしてチームをコントロールしていきたいです。

武藤:ディフェンスやリバウンド、ルーズボールなど地道なことを1試合続けられるようにしたいです。チームの雰囲気を良くするために、声も出し続けたいです。

西:リバウンドが一番貢献できる形だと思います。あと試合に出るときは誰かの繋ぎで入ると思うので、そこで流れがマイナスにならないように・・・

眞尾武藤ビディンガー:プラスにしてよ!!

西:マイナスにならないで、プラスにできるようにしたいです(笑)。

ビディンガー:私はチームのサポートが主な役割だと思うので、それをしっかりやっていきたいです。

 

――最後にリーグへの意気込みをお願いします

武藤:初めてのリーグ戦なので、自分にやれることをフレッシュに、全力でやっていきたいです。

ビディンガー:目の前のことを一つ一つこなして、余裕を持っていろんなことに取り組みたいです。

西:ルーズボールにしてもリバウンドでも、目の前のことに貪欲になってプレーしたいです。

眞尾:目標にしている3部昇格を確実に成し遂げるために、勝ちにこだわっていきたいです。

 

 

 

(取材:徳吉勇斗)

 

 

☆1次リーグ日程

日付

開始時刻

対戦相手

会場

9/2(日)

16:00

神田外語大

鶴見大Bコート

9/8(土)

16:00

共立女大

お茶の水女子大

9/9(日)

16:00

淑徳大

鶴見大Bコート

9/16(日)

16:00

県立医療大

茨城県立医療大

9/22(土)

16:00

お茶女大

神奈川大湘南ひらつか校舎Bコート

9/23(日)

16:00

東京女大

茨城県立医療大

9/30(日)

16:00

家政大

鶴見大Bコート

 

Comments are closed.