慶應スポーツ新聞会

【ホッケー(男子)】快勝!先制されるも余裕の追い上げで初戦突破/関東学生ホッケー秋季リーグ VS東大

春には課題として挙げられていたPCから3得点を挙げた慶大

ついに2018年秋季リーグが、ホーム・日吉ホッケー場で開幕する。相手は昨春1部6位の東大。リーグを勝ち進める上で昨春1部7位である慶大は、ほぼ同格である東大を下す必要性は明確だった。第1Qはシュートチャンスを生かせずスコアレスに終わるが、続く第2Q開始1分に相手に先制点を許し暗雲が立ち込める。しかし2分にPCからDF吉川大地(政3・慶應)が得点を挙げ瞬時に追いつく展開に。その後もPCやフィールドゴールで得点を重ねた慶大は、結果4−1で快勝を収めた。

平成30年関東学生ホッケー秋季リーグ Bプール vs東大

 

 

9月9日(日) 11:15試合開始 @慶大日吉ホッケー場

 

 

 

第1Q

第2Q

第3Q

第4Q

合計

慶大

東大

 

 

スタメン

 

GK 小川修平(政4・慶應)

 

DF 吉川大地(政3・慶應)、望月慎之介(経2・慶應)、片岡賢治朗(経2・慶應)、飯室隼(経1・慶應)

 

MF 金田翼(経4・慶應)、安田武大(政2・慶應)、中山正楎(経1・慶應)

 

FW 大久保遼(政4・慶應)、大橋俊介(政4・慶應)、永野裕太(政4・慶應)

 

2部降格の危機まで追い込まれた昨季。得点力の低さ、団結力の欠如が招いた苦しい経験を胸に、夏の間どれほど課題を解消したかが見ものだ。

2度PCを決め勝利に貢献した吉川

第1Q開始4分、DF吉川大地(政3・慶應)のアシストでFW永野裕太(政4・慶應)が右前からシュートを放つも、惜しくもゴール上に抜け得点ならず。その後6分に獲得したPCでも正面からのシュートを相手GKがせき止めこれを得点にできない。両校自陣、敵陣を行き来し、どちらが点を取ってもおかしくない状況が続くが、互いに決定打を打ち込めずこのQはスコアレスに終わる。

 

なんとか先制したい第2Q。しかし開始わずか1分に、慶大がシュートミスをすると、相手はそのままカウンターで駆け上がりゴールを揺らした。まさかの失点で動揺するかと思われた次ぐ3分、獲得したPCをDF吉川のシュートでものにし、瞬時に同点に追いつく。もう1点追加したいところであったが、攻守が幾度と入れ替わり、一向に出し抜けないまま後半に差し掛かる。

終了1分前にフィールドゴールで会場を沸かせた金田主将

追加点が欲しい第3Q。3分に獲得したPCは得点とはならなかったが、次ぐ4分にDF吉川の放ったシュートがまたも得点となり、ついに同点を抜け出した。その後もFW大久保遼(政4・慶應)やFW永野、1年生のMF田畑智哉(政1・慶應志木)が果敢にサークル内に踏み込み、ゴールを狙う。しかし得点につながることなく、1点リードで最終Qを迎える。

 

さらに突き放せるか。第4Qは2分、獲得したPCでMF金田翼(経4・慶應)のシュートが弾かれるとそれを塚本大吾(法3・慶應)が押し込み見事ゴール。続こうと直後5分MF金田のアシストからMF田畑がシュートを放つも得点とはならず。ところが9分、失点危機となった慶大。自陣プレーから立て続けに3度のシュートを浴びせられるが食い止め、MF安田武大(政2・慶應)がサークル外に弾き難を逃れた。このまま追加点をあげることなく試合は終わるかと思われた終了1分前、FW永野のドリブルからボールを受けたMF金田がそのままサークル内に侵入しフィールドゴールを決め、主将の意地を見せると試合は終了。見事4−1と初戦で快勝を収めた。

今回は1年生も多く活躍した

春にはあまり見ることのなかったフィールドゴールを初戦にして見せた金田主将は「得点を決めることはあまりないので、本当に久々に決めてすごく嬉しかったです。」と喜びをあらわにした。今回は1年生も多く活躍し、PCの成功率も高まっており、夏の練習の成果が見られた。ただ、結果から見ると3点差での勝利であるため、初戦から好調なように見えるが「先制されたところから始まっていますし、全てが良かったわけではない」(吉川)とやはり反省すべき点は少なくない。次戦は3週間後の山学大戦。強豪ではあるが、今日の試合内容を見ると善戦が期待される。慶大ホッケー部男子の秋の躍進に目が離せない。

 

 

(記事:津田侑奈/写真:重川航太朗)

 

 

次戦 9/30(日) VS山学大

 

13:00 試合開始 @山学大ホッケースタジアム

 

関東学生ホッケー秋季リーグ Bプール 星取表・日程表(9月9日時点)

 

 

慶大

東大

明大

山学大

勝ち点

得失点差

慶大

×

○4−1

10/14

9/30

東大

●1−4

×

9/16

9/22

−3

明大

10/14

9/16

×

●1−2

—1

山学大

9/30

9/22

○2−1

×

 

 

 

以下、コメント

 

 

金田翼(政4・慶應)

 

 

——今日の試合を振り返って

公式戦で結果が大事な試合だったので、4-1で勝つことができて純粋に良かったと思います。

 

——今日はフィールドゴールで得点を挙げていましたが、そのシーンの感想は

得点を決めることはあまりないので、本当に久々に決めてすごく嬉しかったです。点差もある程度開いているところだったので、余裕を持って打てたところもありますが、良かったです。

 

——今日は全体的にPCがよく決まっていました

春にPCの精度は課題に上がっていて、ずっとPCの精度を上げる練習をしてきたので、今日は本当に結果が出て良かったです。報われました。

 

——勝ち試合であった今日でも改善したい点はありましたか?

序盤に先制点を取られてしまったところは、結果追いつけましたが、前半の試合の作り方はこれからずっと課題に上がっていくし、直していきたいと思っています。

 

——次戦の山学大戦に向けて

勝つしかないと思っています。優勝を目標に掲げているので、全勝に向けて頑張っていきたいと思います。

 

 

 

塚本大吾(法3・慶應)

 

 

——今日の試合を振り返って

先制点を取られて悔しい展開だったのですが、いつもは先制点を取られるとそのまま流されちゃうので、逆転できたのは、精神的に良かったなと思いました。

 

——PCでの得点シーンの感想は

こぼれ球を詰めるだけだったので、やれることはやりました。

 

——PCの成功率が上がっていましたが

春以前からPCでの得点率を上げていこうというのはあって、春はなかなか上がらなかったのですが、秋は初戦から何点か取れたので良かったと思います。

 

——金田主将からキーとなる選手として挙げられていましたが

素直に期待してくれているのは嬉しかったし、その期待に応えたいと思いました。

 

——次戦の山学大戦に向けて

今日よりは全然強い相手なので、練習からしっかりやって勝ちたいと思います。

 

 

 

吉川大地(政3・慶應)

 

 

——今日の試合を振り返って

まずは勝てたことはすごく良かったです。ただ内容としては、先制されたところから始まっていますし、全てが良かったわけではないので、次の試合まで詰められる課題もあるなと感じました。

 

——開幕戦でしたがチームの雰囲気は

良い感じで入れたと思います。東大だから力を抜くわけでもなく、力を入れすぎるわけでもなく、丁度いい雰囲気で試合に臨めたのは良かったところだと思います。

 

——東大への対策などは

ビデオをたくさん見たりとか、去年までも何度か対戦はあるので、そういった対策はしました。ただ東大だからこうというのはなくて、今まで自分たちがしてきたホッケーをできるかどうかに重点を置いて、今日はそこが上手くハマったのかなと思います。

 

——PCを奪う場面が多く見られました

そうですね。ただPCはまだまだ課題が多いなと思います。全てのポジションにおいてまだ精度が良くなくて、これだけ取っていても得点はきれいな形とも言えないですし、もっとチャンスになるパターンだと思うので、しっかり詰めていかなければいけないと思います。

 

——PCから2得点を決めましたが

任せていただいていますし、僕にチャンスが多く回ってくるのは分かっているので、責任を持って決めなければいけないと思っています。今日は決めることができたので、そこは良かったのですが、僕のイメージとは少し違う入り方だったので、もっといい決め方を追求していきたいと思います。

 

——次戦まで期間が空きますがどういった調整をしていきますか

まずはPCの部分はしっかりと練習したいと思います。やはり任せていただいているので、しっかりと決められるようにしていきたいです。チームとしても今回出た課題もありますし、次の相手は格段に強いので、相手を意識した練習をしていきたいと思います。

Comments are closed.