慶應スポーツ新聞会

【野球】早慶戦 早大に危なげなく先勝、完全優勝に王手 早大①

早慶戦初勝利を挙げた山形

5月29日(土)慶大―早大 1回戦

雨が降り続ける中、行われた早慶戦初戦。1-1で迎えた6回、2回にわたりスクイズを決めるなど慶大が一気に5点を奪取。そのまま逃げ切り1-6で慶大が先勝した。この日勝利した慶大は完全優勝に王手をかけた。

   
早大
慶大 ×
早大:●大野、有原、髙梨―地引

慶大:竹内、○山形、福谷―阿加多

慶大出場選手

  ポジション 選手名(学部学年・出身高校)
[8] 辰巳(文3・郡山)
[4] 金田(政4・土佐)
[5] 山﨑錬(商3・慶應)
[9] 伊藤(環4・中京大中京)
[7] 宮本真(政4・慶應)
[2] 阿加多(法3・慶應)
[6] 福富(商3・慶應)
[3] 渡邊暁(商2・慶應)
  [3] 鈴木裕(商3・慶應)
[1] 竹内大(環3・中京大中京)
  [1] 山形(政2・土佐)
  [H] 伊場(政4・慶應)
  [1] 福谷(理3・横須賀)
優勝に王手をかけるべく、挑んだ伝統の一戦。慶大先発の竹内大(環3)は、素晴らしい立ち上がりを見せる。初回、先頭の佐々木を3球三振に打ち取ると、そこから4回までノーヒットピッチング。許したランナーは3回に四球で出した一人のみと早大打線に隙を与えない。

スクイズを決めた金田

好投する竹内大を援護したい慶大打線は、初回から早大を攻め立てる。1死から金田(政4)が右翼に2塁打を放ち好調クリーンアップを前にチャンスを作る。しかし3番山﨑錬(商3)、4番伊藤(環4)が凡退し無得点。3回にも先頭の辰巳(文3)が四球で出塁するとヒットとエラーで無死満塁。1死後、宮本真(政4)の打席でバッテリーミスにより先制する。その後も1死満塁のチャンスを作るも阿加多(法3)がダブルプレーに打ち取られチャンスをいかしきれない。

4回まで無難な投球をみせていた竹内だったが1点リードで迎えた5回。先頭の地引にいきなり3塁打を浴びると1死後、8番松本にスクイズを決められ同点とされてしまう。さらに6回にも先頭の佐々木にヒットを許すと2死3塁と逆転のピンチを背負って迎えるは4番の杉山。この場面で慶大・江藤監督が動いた。エース竹内に代え、山形(政2)を送り込む。気合い充分の山形は、杉山を内野フライに打ち取り一打逆転のピンチを切り抜ける。

2点タイムリーを放った鈴木裕

1-1の同点で迎えた6回の攻撃。再び慶大打線が反撃を開始する。先頭の宮本真が左翼線に二塁打を放つと、そこから2者連続の四球で無死満塁。このチャンスに6回から守備に入った鈴木裕(商3)が中堅に2点タイムリーを放ち、勝ち越しに成功する。念願のタイムリーに慶大スタンドは雨の中で若き血の大熱唱。反撃ムードの中、一気にたたみかけたい慶大は1死後1番辰巳が2ストライク後から意表を突くスクイズでさらに1点を追加。さらに辰巳が盗塁を決め1死2、3塁のチャンス。ここでも2番金田がスクイズ。今度は辰巳が2塁から一気に本塁をおとしいれ一気に2点を追加する。この回一挙に5点を奪った慶大が試合の主導権を完全に握る。

2塁から一気に本塁へ

こうなると今季の慶大は強い。7回からは絶対的守護神、福谷(理3)がマウンドに上がる。9回こそ、2本の連続ヒットを浴び、ピンチを背負うもきっちり後続を打ち取りゲームセット。投打に早大を圧倒し、6-1で勝利した。この日は序盤でチャンスをいかしきれず同点に追いつかれる嫌なムードの中、6回に多彩な攻撃をしかけ一気に5点を挙げ、試合を決めた。慶大はこの勢いのまま次戦で勝利を収めれば、1992年以来の完全優勝となる。

選手のコメント

金田

(今日の試合を振り返って)最初は苦しい展開になったけど、しっかりと点をとって勝つことが出来て良かったです。(最初の打席は二塁打でしたが)右方向への打球っていうのは自分でも常に意識しているのでうまく打てて良かったです(バスターでヒットを放ちましたがサインは出ていましたか)サインは出ていました。バントやバスターっていうのはぼくが1番決めなくちゃいけない選手だと思うので、しっかり決められて良かったです。(雨の日の試合でしたがグラウンドコンディションなどはどうでしたか)内野手はとても難しい状況だったと思うんですけど、僕のところにはゴロが転がってこなかったので、それはラッキーだったかなと。ただサードとショートの後輩たちがしっかり良く頑張ってくれました(明日の意気込みは)明日はしっかりと勝って2連勝で終わらせたいです。

鈴木裕

(タイムリーヒットを振り返って)嬉しかった。(どのような心境で打席に入ったか)明大戦からスタメンを外される状態が続いていて、その抜かれた選手が高校時代の後輩の渡邊暁だったので、本当に悔しくて、たくさん練習して、その気持ちをぶつけようと思いきって入った。(早慶戦という大舞台、どのような心境で臨んだか)学校を背負っている部分があって緊張しているが、人がたくさんいて、応援も普段とは違って、楽しかった。(優勝への手応えは掴めたか)早大はそう簡単に勝たせてくれないと思うので、気持ちを引き締めて、明日も全員で勝ちに行きたい。(明日へ意気込みを)明日も勝ちます。

辰巳

(今日の試合を振り返って)しんどかったです。序盤チャンスを作りながら点をとれていなかったんで。(6回のスクイズは2ストライク後だったが自分の判断か)いや、サインですね。2ストライクだったが決まってよかった。(スクイズ後、ランナーに出て2塁から一気にホームをついたが最初からねらっていたのか)最初から狙っていたわけではないが、すきがあればいこうと。ランナーコーチが回していたので迷わず行きました。(明日の早慶戦で勝てば優勝が決まるが意気込みを)とにかく試合をたのしんでいきたいです。

竹内大

(今日の試合を振り返って)先制点を取られないようにと。回の先頭を打ち取れた。5回は先頭を出して点に繋がってしまったので、そこは修正点として、しっかり直していきたい。(今日の調子は)今日は良かった。1、2、3回とリズムを作って先制点を取られなかったので。(雨はピッチングに影響したか)なかったです。(後1勝で優勝だが) そういったことは意識せず目の前の試合を全力で戦っていくだけです。(早大打線の印象は)もちろん気は抜けないんですけど、自分のピッチングをしっかりすれば大丈夫かなと。(最も警戒した打者は)特にはいないです。とにかくイニングの先頭を抑えることですね。(次に向けて)もう勝つしかないので、勝ちに向けて全力で行くだけです。

Leave a Response

Please note: comment moderation is enabled and may delay your comment. There is no need to resubmit your comment.