慶應スポーツ新聞会

【野球】早慶戦 序盤に得点を重ね逃げ切る。慶大、完全優勝を決める 早大②

優勝を決めマウンドに集まる選手たち

5月30日(月)慶大―早大 二回戦

雨天順延となり中1日空けて行われた早大2回戦。勝てば慶大の完全優勝が決まるという大一番。また1回戦で無安打に終わった伊藤の三冠がかかった試合でもありおおいに注目された。慶大は3回に伊藤と宮本真の連続適時打で早大先発の横山から4点を奪う。慶大は6回と8回に早大に得点を許し1点差に追い付かれるも、そのまま逃げ切りゲームセット。見事完全優勝を飾った。なお、惜しくも伊藤の三冠王獲得はならなかった。

  1 2 3 4 5 6 7 8 9  
慶大 0 0 4 0 0 0 0 0 0 4
早大 0 0 0 0 0 2 0 1 0 3
慶大:○竹内大、福谷―阿加多

早大:●横山、高梨、大野健、有原、高橋哉―地引、市丸

慶大出場選手

  ポジション 選手名(学部学年・出身高校)
1 [8] 辰巳(文3・郡山)
2 [4] 金田(政4・土佐)
3 [5] 山﨑錬(商3・慶應)
4 [9] 伊藤(環4・中京大中京)
5 [7] 宮本真(政4・慶應)
6 [2] 阿加多(法3・慶應)
7 [3] 鈴木裕(商3・慶應)
  [H] 溝口(政3・慶應)
  [3] 神田(経4・慶應志木)
8 [6] 福富(商3・慶應)
9 [1] 竹内大(環3・中京大中京)
  [1] 福谷(理3・横須賀)
完全優勝がかかる大一番、慶大の先発は第1戦と同じく竹内大、早大の先発は横山となった。両先発は初回と2回を無得点に抑え、上々の立ち上がりを見せる。

貴重な適時打を放った宮本真

試合が動いたのは3回表の2死から。辰巳(文3)が中堅へのヒットを放つと後続の金田、山崎錬が四球と死球で出塁。4番・伊藤(環4)の前に満塁のチャンスを作る。この上位打線の奮起に伊藤は応える。横山の球を右翼線に運び2点適時打。続く宮本真(政4)も中堅にヒットを放ちその間に2人が生還。この回で4点を奪う。

慶大先発の竹内大は5回まで早大打線を2安打無得点に抑え込む好投を見せ、早慶戦連勝での完全優勝を感じさせる。

5勝目を挙げた竹内大

だが6回、慶大はピンチを迎える。竹内大から無死1,2塁のチャンスメイク。ここで竹内大がワイルドピッチ、そしてそのこぼれ球を拾った阿加多が3塁へ悪送球。1点を返される。続く土生のセカンドゴロの間にランナーが進塁し1死3塁。そして4番杉山のショートゴロの間にランナーが生還。この回2点を許す。

慶大は7回に大野健、8回に有原に抑え込まれ無得点。

そして8回、早大が底力を見せる。福谷が1死1、3塁のピンチを背負うと、この日2打数2安打の地引がライトへヒットを放ち1点を返される。さらに続く市丸が犠打、渡邊侑が11球粘った末に四球を選び2死満塁のピンチを背負う。だが福谷が代打の徳井をセンターフライに抑えピンチをしのぐ。慶大は1点リードで最終回を迎える。

最後は四球を選んだ伊藤

9回表、福谷がヒット、山崎錬が四球を選びチャンスをつくる。バッターは三冠王のかかる伊藤。ここで伊藤は四球を選び、この日3打数1安打2四球。安打1本及ばず三冠王を逃した。チャンスは継続するも続く宮本真が凡退し、慶大は無得点に終わる。

9回裏、守護神・福谷が先頭の代打佐野、続く川西を空振り三振に抑えあとアウト1つ。だがここで佐々木がセンターオーバーの3塁打を放ち一打同点の場面で主将・土生を迎えることになる。だが福谷は絶妙のコントロールで土生を見逃し三振に抑え試合終了。慶大の優勝が確定し、選手達がマウンドに集まった。

9回は三者三振で締めた福谷

圧倒的なチーム力を見せつけ見事完全優勝を飾った慶大。だが全日本大学選手権が迫っている。去年はベスト4で敗退したためにリベンジが期待される。日本一になるために、慶大の戦いはまだ終わらない。

By Ryuraro Moto

なお、ベストナインには外野手に伊藤隼太主将(満票)と三塁手に山﨑錬選手(21票)が選ばれました。(満票は22票)

Leave a Response

Please note: comment moderation is enabled and may delay your comment. There is no need to resubmit your comment.