慶應スポーツ新聞会

【テニス(女子)】下級生が躍進!ルーキー佐藤と平田がベスト8進出/ 関東学生テニストーナメント大会 本戦4日目

 

ベスト8進出を決めた平田

本戦4日目を迎えた関東学生テニストーナメント大会。慶大から5名の選手が3回戦に登場。そのうち注目のルーキーの佐藤南帆(環1・日出)と平田歩(総2・岡山学芸館)の2人が3回戦を突破すると、4回戦も突破し、ベスト8進出を決めた。

 

2019年度関東学生テニストーナメント大会

 

2019年5月4日

 

女子シングルス3R

 

 ● 永田杏里

0 {6-1、6-3} 2

  岩井真優(筑波大)

 ● 向井マリア

0 {0-6、4-6} 2

  佐藤南帆

 ● 板垣恵美里

0 {1-6、4-6} 2

  押川千夏(早大)

 〇 平田歩

2 {6-1、6-4} 0

  宮田みほ(明大)

 

 

女子シングルス4R

 

〇 平田歩

2 {6-3、7-6(5)} 0

  倉持美穂(早大)

〇 佐藤南帆

2 {6-0、6-2} 0

   吉岡希紗(早大)

 

 

■慶應義塾大学蝮谷コート■

ルーキーの佐藤南帆

  女子シングルス3回戦では、向井マリア(環4・城南学園)と佐藤南帆(環1・日出)の同校対決が行われた。第1セットで相手を圧倒したのは佐藤。第1ゲームのブレークに成功すると、その後も安定したプレーを見せて向井に1ゲームも譲らない。第2セットへ突入したあとも佐藤のペースで試合が進むと思われたが、向井も気迫あふれるプレーで意地を見せる。前のセットとは打って変わって拮抗した展開の中、佐藤が6ー4で向井を下して4回戦へ駒を進めた。

  佐藤は4回戦でも早大の吉岡を前に圧巻のテニスを見せる。3回戦と同様に第1セットを6-0で奪取すると、第2セットでもパワフルかつ正確なショットを武器に相手を翻弄し続けた。終始全く相手を寄せつけないままゲームセット。注目のルーキーが、見事なストレート勝ちでベスト8入りを果たした。

第2セットで4年生の意地を見せた向井マリア

■立教大学新座テニスコート・その他の会場■

フォアハンドを打つ板垣恵美里

 板垣恵美里は、「先手先手を打たれた」と話すように、序盤から守りに入る場面が多く、第1セットを1-6で落とす。続く第2セットで「いろんなボールを混ぜて相手を崩すことにフォーカスして、戦略を思いきり、大きく変えることを意識した」と積極的なテニスを展開。パワフルなフォアハンドやロブなど、多彩なショットで相手と互角に競り合うが、終盤に力尽きてしまい、無念のストレート負けとなった。

 一方の平田歩(総2・岡山学芸館)は、ベスト8進出を決めた。3回戦で明大の宮田みほに6-2、6-3とストレート勝ちを収めると、4Rで早大の倉持美穂と対戦。第1セットは、平田が圧巻の強さを見せ、6-3と獲得。しかし、第2セットは、第1セットと打って変わって、大接戦となった。序盤は、相手ペースに飲み込まれ、劣勢になるが、中盤から追い上げ、タイブレークに突入。激しい打ち合いとなったが、平田が鋭いクロスを中心としたラリーで主導権を握り、タイブレークを制した。

 注目のルーキーの一人である永田杏里(総1・南山)は、筑波大の岩井真優と対戦。上級生の実力を見せつけられ、1-6、3-6とストレート負けを喫した。

 

 

(記事:川下侑美、萬代理人 写真:結城和臣、萬代理人)

 

 

板垣恵美里(環3・学習院)

 

――先の試合を振り返ってみてどうでしたか

今回の試合はインカレがかかった試合で、自分はベスト32に入れたらインカレ本戦出場が確定でした。なので、とりあえずの目標は達成したと自分の中で思っていました。そしてその先はあまり考えずに、どんどんチャレンジしていこうという気持ちで戦いました。

 

――第2セットの追い上げは見事でした。何を意識して第2セットに臨みましたか

第1セットは1-6というロースコアで抑えられました。私は結構長いラリーをして、そこからチャンスで攻めていくというスタイルなのですが、相手はラリー応酬の前に結構攻めてきまして、結果先手先手を打たれました。なので第2セットでは切り替えて、前半相手に動かされたように、ドロップショットや弾道の高いボールを打ち、速いボールなどのタイミングをずらしたり、深いボールと浅いボールと混ぜたりと、いろんなボールを混ぜて相手を崩すことにフォーカスして、戦略を思いきり、大きく変えることを意識しました。そのため、第2セットではドライブボレーに出たり、ガンガン前に出たりもしました。

 

――今大会全体を振り返ってみてどうでしたか

先の試合の第2セットで課題が多く見つかりました。その1つが、先手を打たれた時の対処の仕方。2つ目が、繋げるところともっと攻めていくところのメリハリ。これが特にインカレまで成長すべき点だなと思いました。最後の1つは、もっと前に詰めて行ける展開が多かったので、ネットプレーはもっと上手くしたいということです。先の試合含めて、この大会全体を通して課題がはっきり見つかりました。

 

――今後に向けて意気込みをどうぞ

近い試合は早慶戦、インカレと続くので、一歩ずつでも自分で着実に進歩できるように、課題を一つ一つ克服して、どんどん成長していきたいと思います。

Tagged as:

Comments are closed.