慶應スポーツ新聞会

【テニス(男子)】優勝候補の羽澤、今村がベスト8進出/ 関東学生テニストーナメント大会 本戦4日目

ベスト8進出を決めた今村

連日熱戦を繰り広げる関東学生テニストーナメントも4日目を迎え、いよいよ佳境に突入する。この日は4つの会場に分かれてシングルス3・4回戦が行われた。慶大男子部からは6名の選手が3回戦に出場。そのうちの4名が4回戦進出を断たれる中、羽澤慎治(環1・西宮甲英)と今村昌倫(環3・清風)の2名は圧巻のプレーで4回戦を突破。危なげなくベスト8進出を決めた。

 

2019年度関東学生テニストーナメント大会

 

2019年5月4日

 

男子シングルス3R

 

 〇 今村昌倫

  2 {6-4、6-1} 1

   佐々木健吾

 ● 福田真大

0 {2-6、3-6} 2

  千頭昇平(早大)

 ● 成耀韓

1 {6(5)-7、6-3、7-(6)6} 2

  古賀大貴(早大)

 ● 甲斐直人

1 {3-6、6-3、6-2} 2

  工藤颯人(亜大)

 ○ 羽澤慎治

2 {4-6、6-2、6-2} 1

  平林輝(駒大)

 

男子シングルス4R

 〇 今村昌倫

2 {6-4、6-1} 0

  木元風哉(早大)

○    羽澤慎治

2 {6(7)-7、6-3、6-1} 1

  柚木武(法大)

 

 

 

■慶應義塾大学蝮谷コート■

 男子シングルス3回戦でも、今村昌倫(環3・清風)と佐々木健吾(環2・高松北)が同校対決に臨んだ。第1セット、ビハインドから佐々木が粘り強さを武器に追い上げを見せると、ゲームカウントは4ー4に。だが直後に今村がブレークに成功すると、次のゲームも奪取してこのセットをものにした。第2セットでもその勢いは止まらず、終わってみれば6ー1。勝負所での正確なショットが冴えわたった今村が、ストレート勝ちで4回戦に進んだ。

 今村が次に対戦したのは早大の木元。序盤から一進一退の攻防が続いたが、ゲームカウントを3-2としたところで雷鳴のため一時中断に。試合はインドアコートでの再開となった。互いにキープを続けたが、最後は今村がブレークに成功し6ー3でこのセットを奪う。迎えた第2セットでも両者によるキープのし合いは続き、ゲームカウントは6ー5に。激しいラリー戦が繰り広げられた末に今村がブレークに成功し、ゲームセット。女子シングルスに続いてベスト8入りを決めた。

第1セットで今村と互角に渡り合った佐々木

■青山学院大学緑ヶ丘テニスコート■

ラリーをつなげる甲斐

 甲斐直登(環4・日出)のシングルス3回戦。「自分のペースでしっかりとラリーしていけた」と振り返る第1セットはその言葉通り、鋭いコースのボールで相手を振り回しラリーの主導権を握る。チャンスボールを着実に決めていくと、第1セットを6-3で危なげなく先取。そのまま流れに乗りたい第2セットだったが、相手選手が粘り強いラリーを展開すると、攻撃機を失い徐々に失速。めげずに自ら仕掛けていく分ミスも増え、3-6、2-6とセットを落とし、無念の敗北を喫した。

大接戦を演じた成

 この日一番の死闘を繰り広げた成耀韓(総2・埼玉栄)。序盤から両者は力強いストロークで打ち合い、熾烈なシーソーゲームが続いた。タイブレークまでもつれた第1セットはあと一歩のところで落とすも、「自分のギアを上げて」臨んだ第2セットでは攻撃がはまり、終始自分のペースを貫いた。迎えた最終セット、白熱したデュース戦の末に勝負の行方は2度目のタイブレークに託された。ここでサービスエースを連発させた成が先に流れをつかみ、一時はマッチポイントを握った。しかし、勝利へはあと一歩が足りなかった。粘る相手選手を前にまさかの逆転を許すと、そのまま押し負けスコア6-8でこのタイブレークを落とした。4時間を超える大接戦の末敗れた成は、悔しい3回戦敗退となった。

 

■その他の会場■

スライスを打つ福田

 福田真大(商4・慶應湘南藤沢)は、立教大学新座テニスコートで3回戦に臨んだ。最初のゲームを獲得し、幸先の良いスタートを切ったが、それ以降ミスが目立つなど、流れが相手に傾き、第1セットを落とす。第2セットは、巻き返しを図りたいところであったが、悪い流れを変えられず、3回戦で敗退となった。「もっと自分のプレーを出したかった」と福田は、悔しさをにじませた。

 優勝候補の一角である羽澤慎治(環2・西宮甲英)は、早稲田大学東伏見コートで駒大の平林輝に勝利を収め、4Rで法大の柚木武と対戦。第1セットはタイブレークを落とすが、第2セットと第3セットを連取。見事ベスト8進出を果たした。

 

(記事:川下侑美、堀口綾乃、萬代理人 写真:堀口綾乃、結城和臣、萬代理人)

 

福田真大(商4・慶應湘南藤沢)

 

――今日の試合を振り返って

対戦相手は、高3のときに負けた相手でした。トラウマのようなものはありました。高3のように自分の力を出せずに終わり、それが相手の強さだと思います。もっと自分のプレーを出したかったと率直な感想です。

 

――相手の印象は

相手もミスがありましたが、それ以上に自分のミスもありました。ここぞという場面で相手が積極的に前に出て、ポイントを取りましたが、逆に自分は守りに入ったので、そこは差だと思います。

 

――シングルスを振り返って

もっと上に行きたかったです。その思いが強いですね。

 

――ダブルスに向けての意気込み

もうダブルスしか残ってないので、しっかりダブルスで優勝できるように頑張っていきたいです。

 

 

甲斐直登(環4・日出)

 

――今日の試合を振り返って

ファーストセットは自分のペースでしっかりとラリーしていけたんですけど、セカンドセットから相手が戦術を変えてきて、粘り強いラリーをしてきたときに自分からなかなか上手く攻めることができなくて、相手に流れを渡してしまったのが敗因だったかなと思います。

 

――セカンドセットを落とし、ファイナルセットはどのように臨みましたか

相手が粘ってくることはわかっていたので、自分が今までやってきたことを信じてどんどん前に入っていこうと思ったんですけど、そこで相手が思った以上に粘り強くやってきて、形では自分が攻めていたが、最後に一本決めきれなかったかなと思います。

 

――今大会、ご自身のシングルス戦での戦いぶりを振り返って

正直満足のいく結果は全く出せなかったんですけど、出てしまった結果はしょうがないのでしっかりとこれを受け止めて、まずは1週間後にある早慶戦で勝てるように。この結果を見てそこで勝つことは絶対に簡単なチャレンジではないと思うので、全力でそこに向けて準備していきたいです。

 

――今大会、羽澤選手と組んだダブルスを振り返って

あのダブルスは初めて組んだこともあって、ファーストセットお互いに動きが硬くなってしまって、セカンドセットから自分たちの持ち味が出たんですけど、結局ファイナルで相手に思いきりやられて負けてしまった試合でした。まだわからないんですけど、早慶戦でも出る可能性はあるので、今年は自分自身がダブルスで一本取れる選手になるために、あの試合があったからこそ夏勝てたと思えるような試合にしていきたいです。

 

――最後に早慶戦へ向けての意気込みをお願いします

もちろん春関の結果を見てそこで勝つことは簡単なチャレンジではないんですけど、個人戦と団体戦とは全くの別物で、慶應はチームで戦う団体戦が強いと思っているので、自分だけじゃなくてチーム一丸となって1週間頑張っていきたいです。

 

 

成耀韓(総2・埼玉栄)

 

――今日の試合を振り返って

本当に勝てなくて悔しい気持ちでいっぱいです。すごく競ったうえで、自分に勝てるチャンスが2回もあったのに、それが取りきれなかったことをすごく悔しく思っています。

 

――第2セットはゲームを優位に進めたが

ファーストは相手のことを考えながらプレーしていた結果取られてしまったので、セカンドセットは逆に自分のギアを上げてみて、相手がどう崩れるのかを見てみたくてどんどん前でプレッシャーをかけていきました。その結果セカンドセットは取れたんですけど、気持ち的にはあまりやりたくはないテニスでした。

 

――多くのポイントを稼いだサーブについて

サーブがあまり得意ではなかったので、それをひたすら練習してサーブでポイントを取れるというのがここ最近上手くでき始めてきたんですけど、エースよりも自分のダブルフォルトのミスの方が今日はちょっと多いと思うので、そこは悔しいところです。

 

――今大会、シングルス戦を振り返って

インカレでベスト8以上に入りたいという目標があって、この大会でも結果を出せないとインカレでも勝てないということはわかっていたので、そのつもりで臨んではいたものの、結果としてはファイナルのギリギリの場面で負けてしまいました。悔しいですけど、全日本に繋がるプレーがいくつかできたかなと思うので、そこをポジティブに捉えて全日本に向けて準備していきたいです。

 

――明日のダブルスに向けて

去年ベスト16で負けたので、今回は佐々木(健吾=環2・高松北)と一緒にベスト8以上に春関で食い込めるように、次の対戦相手は法政大学のD1(鈴木保貴・柚木武ペア)ですが、そこに立ち向かえるように二人で頑張っていきたいです。

 

 

佐々木健吾(環2・高松北)

 

――本日の試合を振り返って

今日は、負けてはしまいましたが、自分の特徴である粘り強いプレーとネットプレーを上手く組み合わせて自分でも納得のいくプレーができました。それでも、勝つことはできなかったので、収穫と課題の両方が見つかったと思います。

 

――今村選手との対戦となりましたが、どのような思いで臨まれましたか

今まで一回も勝ったことがない選手ですが、これまでやってきたことを最大限に発揮して、絶対に勝つという気持ちで臨みました。

 

――今大会のシングルス戦全体を振り返って

自分の納得のいくプレーが徐々に出来始めていたので、もっと上位の成績を残したかったです。プレー的には全く悪くないので、インカレに向けて今回の大会で見つかった課題に取り組み、インカレでは上位の成績を残せるようにしたいです。

 

――最後に成選手とのダブルスに向けて意気込みをお願いします

2人の勢いとコンビネーションの良さを発揮して優勝目指して頑張ります!

 

 

 

Tagged as:

Comments are closed.