慶應スポーツ新聞会

【全日本大学野球選手権大会】vs東農大生産学部 初回のリードを守り、ベスト8進出へ

立ち上がりに3点を奪った慶大

6月8日(水)

慶大(東京六大学野球連盟代表)-東京農業大学生物産業学部(北海道学生野球連盟代表)  二回戦

先日のリーグ制覇により全日本大学野球選手権には2年連続の出場となった慶大。曇天の中行われた東京農業大生物産業学部(以下東農大生産学部)との一戦、慶大は山﨑錬(商3)の適時打などで5点を挙げると、投げては白村(商2)、山形(政3)、福谷(理3)のリレーで東農大生産学部打線を2点に抑え危なげなく快勝。昨年に続いての準々決勝進出を果たした。

   
慶大
東農大生産
慶大:白村、○山形、福谷―伊場、阿加多

慶大出場選手

  ポジション 選手名(学部学年・出身高校)
[8] 辰巳(文3・郡山)
[4] 金田(政4・土佐)
[5] 山崎錬(商3・慶應)
[9] 伊藤(環4・中京大中京)
[2][2] 伊場(政4・慶應)阿加多(法3・慶應)
[7] 宮本真(政4・慶應)
[D][D] 影山(総3・鎌倉学園)田中(商4・慶應)
[3][3] 神田(経4・慶應志木)渡邊(商2・慶應)
[6] 福富(商3・慶應)
投手成績
  投球回数 安打 三振 四死球 失点 自責
白村(商2・慶應)
山形(政2・土佐)
福谷(理3・横須賀)


早慶戦に続き勝利投手となった山形

シードされて2回戦からの登場となった慶大。迎えた初戦、慶大は初回、相手先発飯田の立ち上がりを攻め、連続四球で無死1、2塁とすると3番の山﨑錬(商3)が先制適時打を放ち、あっさりと先行する。その後も押し出し、内野ゴロで得点を重ねた慶大は、いきなり3点を先取。試合の流れを引き寄せる。

一方慶大の先発は白村(商2)。早慶戦では出番のなかった若き右腕は、久しぶりの登板に力んだか、初回から二つの四球などで、一死満塁のピンチを迎えるなど不安定な立ち上がりを見せる。それでも3回まで無失点に抑えたが、迎えた4回、一死から東農大生産学部に連打を許すと、9番渡邊が右中間を破る適時三塁打。この当たりで二者が帰り3ー2。慶大は一気に一点差に詰め寄られる。

9回にダメ押しとなる適時打を放った宮本真

しかし慶大もすぐに反撃。5回表、二死2塁からコントロールの定まらない東農大生産学部の玉井を攻め、三者連続四球を引き出し無安打で一点を追加する。さらに9回にも宮本真(政4)がこの日3打点目となる適時打を放った慶大。先制、中押し、だめ押しと効果的に得点し、理想的な試合運びを見せる。

一方投げては白村の後を継ぎ5回からリリーフした山形(政2)が3回、福谷(理3)が2回、二塁をも踏ませない完璧な投球を見せ、中盤以降のリードを守り、5-2で勝利。慶大は、前日勝利し勢いに乗っていた東農大生産学部を下し、2年連続の8強進出を果たした。

By Kenji Okamoto

Leave a Response

Please note: comment moderation is enabled and may delay your comment. There is no need to resubmit your comment.