慶應スポーツ新聞会

【全日本大学野球選手権大会】vs東京国際大学 山﨑錬が殊勲打!悲願の日本一まであと1勝!

値千金の勝ち越しタイムリーを放った山﨑錬

6月11日

慶應義塾大(東京六大学連盟代表)―東京国際大学(東京新大学野球連盟代表) 準決勝

昨年と同じく準決勝に勝ち進んだ慶大は、元広島監督の古葉竹識監督が率いる東京国際大学と対戦。序盤で先発の竹内大(環3)が4失点と苦しい展開になるも、リリーフで登板した山形(政2)、福谷(理3)が好投し試合を作る。すると6回に阿加多(法3)のタイムリーなどで同点に追いつくと、最終回には山﨑錬(商3)が値千金の勝ち越しタイムリーを放ち、勝ち越しに成功。元プロ出身監督同士の対決としても注目された一戦は、江藤慶大が制しついに決勝の舞台へ駒を進めた。



   
慶大
東京国際大
慶大:竹内大、山形、○福谷‐阿加多

慶大出場選手



  ポジション 選手名(学部学年・出身高校)
[8] 辰巳(文3・郡山)
[4] 金田(政4・土佐)
[5] 山﨑錬(商3・慶應)
[9] 伊藤(環4・中京大中京)
[D] 伊場(政4・慶應)
  [R] 川島(政3・岐阜)
  [H] 田中聡(商4・慶應)
  [R] 齊藤雄(政3・慶應)
[2] 阿加多(法3・慶應)
[7] 影山(総3・鎌倉学園)
  [H7] 宮本真(政4・慶應)
[3] 鈴木裕(商3・慶應)
  [H3] 渡邊暁(商2・慶應)
  [3] 神田(経4・慶應志木)
[6] 大川(環3・済々黌)
  [H6] 福富(商3・慶應)
投手成績
  投球回数 安打 三振 四死球 失点 自責
竹内大(環3・中京大中京) 2 1/3
山形(政2・土佐) 1 2/3
福谷(理3・横須賀)

 

1死満塁を無失点で切り抜ける好リリーフを見せた山形

慶大の先発のマウンドには、準々決勝で見事な完投勝利を挙げた竹内大(環3)。しかし、初回に先頭打者の出塁を見方のエラーにより許すと、3番の榊原にタイムリーヒットを浴びあっさりと先制を許す。それでも直後の2回表に、伊場(政4)の四球、阿加多(法3)の安打などで、2死二、三塁とすると、大川(環3)の二塁ゴロを相手がタイムリエラー。2者が生還し、すぐさま逆転に成功する。

2回こそ三者凡退に切って取った竹内大だったが、3回に突如崩れる。1死後、連打で一、二塁とされると、相手の3、4番に連続タイムリーを許し、2点を失う。さらに自らのワイルドピッチでこの回3点を奪われて降板。竹内大は3回途中でマウンドを山形(政2)に託す。1死満塁と苦しい場面での登板となったが、相手打者を二塁フライ、空振り三振に抑え、さらなる追加点は与えない。その後5回までを投げた山形は、無安打無得点と好リリーフを見せた。

 

1死3塁のピンチも投ゴロ、空三振に抑えた

なんとか反撃に出たい慶大打線だったが、4回、5回を連続で三者凡退に抑えられ反撃の糸口をつかめない。ところがまたしても相手のミスからチャンスを作る。6回、1死一塁の場面で伊場は三塁ゴロ。併殺打かと思われたが、三塁手が二塁へ暴投し、一気に1死一、三塁とする。ここで、江藤監督は一塁走者の伊場に代え、代走の切り札・川島(政3)を起用。すると、阿加多がショート強襲のタイムリーを放ち、1点差に迫る。さらにショートがボールを弾く間に、川島が好走塁を見せ一気に三塁へ。なお1死一、三塁とし、続く影山(総3)の一塁ゴロで、試合を振り出しに戻す。

同点となった6回からは福谷(理3)が3番手として登板。リーグ戦で抜群の安定感を誇った慶大の守護神は6回、7回を危なげなく抑える。8回には先頭に安打を許すと盗塁、送りバントで1死三塁とされるも、代打の山田を投手ゴロ、次打者を渾身の直球で空振り三振に抑え、何とか勝ち越し点は与えない。

すると最終回、慶大が勝利への執念を見せる。先頭の福富(商3)が四球で出塁すると辰巳(文3)がこの日2つ目の送りバントをきっちりと決める。続く金田(政4)が倒れ、二死となったところで打席には山﨑錬(商3)。初球を振りぬくと打球はセンター前へ。二塁走者の福富が一気にホームをおとしいれ、前試合と同様、土壇場の9回で勝ち越しに成功する。さらに代打で登場の田中聡(商4)が右翼線にタイムリー二塁打を放ち、貴重な追加点を挙げた。

 

2塁から一気に本塁へ

序盤こそ苦しんだものの、中盤以降に粘りを見せた慶大が6-4で勝利。大会連覇を狙う東洋大(東都大学野球連盟)との決勝戦に臨む。これまで同様、決して楽な試合にはならないだろうが、もちろん狙うのは24年ぶり4度目の頂点。江藤監督就任以来、いまだ成し遂げていない日本一へ。『陸の王者』慶大がついに王手をかけた。

By Sho Yanagida

 

 

 

貴重な追加点を挙げた田中聡

選手コメント

田中聡

(今日の試合を振り返って)劣勢で苦しい展開だった。(相手チームの印象は)オープン戦で対戦して負けていたので不気味な存在だったがやはり厳しく苦しい試合だった。(9回に代打で貴重な追加点を入れたが)今まで代打として出場していたが打てていなかったので、何のためにベンチに入っているのだろうと苦しい思いをしていたので今日は打てて感無量だった。(明日への意気込みは)絶対優勝する。自分は出来ることをするだけ。

山﨑錬

(今日は注目を集める一戦だったが)初めてのプロ(出身の)監督対決というふうにマスコミは騒いでいたが、自分たちは特に意識せず目の前の一試合やるだけという気持ちで臨んだ。(厳しい試合展開だったが)厳しい中でも要所を締めて守れたので、自分たちの攻撃に勢いが出たし良かったと思う。(自身も決勝タイムリーを放ったが打席での心境は)なかなか自分としても結果が出ていなかったが、監督が信頼して3番で使い続けてくれているので何とか期待にこたえたいなというのと、監督もたくさんアドバイスをしてくださっていたのでそこで何とか結果を出したいという気持ちで臨んだ。(打った時はどんな気持ちだったか)本当に良かったな、ようやく打てたという感じでホッとした。(今日の試合のターニングポイントは)何個かあったと思うが、山形が出てきてしっかり抑えたというのと福谷のランナー三塁になった場面(8回裏)が試合の中ですごい重要な場面だったかなと思う。(明日の決勝への意気込みは)オープン戦でもやっていて本当にいいチームだなという印象があるので、総力戦になると思うが一つ一つアウトカウントを重ねて一点でも多く取って勝ちたいなと思います。

山形

(今日の試合を振り返って)苦しい展開だったが、最後に錬さんが勝負強く決めてくれてよかった。苦しかったが、明日に勢いをつなげられる試合だったと思います。(3回はピンチでの登板だったが)あそこでこれ以上失点したら一方的な展開だったので、0点に抑えようとマウンドに上がった。結果的にも0点に抑えられて流れをくい止めることができた。(その後の2回も三者凡退に抑え相手の勢いを止めましたが)いけるところまで投げて、福谷さんにつなげば勝機はあると思い投げました。(決勝戦への意気込みを)登板機会があれば、しっかりと投げてチームの勝利に貢献したいと思います。

Leave a Response

Please note: comment moderation is enabled and may delay your comment. There is no need to resubmit your comment.