慶應スポーツ新聞会

【テニス(男子)】シングルス下位が踏ん張り、明大に辛勝/関東大学テニスリーグ 明大戦

王座出場に向けてのリーグ戦が開幕した。9-0を目指した慶大だったが、羽澤慎治(環2・西宮甲英)が敗れるなど、明大に苦戦。シングルス下位のS6伊藤竹秋(法2・慶應)、S5甲斐直登(環4・日出)が踏ん張り、5-4というスコアで明大に勝利した。

 

慶大

スコア

明大

D1 ○福田・今村

2{6-0,6-2}0

小坂・北岡

D2 ○川島・羽澤

2{6-3,6-2}0

森・町田

D3 ●佐々木・成

1{6-3,6(6)-7,3-6}2

合戸・安森

S1 ○今村

2{6-1,6-4}0

河内

S2 ●羽澤

0{1-6,4-6}2

田中

S3 ●平山

1{1-6,7-6(5),1-6}2

蓮見

S4 ●成

1{6-2,ret2-4}0

市川

S5 ○甲斐

2{6-3,6-0}0

S6 ○伊藤

2{6-2,6-1}0

合戸

合計5

 

関東学生テニスリーグ 明大戦

 

2019年9月2日@法政大学テニスコート

 

※試合が終わった順に戦評を掲載しています

 

ダブルス

慶大2-1明大

 チームの初戦を引っ張るのはやはり福田真大(商3・慶應湘南藤沢)・今村昌倫(環2・清風)組だった。第1セットは序盤から今村の強烈なサーブで主導権を握ると、その後も二連続でリターンエースを決めるなどといった勢いのままに6ゲーム立て続けに取り、1セットを勝ち取る。迎えた第2セットは中盤に2ゲーム連続で取られるなど第1セットほどの勢いは無かったが安定したテニスで2セット目を勝ち取り、慶大の初勝利を飾った。

 

D2川島・羽澤組は積極的なネットプレーで流れをつかみ、序盤から順調にゲームを連取していく。5-1で迎えた7ゲーム目ではミスが出てブレークを許すも、その後羽澤が強烈なサーブでゲームを奪い、このセットを取り切る。続く第2セットは勢いを落とすも着実にキープを重ね、5ゲーム目をデュースの末にブレークに成功。最後は川島のボレーが冴え渡り、余裕のストレート勝ちを収めた。

 

慶大のD3は、夏関を制覇した佐々木・成組。テンポの良い息の合ったプレーを披露し、第1セットを6-3で取る。第2セットは、激しい打ち合いになり、タイブレークまでもつれる。要所でミスが目立ち、一時3-6と苦しい展開を強いられるも、ここから3ポイントを連取し、6―6に。このまま佐々木・成組ペースで進むと思われたが、最後の2ポイントを連取され、第2セットを落とす。続く第3セットでは、ストロークが安定せず、ラリー戦で主導権を握れなかった。結局、このセットを3-6で落とし、「ダブルスで3―0」(福田)を目     指した慶大にとって痛い敗戦となった。

 

シングルス

慶大3-3明大

 

S2を任されたのは若きエース羽澤だったが、第1セットはミスショットが多く目立つ。1セット目の間に修正できることが出来ずに1−6で落としてしまった。取り返したい第2セット、苦しい展開が続くが粘り強いテニスを続け10ゲーム中6ゲームでデュースに入る拮抗した試合内容であったが、最後は相手に押し切られ、4−6で2セット目も落とし、まさかの敗戦となってしまった。

4年目のリーグ戦に臨む平山浩大(環4・京都外大西)はS3で出場。序盤から粘り強いラリーで耐久戦を持ちかけるも、ミスが続きなかなか流れをつかめず。第1セットを1-6で落としてしまう。しかし、4年の意地をかけて挑んだ第2セットは根気強くラリーを続け、一進一退の展開に持ち込む。タイブレークまでもつれた接戦を制し、見事このセットを奪い取った。勢いそのままに臨みたい第3セットだったが、足の不調から思うようなプレーができず。1-6でファイナルセットを逃し、悔しい敗戦となった。

 

S4の成耀韓(総2・埼玉栄)は序盤から粗さが見られるものの強烈なフォアハンドを武器に攻め続け1セット目を6−2で勝ち取る。2セット目も順調に2ゲームを先取したが、4ゲーム目に足を負傷し満足なプレーな出来なくなってしまう。結局、成は棄権となり、慶大にとっては痛い一敗となってしまった。

S6伊藤は、「球の質を変えずに安全に打って、相手のミスを誘う」という新しいプレースタイルが奏功し、安定したストロークで主導権を握る。第1セットを6-2で奪うと、第2セットも長いラリーにより体力が消耗している相手を圧倒。2年目にしてリーグ戦初勝利を飾った。

「自分自身も後悔したくない」と強い気持ちでリーグ戦に臨んでいるS5甲斐。試合開始からストローク、ボレー、サーブが冴え、安定したラリーでポイントを重ねていく。第1セットを6-3で奪取すると、第2セットでも「結構疲れている」という相手にラリー戦を持ち込み、付け入る隙を全く与えなかった。このセットを6-0で取り、慶大に貴重な勝利を上げた。

リーグ戦の勝利の行方は、S1今村昌倫(環3・清風)にかかった。第1セットは、力強いストロークで相手を圧倒。6-1でこのセットを奪うが、続く第2セットは、サービスゲームのキープが続くなど、一進一退の攻防に。4-2と迎えた第7ゲームでブレイクを許してしまうも、ストロークで相手のミスを誘発。第10ゲームでブレイクに成功し、慶大の勝利が決定づけた。

 

 

(記事:萬代理人、堀口綾乃、國本葉月 写真:萬代理人、堀口綾乃)

 

 

◆選手コメント        

 

福田真大 (商4・慶應湘南藤沢)

 

━━開幕に向けてチームとしてどのような準備をしてきましたか

やっぱり9−0を付けに行くというのが日本一に必要なことだと思っていて、まずダブルスで3−0、そしてシングルスで6−0でというのを目標にやって来たので、今日は色んなハプニングがあって、そこは出来なかったんですけど最後、4−4からエースの今村が取り切ってくれたのは良かったかなと思います。

 

━━福田選手個人としては今日の試合はどうでしたか

結構良かったかなと率直に感じていて、僕らは100パーセント勝ってほしいとみんな思っていたと思うし、それ以外にもD2、D3に流れを持ってくというのが必要だったので、しっかりロースコアで抑えられたのは良かったのかなと思います。

 

━━怪我人が出るなどトラブルがありましたが、チームとしてはどうでしたか

まず足をつったりだとか、後は整列に間に合わなくてウォークオーバーが起きかけた中で、他の部員が踏ん張ってくれたというのは凄くチームとして良かったかなと思いますし、足をつった選手も沢山いたと思うんですけど、つったことは悪いことだと思うので、この二日で修正してまた次の中大戦に臨みたいと思います。

 

━━最後に次戦への意気込みを

まずダブルスで3−0、シングルスで6−0付けたい気持ちは変わらないので、まずはダブルスで出る選手が最初に流れを作って、シングルスに繋げたいなと思います。

 

甲斐直登(環4・日出)

 

――試合を振り返って

チームがあまり気持ちよくない時間帯ではあったのですが、自分が4年生として良い流れを持ってきたいという思いを持ちながらコートに入りました。試合の内容としては、昨日からしっかりと相手のビデオを見て、相手が何をやってくるのかはわかっていたので、ゲームプランに集中してやることを徹底できたかなと思います。

 

――チームとしての戦況が苦しく、負けられない試合となりましたが

プレッシャーは考えてもしょうがないので、そういったことをどれだけ考えずにコートに入れるかということが僕は大事だと思っています。しっかりとコートに入ってからは自分のやるべきことに集中しようと考えていました。

 

――第2セットは6-0と圧倒しました

ファーストはラリー戦が長くてきつかったんですけど、相手を見たら結構疲れているのがわかったので、無理しなきゃ大丈夫だと思えました。相手の疲れを見れたことはよかったです。

 

――リーグ戦開幕をどのように迎えましたか

自分にとっては4年間で最後のリーグ戦ということで、自分自身が後悔したくないし、ゲームとしてもここのリーグ戦を通過しなければ王座には行けないので、この5戦でどれだけ自分たちの100%出し切れるか、リーグ戦を勝ち切れるかということに集中して準備してきました。

 

――4年目のリーグ戦にはどのような思いがありますか

まずはこの2週間で完全燃焼して、勝っても負けても悔いの残らない2週間にしたいです。

 

――次戦に向けて

個人としてもチームとしても良かった面、悪かった面があると思うので、しっかりとこの中2日で課題を潰して、自信を持った状態で臨めるように頑張ります。

 

伊藤竹秋(法2・慶應)

 

――今日の試合を振り返って

去年は2試合ほど団体戦に出場しました。1勝も上げずに悔しい思いをしました。今年も戦えるチャンスをもらえたので、絶対に勝とうという気持ちで試合に入りました。結果的にその気持ちがあったので、プレーの質が上がったと思います。

 

――堅実なラリーを見せました

インカレでは自分が結構攻めていてエースを積極的に取るというのを続けました。そこで出た課題は、ウィニングショットに頼りすぎて、自分のリスクを高めました。相手を楽にさせてしまうという課題が浮き彫りになりました。このリーグまでの2週間ぐらいでコートを狭く考え、球の質を変えずに安全に打って、相手のミスを誘うというプレースタイルに変更しました。それがかなりフィットしたと思います。そこがストロークの安定感につながっていると思います。

 

――中大戦に向けての意気込み

自分はまたシングルスの下位で出ると思いますが、いい流れを持ってこれるように今日みたいな気迫のあるプレーをしたいです。

Comments are closed.