慶應スポーツ新聞会

【男子テニス】早慶戦を二倍楽しむための直前特集 第2弾・副将対談 加藤大地・塩田裕司

早慶戦を二倍楽しむための直前特集・第2弾 副将対談 加藤大地・塩田裕司 
 
 

引き締まった表情で目標を掲げる加藤副将

力強い字で抱負を書いた塩田副将

慶大庭球部を下から支える二人の3年生副将がいる。加藤副将(環3)と塩田副将(総3)だ。全国優勝できるチームになるためにどうすればいいか思案した末に生まれた3年生副将コンビ。やはり課題はいかに早大を破るかにあるだろう。だが春関や関東オープンにおいても早大に水をあけられている今季、ぜひとも早慶戦で一矢報いたいところである。惨敗を喫した昨年の早慶戦から一年。二人の副将が早慶戦に懸ける思いを聞いた。

 

  
 
     

―昨年を振り返って

加藤 去年はなかなか思うようにいかないことが多かった。ダブルスは多少勝てていたがシングルスは全然だった。今年になって自分がチームの軸となって戦えるような選手になろうと思いながらがんばってきて、だいぶまとまってきているので、あとは早慶戦戦えるように作っていくだけです。  

塩田 昨年は春先の出足は良かったのですが、それ以降思うように結果が出ずに調子を落としてしまっていたので、早慶戦に向けてはけっこう上げてきている。今年に入ってから根本的にテニスを変えた部分があるので今試している段階です。 

―副将になった経緯やきっかけは 

加藤 日本一になるチームになるために、3年生もチームのことを考えて行動しようということで3年生の副将になりました。 

―副将になって変わったことは 

塩田 下から見られており、チームの中心になっているので、責任のある行動を目指しています。 

―チームの状態、雰囲気は 

加藤 活気のあるチームで、前向きで、元気いっぱいです。

塩田 だめなときはミーティングなどをしてその都度考えています。ポジティブなチームです。 

―今の課題は 

加藤 チーム全体ではダブルスの強化に取り組んでいます。個人的にはファーストタッチの強化、リターン、ファーストボレーの強化に取り組んでいます。

塩田 勝負どころでのポイントの取り方。自分的には攻撃力の強化です。

―自分のチームにおける役割は 

加藤 副将なので、学年関係なくチームを引っ張ることです。

塩田 副将としてチームを引っ張り、メンバーとして勝利することです。

―プレーの持ち味 

加藤 スケールの大きいテニス、泥臭さですね。

塩田 ディフェンシブな粘りのテニスです。

―ライバルを挙げるなら 

加藤 チーム内でも1番を目指しているし、プロにも勝ちたいと思っています。

塩田 早慶戦で当たりそうな早大の廣田選手に勝ちたいです。

―趣味は 

加藤 釣りですね。大学入ってから行けていませんが。

塩田 読書ですかね。漫画読みます。

―座右の銘は 

塩田 虎穴に入らずんば虎子を得ず、ですかね。 

加藤 一生懸命って言葉が好きです。 

―試合時の験担ぎ等は 

加藤 僕はいろいろありますね。試合中はサーブ前に必ず「7回」ボールをつきますね。体のケアも毎日欠かさないですね。

塩田 負けた時のウェアは着ないかもしれません。試合の前日はバナナとヨーグルトが欠かせません。

加藤 朝、牛丼食います!!

―食生活は 

塩田 けっこう外食が多いですね。

―今部内で流行っていることは 

加藤 うーん、わからないですね(笑) 

―プライベートとの区別はきっちりですか 

加藤 僕はそうですね。たまに部員と食事に行くこともありますが。 

―好きな芸能人は 

塩田 僕はたくさんいすぎて絞れませんね(笑)最近は・・・AKB全般ですかね。詳しくは分かりませんが(笑) 

―慶大庭球部の長所は 

加藤 勝負への熱さ、執着心です。

塩田 やっぱ泥臭さ、一致団結するチーム力の高さですね。

―慶大でよかったと思う瞬間は 

塩田 やっぱり、日本一になったらその時が慶大で良かったなと思える瞬間になるのではないでしょうか!

―昨年までの早慶戦は 

加藤 リーグでは3-6だったが春は0-9でした。最初浮き足立ってしまった。

塩田 昨年はじめて出たが、雰囲気がやっぱ他の試合と全然違った。今年も自分の力を出し切れるかっていうのは鍵になると思う。 

―早大で特に意識している選手は 

加藤 春関でボコボコにやられたんで、片山選手は対抗心感じています。 

塩田 廣田選手です。去年負けたっていうのもありますし。 

―やはり早慶戦は特別か 

加藤 はい、やはりそこはすごい歴史の重みみたいのを感じています。慶應の一員として誇りをもってやりたいと思っています。

塩田 早慶戦以外はどこもやっていないので、やっぱ違うんだな。と思います。

―最後にずばり早慶戦への熱い抱負を 

加藤 自分がシングル、ダブルで勝って、あとはチームを信じて、絶対倒したいと思います。

塩田 絶対に勝利をもぎ取る。ただそれだけです。

  

 
 
 
 
 
 
 
 

 

真剣な面持ちで今季を振り返る加藤副将

◆加藤 大地(かとう・だいち)

1990年8月13日生まれ。三重県・鈴鹿高校出身。環境情報学部3年。身長182cm、体重87kgの恵まれた体格から繰り出される豪快なサーブは球速200kmを超える。春関ではダブルスベスト4、関東オープンではダブルス準優勝と、優勝こそ逃しているものの安定した実力を発揮。今季は3年の副将に就任し、名実ともに慶大庭球部を支える。 

  

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 

 

和やかな表情で話す塩田副将

◆塩田 裕司(しおだ・ゆうじ)

1990年11月30日生まれ。福岡県・柳川高校出身。総合政策学部3年。安定したストロークを武器に、粘り強く相手に食らいついて離さない。本来の守備的なテニスに加え、今季は攻撃面の強化にも取り組んでいる。今季は3年生ながら副将としても選手としても慶大庭球部の勝利に貢献する。 

 

 

 

 

By Yuya Matsuda

 

 

Leave a Response

Please note: comment moderation is enabled and may delay your comment. There is no need to resubmit your comment.