慶應スポーツ新聞会

12安打11得点!打線爆発で連勝を飾る オータムフレッシュリーグ in静岡 静商戦

11月21日(土)オータムフレッシュリーグ in静岡 静商戦 @草薙球場

先制の一打を放った宮崎

第1試合の静大戦を勝利で飾った慶大は、第2戦の静岡商業高校戦に臨んだ。慶大は1回裏、足を絡めた攻撃でチャンスを作ると、4番、宮崎恭輔(環1・國學院久我山)が左翼オーバーの適時二塁打を放ち、先制に成功する。4回裏には5連打を含む6安打、打者10人の猛攻で一挙7得点を挙げて突き放した。投げては先発の島津大河(商1・高志高校)が4回表に2点を失うもテンポの良い投球で試合を作ると、その後は継投で逃げ切り、11-2で勝利をおさめた。

 123456789
静大0022000002
慶大2027000011

静商バッテリー:小松、中澤、大橋、小西-菊池

慶大バッテリー:島津、魚住、久保、田中瑛-善波、千坂

 

◆慶大出場選手

 ポジション選手名(学部学年・出身高校)
[8]五十嵐孝起(環2・慶應湘南藤沢)
高松克尚(商2・慶應)
[6]大坪寛(経1・県立船橋)
柳川聖和(総2・日大習志野)
[9]齋藤來音(環1・静岡)
[DH]宮崎恭輔(環1・國學院久我山)
北村謙介(総2・東筑)
[3]関展里(環1・慶應)
吉川海斗(法1・慶應)
佐藤一朗(商1・慶應)
[7]小林遼也(商1・慶應)
[4]渡邉大輝(商1・県立福島)
松永幸哉(理2・新潟)
[2]善波 力(商1・慶應)
千坂卓海(商1・慶應)
[5]米村響生(商2・畝傍)
[1]島津大河(商1・高志)
魚住幸佑(経1・県立船橋)
久保慶太(商1・大分上野丘)
田中瑛高(経1・渋谷教育学園幕張)

 

日差しが照りつけ、汗ばむ陽気となった草薙球場。普段はなかなか見ることのできない高校生との試合。金属バットの打球音が草薙球場に響き渡っていた。

立ち上がりの1回表、先発島津は変化球を織り交ぜたテンポの良い投球で三者凡退に斬りリズムを生む。その流れに乗りたい打線はその裏、盗塁で得点圏に走者を置くと、この試合4番に入った指名打者・宮崎が左翼の頭を超える先制の適時二塁打を放ち、先制に成功。さらに5番の関展里(環1・慶應)も左前打で続き、この回2点を先取した。

先発として好投した島津

その後は、三塁手・米村響生(商2・畝傍)や一塁手・関がショートバウンドをうまく捌くなど、相手に安打を打たれながらも守備で盛り立て失点は許さない。締まった展開で試合が進む3回裏、地元凱旋となった3番の齋藤來音(環1・静岡)の左前打からチャンスを作ると、7番、渡邉大輝(商1・福島)の二塁打で2点を追加する。

適時二塁打を放った渡邉大

しかし4回表、安打や失策で静岡商業に満塁のピンチを招くと、迎えた7番の大井朝日(2年)に左前打を許し、2点を返されてしまう。2点差に詰め寄られ、嫌な流れを断ち切りたい慶大はその裏、四球などから1死満塁のチャンス。今日適時打を放っている5番・関が右前打を放つと、6番小林遼也(商1・慶應)、7番渡邉大、8番善波力(商1・慶應)、9番米村と打線が繋がり5連打。この回一挙7点を挙げて相手を突き放した。

関は猛打賞を記録した

その後は両チームの投手が安打を許しながらも好投を見せ、膠着した展開が続く。5回から魚住幸佑(経1・船橋)、7回は久保慶太(商1・大分上野丘)と継投。8、9回は田中瑛高(経1・渋谷幕張)が0点に抑えるなどリリーフ陣がきっちり試合を締め、終わってみれば11対2と大勝した。

試合を締めた田中瑛

両チームの安打数は慶大が12本に対し静岡商業が7本。勝利したものの3安打に抑えられた静岡大学戦とはうってかわって、慶大打線が爆発した。相手にも多くの安打を許したものの、特に内野手が堅実な守備を見せ、観客席からも度々拍手が起こった。静岡での2戦は攻守での収穫、課題を得たことだろう。この2試合での経験を、次のシーズンに生かしてくれることを期待したい。

(記事:松田英人、写真:林亮佑)

 

◆選手コメント

関展里(環1・慶應)

このコロナ禍の中、素晴らしい球場で大会を開催して頂き感謝しています。リーグ戦等での出場機会はありませんでしたが、このチャンスを活かせて嬉しく思います。ここからリーグ戦で活躍できる選手になれるよう頑張ります。

Tagged as: , , , , ,

Comments are closed.