慶應スポーツ新聞会

【野球】あと1本が出ず 法大に競り負ける 法大②

4試合連続打点を挙げている山﨑錬

9月25日(日)慶大―法大 2回戦

先勝して迎えた慶法2回戦。先発の白村は6回2失点と試合を作るものの、打線は法大・石田、三嶋の前に山﨑錬(商3)によるタイムリーのみの1得点と沈黙した。8回には大きな追加点を許し、最後まで流れを引き寄せられず敗戦した。

   
慶大
法大 ×
慶大:●白村、只野、仲井―阿加多、手銭

法大:○石田、三嶋―原田

慶大出場選手

  ポジション 選手名(学部学年・出身高校)
[6] 福富(商3・慶應)
[4] 金田(政4・土佐)
[5] 山﨑錬(商3・慶應)
[9] 伊藤(環4・中京大中京)
[3] 伊場(政4・慶應)
  [2] 手銭(政2・大社)
[2] 阿加多(政3・慶應)
  [H3] 鈴木裕(商3・慶應)
[8] 宮本(政4・慶應)
[7] 影山(総3・鎌倉学園)
[1] 白村(商2・慶應)
  [H] 田中聡(商4・慶應)
  [1] 只野(商3・慶應)
  [1] 仲井(文3・時習館)


この日先発を任せられた白村

昨季から先発2番手を任せられている白村(商2)は順調な立ち上がりを見せる。初回を三者凡退に抑えると2回は先頭にヒットを許すも、落ち着いた投球で後続を打ち取り得点を許さない。しかし、3回に2死から四球を与えると、続く岩澤に2点本塁打を浴び先制を許してしまう。

一方、打線はヒットはでるが、なかなかチャンスをいかせない。2回には先頭の伊場(政4)がレフトへのヒットで出塁。続く阿加多(政3)が犠打で送り得点圏にランナーを進めるも後続が凡退し得点できなかった。3回にも2死から金田(政4)がライト線に二塁打を放ったがこの回も無得点に終わった。

白村は先制を許した3回以降、ワイルドピッチなどで4回と6回にランナーを三塁に背負うピンチを迎えるも、勝負どころで三振を奪い追加点を与えなかった。

なんとか反撃したい慶大は六回、先頭の福富(商3)が死球で出塁し金田がしっかり送ると、山﨑錬がライトオーバーの三塁打を放ち1点を返すことに成功。さらに伊藤(環4)が四球を選び1死一、三塁とするも伊場は浅いレフトファウルフライ、続く代打・鈴木裕(商3)は空振り三振と攻めきることができなかった。

新戦力として注目の仲井

7回にも2番手の三嶋から影山がヒットを放ち出塁。さらに盗塁を決め、1死二塁と一打同点のチャンスを迎えるも後続が連続三振に倒れ、この回もあと1本が出なかった。

6回に1点差とした慶大だったが8回、2番手の只野(商3)が先頭に三塁打を浴びると、三嶋に粘られた末タイムリーを許し、痛い失点を喫してしまう。

打線も終盤は三嶋の前に7回以外、ランナーを一人も出すことができず力なく敗戦。昨日に続き打線が好機で攻めきれず、課題が浮き彫りとなる試合になった。

By Ryo Hayashi

選手のコメント

金田

(今日の試合を振り返って)とにかく勝つことが大事なので、勝てなかったことが一番痛かったです。つけ入るスキはあったと思うので、明日はそのスキというのをついて勝ち点取れるようにしたいです。(昨季結果を残した打撃が期待されるが、今日は2安打の活躍)春のことはもう全然考えてなくて、秋どういうバッティングするかを考えてやってるんで、今日やっとマルチ打てて、これにのっていけたらいいなと思います。けど、4打席目の場面で出塁出来なかったことが悔やまれますね。(2番セカンドとして意識している役割は)自分の成績ではなくて、その回自分に回ってきたところでチームが勝つために点が入るために自分がどういうバッティングできるかというのを考えてます。成績はその上でついてくるものという感じでやってます。(明日の意気込みは)明日は三上で右バッターはけっこう厳しいとは思うんですけど、そういうことはなしにしっかり結果出して勝ちたいと思います。

山﨑錬

(今日は3-1で競り負けたが)負けました。負けましたね。(法大先発の石田投手の印象は)内をおもいっきり投げきれてるっていう印象。若いから多分怖いもの知らずっていうところもあって、どんどんおもいきって投げ込んできたっていう印象ですね。(3打席目にタイムリースリーベースを放ったがうまく対応できたのか)チャンスで回ってきて、前の打席で凡退したので、絶対打たないとっていうのと、終盤とかも考えて、この回がチャンスで回ってくる最後かもしれないなというのはありましたし、ここで絶対に打たないとっていう思いで打ちました。(明日の意気込みは)明日絶対に勝って、何としても勝ち点とります。

白村

(今日のピッチングを振り返って)調子自体は悪くなったが、2アウトから四球を出して、一球で2点を取られてしまって反省している。注意して投げているつもりだったが、心に隙があった。(法大打線に対して注意したことは)法大はバッティングがいい打者がそろっているので、今日はそれができなかったのですが、無駄な四球を与えないこと。それと低めに球を集めることを意識して投げました。(今日の一番の反省は二死からの四球か)そうですね。あれがいけなかったですね。(明日の意気込みを)自分が投げるとしたら、しびれる場面になると思うんで1球1球後悔がないように投げていきたいです。

Leave a Response

Please note: comment moderation is enabled and may delay your comment. There is no need to resubmit your comment.