慶應スポーツ新聞会

【野球】打線振るわず惜敗 勝ち点逃す 法大③

先発登板で6回を投げ2失点の福谷

9月26日(月) 慶大-法大 3回戦

1勝1敗のタイで迎えた法大との3回戦は、4回にリーグ戦では今年初先発となった福谷(理3)の適時打で先制。しかし、直後の5回に同点とされると6回には守備の乱れから勝ち越し点を献上する。反撃に出たい打線も、中盤以降は相手先発・三上朋の前に得点できずに惜敗。春のリーグ戦で完全優勝を成し遂げた慶大にとって、勝ち点を落とすのは昨秋の同じく法大戦以来となった。

   
法大
慶大 ×
慶大:●福谷、竹内-阿加多

法大:○三上朋-原田

慶大出場選手

  ポジション 選手名(学部学年・出身高校)
[7] 影山(総3・鎌倉学園)
  [7] 宮本(政4・慶應)
[4] 金田(政4・土佐)
  [H] 齋藤雄(政3・慶應)
[5] 山﨑錬(商3・慶應)
[9] 8 伊藤(環4・中京大中京)
[2] 阿加多(法3・慶應)
[3] 伊場(政4・慶應)
  [R] 神田(経4・慶應志木)
[1] 福谷(理3・横須賀)
  [R] 川島(政3・岐阜)
  [9] 藤本(環1・慶應)
  [H] 大川武(環3・済々黌)
[8] 松本大(環2・桐光学園)
  [H] 田中聡(商4・慶應)
  [1] 竹内大(環3・中京大中京)
  [H] 渡邊暁(商2・慶應)
[6] 福富(商3・慶應)
勝ち点奪取のためには負けられない一戦で、慶大の先発マウンドを託されたのは福谷(理3)。リーグ戦では昨秋の早慶戦以来の先発登板となった。一方の法大は1回戦と同じくエースの三上朋がマウンドに上がる。さらに両先発投手とも珍しく7番で起用された。

 福谷は初回、2死から連打を許し一、二塁とされるも法大の5番・土井を右翼フライに打ち取りピンチをしのぐ。4回にも2死後、安打を許すと投手の三上朋にも右翼へのヒットで繋がれ、一、三塁。次打者にも死球を与え満塁としたが、最後は建部を見逃し三振に抑えた。

7番起用の福谷は先制打を放つ

3回まで三上朋の前に無得点の打線だったが、4回、先頭の4番・伊藤(環4)が中堅へのヒットで出塁。続く阿加多(法3)の送りバント、伊場(政4)の内野ゴロの間に2死三塁と先制のチャンスを作る。この場面で投手の福谷が三遊間を破る先制の適時打を放ち、欲しかった先制点を慶大がものにする。

 しかし、このまますんなりとはいかない。直後の5回表、2死一塁から相手の4番・伊藤諒に中堅越えの適時打を浴び、同点に追いつかれる。さらに6回には、先頭打者に四球を与えるなど1死一、三塁のピンチに。ここで建部を二塁ゴロに打ち取り、二塁手・金田は三塁走者を刺すべく本塁へ送球。しかし、三塁走者の生還を阻止できず、野選で勝ち越し点を許してしまう。なお二、三塁とピンチは続いたが、後続を抑え何とかこの回を1点で抑える。結局、福谷は6回11奪三振2失点と、先発としての役割を果たしマウンドをおりた。

 反撃に出たい打線だったが、なかなかエンジンがかからない。6回から8回まで三上朋の前に無安打に封じこまれ、出塁も相手のエラーによる1度のみ。苦しい状況のまま試合は終盤戦へと差しかかる。

リリーフ登板し3イニングを無失点の竹内大

7回からは、第一戦で先発した竹内大(環3)が登板。7回を三者凡退に切って取ると、9回までをヒット1本に抑える安定した投球を見せる。

 すると9回、慶大が最後の意地を見せる。先頭の伊場がこの日2本目の安打で出塁。代打の大川武(環3)の犠打で1死二塁とすると、渡邊暁(商2)も起用に応え投手強襲の内野安打。代打攻勢で一、三塁とチャンスを広げる。福富(商3)は三振に倒れ、2死となったものの宮本(政4)は四球を選び、満塁。一打逆転サヨナラの場面で、打席には途中出場の齋藤雄(政3)を迎えたが結果は空振りの三振。最後まで法大・三上朋を打ち崩すことができず、1対2で惜敗した。

 このカード初戦をものにした慶大だったが、その後連敗で勝ち点を落とす結果となった。盤石な投手陣を誇る一方で、気がかりなのが法大戦を通して繋がりを欠いていた打線。安打は放つものの好機での凡退が目立ち、3試合での得点はわずかに4点だった。今週末には、現在首位の明大との大事な試合も控えている。春秋連覇へ負けられない戦いが続く中、打撃陣の奮起が待たれる。

By Sho Yanagida

選手のコメント

 伊藤主将

(今日の試合を振り返って)痛い負けですけど、下を向いてられる時間はないので、今週末の明治戦に切り替えていくしかないです。(ターニングポイントは)点を取ってその後点取られた後、2アウト一、二塁で打てなくて(勝ち越し)点を取られてという感じだったので、自分が打てなくて負けたと思います。(打撃の調子は)今日はフォアボールがなくて、その中で自分が打てるボールをしっかり捉えきれてないので、反省すべきところはしっかり反省してやっていきたいです。(チームの雰囲気は)良くないですよ。ピッチャーが頑張っているので、野手が何とかしたいです。自分もそれが出来てないので頑張ります。(明治戦への意気込みは)負けたら終わりなので勝つしかないという気持ちを持ってやります。

Leave a Response

Please note: comment moderation is enabled and may delay your comment. There is no need to resubmit your comment.