慶應スポーツ新聞会

【野球】またも3回戦制することができず…遠のいた春秋連覇 明大③

エース・竹内大は3回途中5失点で降板

10月3日(月) 慶大-明大 3回戦

 まさかの逆転負けを喫し20年ぶり春秋連覇に向けて後がなくなった慶大。負ければ優勝が絶望的になるこの一戦には1回戦で明大打線を完封した竹内大(環3)が先発した。しかし制球に苦しみまさかの3回持たずに降板、後続の投手陣も追加点を許す厳しい展開になってしまう。一方の打線も明大エース・野村の前になす術なく完封負け。0―7という予想外の結末で慶大の夢は大きく遠のいてしまった。 

   
明大
慶大
慶大:●竹内大、山形、福谷、白村-阿加多、西野

明大:○野村-川辺

 慶大出場選手

  ポジション 選手名(学部学年・出身高校)
[8] 辰巳 (文3・郡山)
[7] 影山(総3・鎌倉学園)
[5] 山﨑錬(商3・慶應)
[9] 伊藤(環4・中京大中京)
[3] 伊場(政4・慶應)
  [3] 鈴木裕(商3・慶應)
[2] 阿加多(法3・慶應)
  [2] 西野(文4・伊東)
[6] 福富(商3・慶應)
  [H] 渡邊暁(商2・慶應)
  [6] 牧野(商2・千葉東)
[1] 竹内大(環3・中京大中京)
  [1] 山形(政2・土佐)
  [H] [1] 福谷(理3・横須賀)
  [1] 白村(商2・慶應)
[4] 金田(政4・土佐)
  [H] 田中聡(商4・慶應)
  [4] 千々和(商4・慶應)
  [4] 大川武(環3・済々黌)
  1回裏に慶大は辰巳(文3)の安打とこの日2番に起用された影山(総3)の犠打で1死二塁の先制のチャンスを迎える。ここで打席には最も頼りになる3番・山﨑錬(商3)、4番・伊藤(環4)。しかし1回戦の雪辱を期する明大エース・野村の前に連続三振に倒れてしまう。ここまで先制点が取れず厳しい展開を強いられる試合が多い慶大は、この日もそのチャンスを生かすことが出来なかった。

今季初登板で好救援の山形

すると直後の2回表に試合の流れは一気に明大に傾く。四球と安打で満塁のピンチを招くと、押し出し四球と中村将のレフト前タイムリーで3点を先制されてしまう。竹内大もコーナーを厳しく攻めるが、明大打線を抑え切ることができなかった。さらに3回には竹田に左中間を破るタイムリー二塁打を浴び、竹内大はここで降板。ここまで3勝と好調を維持してきた慶大のエースが2回1/3を4安打5四死球5失点でまさかのノックアウトとなった。代わってマウンドに上がったのは今季初登板となった山形(政2)。野村に低めの変化球をうまく拾われ、タイムリーを打たれたがその後は完璧に抑え味方打線の反撃を待つ。

最後まで野村を攻略できず

しかし慶大打線は野村の前に沈黙。ランナーは出るが後続が続かず、結局終わってみれば散発の5安打で完封負けを喫した。特にクリーンアップは1安打、山﨑錬と伊藤で計5三振と完全にポイントゲッターを封じ込められた。6回からは福谷(理3)、9回には白村(商2)を投入し、投手陣も総力戦で戦ったが2投手とも追加点を許し、一度明大に行った流れを引き寄せることはできなかった。

 この敗戦で慶大の20年ぶり春秋連覇は非常に厳しくなってしまった。大差がついてしまったことも選手たちには大きなショックであろう。また2カード続けて初戦に勝利しながら、勝ち点を取りきれていないという内容にも悔しさはより一層増すはず。しかしそれでも下を向いている時間はなく、このまま引き下がるわけにはいかない。次なる相手は昨年から激闘が続く立大だ。王者の意地を、王者の底力を見せて欲しい。

By Yasuhiro Namimatsu

                                                                                                                  

Leave a Response

Please note: comment moderation is enabled and may delay your comment. There is no need to resubmit your comment.