柔道

連載

【連載】突撃!慶應体育会2022 vol.1柔道部(後編)

昨年、早慶戦で男子は3連覇、女子は初制覇を果たすなど今勢いに乗る柔道部。後編では、そんな柔道部の主将を務める杉村晃希(政4・大阪星光学院)選手のインタビュー完全版をお届けします!
連載

【連載】突撃!慶應体育会2022 vol.1柔道部(前編)

慶應義塾大学体育会には現在、43の部活がある。そんな体育会各部は普段どのような雰囲気で、どのような練習を行っているのか。試合などでは見られない、体育会の知られざる日常に迫る。第1回となる今回取り上げるのは柔道部。日本最古の運動部である慶應柔...
2016年度 その他

【柔道】必死の猛攻も、リベンジはかなわず惜敗/第68回早慶対抗柔道戦

 11月19日、講道館にて今年で68回目と長い歴史を誇る早慶柔道対抗戦が行われた。早慶対抗柔道戦は20人対20人の勝ち抜き戦と他の大会とは異なる試合形式で、勝てばそのまま残り、負ければ次の選手に交代、引き分ければ両校ともに交代するという流れ...
2015年度 柔道

【柔道】昨年のリベンジならず・・・追い上げ届かず惜敗 / 第67回早慶柔道対抗戦

前回に引き続き、講道館で開催された早慶柔道対抗戦。次鋒中沢嵩史(総3)の三人抜きで序盤一気にリードするも、それ以降勝ちが続かない。エース後藤隆太郎(政3)がまさかの二人目で敗戦したこともあり、徐々に勢いは相手の方へ移っていく。終盤は大黒柱の...
2015年度 柔道

【柔道】第67回早慶対抗柔道戦前取材① 慶大主将・安藝悠馬

今日10月18日、聖地・講道館で第67回早慶対抗柔道戦が行われる。昨年は大将戦の末敗れ、連勝が止まってしまった慶大。今季はその雪辱を晴らしたい。今回は慶大主将・安藝悠馬(経4)にその意気込みを語ってもらった。 
2015年度 柔道

【柔道】一本ラッシュ見せ、実りあるベスト16 / 全日本学生柔道優勝大会

  1887年に創部した、日本最古の運動部の慶應義塾柔道部。男子は昨年の1回戦負けの悔しさを胸に出場した。安藝悠馬(経4)新主将、ユニバーシアードでも活躍した後藤隆太郎(政3)の活躍もあり、初戦から一本勝ちラッシュ。3回...
2014年度 柔道

【柔道】大将戦までもつれる大熱闘!惜敗も講道館沸く / 第66回早慶柔道対抗戦

勝ち抜き戦で行われた柔道定期戦は33年ぶりに講道館で開催。序盤から押され気味に試合を進めるが、両エースである郡司拳佑(商3)、後藤隆太郎(政2)の活躍で、星を五分に戻す。最後は大将戦までもつれ、主将である吉武壮祐(商4)...
2014年度 柔道

【柔道】勝利まであと一歩も・・・男女ともに不完全燃焼に終わる / 全日本学生柔道優勝大会

1887年に創部した、日本最古の運動部の慶應義塾柔道部。男子は昨年までの主将にしてエースの藤井岳(総卒)らが抜け、新チームで臨む初めての全国大会。初戦の清和大を相手に吉武(商4)、後藤(政2)らが一本勝ちを収めるなどリードす...
タイトルとURLをコピーしました