【野球】初回から猛攻で東大を圧倒!2日連続二桁得点で連勝し勝ち点1を獲得 東大➁

2022年度 野球

4月10日(日)東京六大学野球春季リーグ戦 東大2回戦 @明治神宮野球場

猛打賞・4打点の活躍を見せた朝日

昨日、開幕戦の東大1回戦を制し先勝した慶大。勝ち点のかかる大事な2回戦、初回に先頭の萩尾匡也(環4・文徳)が出塁すると慶大打線の勢いは止まらず、一挙7点を獲得。4回には4点、6回には山本晃大(環4・浦和学院)のソロ本塁打で点差を広げると、さらに終盤の8回にも打者一巡の猛攻で4点を追加し、最終的に16得点を挙げた。投げてはエース左腕・増居翔太(総4・彦根東)は、走者を出しながらも6回を1失点でまとめた。後を受けた中村公祐(商4・市川)、森下祐樹(総3・米子東)、外丸東眞(環1・前橋育英)の3投手は全員リーグ戦初登板ながらも、相手に流れを渡さない投球を披露した。この試合、慶大は16-2で勝利を収め、重要な開幕カードを連勝。勝ち点1を獲得した。

 
慶大16
東大

慶大バッテリー:○増居、中村公、森下、外丸-善波、宮崎

東大バッテリー:●西山、小高峯、古賀、齊藤、鈴木健-松岡泰

 

慶大本塁打:山本1号ソロ(6回)

東大本塁打:

 

◆慶大出場選手

打順守備位置名前(学部学年・出身校)
[8]萩尾匡也(環4・文徳)
[7] 宮尾将(商4・慶應)
中村公祐(商4・市川)
本間颯太朗(総2・慶應)
森下祐樹(総3・米子東)
外丸東眞(環1・前橋育英)
[4]廣瀬隆太(商3・慶應)
[5]下山悠介(商4・慶應)
[9]山本晃大(総4・浦和学院)
[3]古川智也(環4・広島新庄)
文元洸成(環4・智辯和歌山)
宮崎恭輔(環2・國學院久我山)
[6]朝日晴人(環4・彦根東)
H6斎藤快太(商2・前橋)
[2]善波力(商3・慶應)
奥村拓馬(商4・慶應)
吉川海斗(法3・慶應)
[1]増居翔太(総4・彦根東)
斎藤來音(環3・静岡)

今年初の夏日で眩しい陽が射し込む午後、勝ち点1の獲得を目指す慶大は初回から試合を動かす。先頭の萩尾が出塁すると続く宮尾将(商4・慶應)が四球、廣瀬隆太(商3・慶應)が右安打で出塁し、無死満塁のチャンスを迎える。続く主将で4番の下山悠介(商4・慶應)への押し出し四球で先制すると、5番・山本は走者一掃の3点適時二塁打で点を追加する。しかし慶大打線はとどまることなく古川智也(環4・広島新庄)が三塁手のエラーで出塁し、無死一、三塁の場面とする。次の打者、朝日晴人(環4・彦根東)が初球を捉え2点適時三塁打を放ち、東大先発・西山慧(工4・土浦一)をノックアウトする。さらに、善波力(商3・慶應)の左犠飛で1点追加すると、1回で7得点を挙げるビッグイニングとなった。

6四球を与えながら6回1失点でまとめた

4回にも1死二、三塁のチャンスを迎えると、廣瀬の2点適時打で9点目とする。その後満塁とすると、朝日が11点目となる右翼への2点適時一塁打を放ち、差を広げた。6回には、山本がリーグ戦初となる本塁打で12点目を獲得した。勢いが止まらない慶大打線は8回、この回先頭、山本の左中間への二塁打、また初出場で代打の副将・文元洸成(環4・智辨和歌山)と朝日が四球で出塁し、無死満塁となる。その後2死満塁となるが、萩尾の2点適時打と初出場の代打・本間颯太朗(総2・慶應)の2点適時二塁打でこの日16点目を挙げた。

4打席出塁で1番打者の仕事を全うした

投げては先発・増居は初回に1失点こそしたものの、以降の6回までは無失点で抑えエースとしての技量を見せつけた。7回から登板した中村は先頭に安打を許すと、その走者に盗塁されてしまう。その後、遊ゴロで進塁を許し1死三塁のピンチを招くと、左犠飛で走者が生還し1点を返される。しかし、中村は次の打者を落ち着いて二ゴロで抑え、リーグ戦初登板を終えた。また、8回には昨年の明治神宮大会決勝で好投した森下がリーグ戦初登板。四球を一つ与えるも、安打を許すことなく無失点で切り抜けた。9回には1年の外丸が早くも神宮デビューを果たした。二者連続四球を与え2死満塁としたが、最後は勢いのある球で三振に抑えた。

昨シーズンから主力として出場していた萩尾の5打数3安打2打点や、朝日の4打数3安打4打点の活躍は文句なしと言えるだろう。しかし、それに加えて今シーズンから新たに主力に加わった山本の飛躍、また文元や本間、投手の中村、森下、外丸といったリーグ戦初出場勢の存在なしには今日の試合は語れない。昨シーズンの優勝メンバーと新戦力のピースが上手く組み合わさる時、慶大は陸の王者としての真価を発揮するだろう。慶大のリーグ3連覇に向け、今日の収穫や反省を今一度洗い出し、再来週の立大戦で再び連勝で勝ち点を取る姿に期待したい。

(記事:北村可奈、写真:畠山里菜子)

◆選手コメント

山本晃大選手(総4・浦和学院)

本塁打を含む3安打4打点と連日の大活躍

昨日の厳しい試合を経て、今日は初回から攻めていこうとチームで話していました。序盤から終盤まで集中力ある攻撃ができました。まだ細かいミスが個人としてもチームとしてもあるので、立教戦までの間で更にレベルアップしていきたいです。

外丸東眞選手(環1・前橋育英)

ルーキー1番乗りの神宮デビューで躍動

初めてのリーグ戦で思うように投げられませんでしたが、落ち着いて投げることができました。もっとチームの力になれるように頑張りたいと思います。応援よろしくお願い致します。

 

◆打撃成績

    
[8]萩尾左安空三振中安四球遊ゴロ中安➁
[7] 宮尾四球二ゴロ投犠打左飛四球
中村公
本間左中2➁
森下
外丸
[4]廣瀬右安遊ゴロ左安➁右飛右飛四球
[5]下山四球①中安四球遊飛中飛中飛
[9]山本晃左2③右飛右飛右本①中2空三振
[3]古川三失左飛四球中飛
文元四球
宮崎中安
[6]朝日左中3➁中飛中安➁遊安四球
H6斎藤快中飛
[2]善波左犠飛①中飛一飛四球
奥村遊直
吉川中飛
[1]増居空三振中安遊ゴロ中飛
齋藤來二ゴロ

◆投手成績

 投球回数打者数球数安打三振四死球失点自責
増居62510113611
中村公141510011
森下142202100
外丸162412200

タイトルとURLをコピーしました