【野球】雨中の総力戦は痛み分けに終わり、勝負の第3戦へ突入 立大②

2022年度 野球

4月24日(日)東京六大学野球春季リーグ戦 立大2回戦 @明治神宮野球場

6回途中3失点と堂々たる投球を見せた

前日の立大1回戦では鮮やかな逆転勝利を飾った慶大だが、この日は一進一退の攻防が続いた。同点の3回に萩尾匡也(環4・文徳)が適時打を放つと、続く4回には主砲・下山悠介(商4・慶應)に一発が飛び出しリードを奪う。先発の1年生・外丸東眞(環1・前橋育英)は6回途中3失点の好投を見せるも、後を受けた4年生投手陣が踏ん張れなかった。互いに好機を迎えるもあと一本が出ない展開が続き、3時間近くの総力戦の末、引き分けに終わった。

 
慶大
立大

慶大バッテリー:外丸、渡部淳、橋本達-善波、宮崎

立大バッテリー:島田、沖、吉野、宮、荘司-黒岩

 

慶大本塁打:栗林1号ソロ(2回)、下山1号ソロ(4回)

立大本塁打:

 

◆慶大出場選手

打順守備位置名前(学部学年・出身校)
[8]萩尾匡也(環4・文徳)
[4] 宮尾将(商4・慶應)
斎藤快太(商2・前橋)
北村謙介(総4・東筑)
水鳥遥貴(商2・慶應)
[3]廣瀬隆太(商3・慶應)
[5]下山悠介(商4・慶應)
[9]山本晃大(総4・浦和学院)
[7]栗林泰三(環3・桐蔭学園)
橋本達弥(環3・長田)
[6]朝日晴人(環4・彦根東)
[2]善波力(商3・慶應)
宮崎恭輔(環2・國學院久我山)
[1]外丸東眞(環1・前橋育英)
渡部淳一(政4・慶應)
斎藤來音(環3・静岡)
文元洸成(環4・智辯和歌山)
吉川海斗(法3・慶應)

前節の東大戦では大差で連勝を収め、前日の立大1回戦は終盤に逆転し勢いに乗る慶大。試合開始前から雨脚が強まる中で第2戦の幕が開けた。試合が動いたのは2回、今日スタメンに抜擢された6番・栗林泰三(環3・桐蔭学園)が、立大先発の島田直哉(コミ4・龍谷大平安)から右翼席に自身リーグ戦初本塁打となるソロ本塁打を放ち先制する。同点で迎えた3回には1番・萩尾の適時打、続く4回には4番・下山に今季1号となるソロ本塁打が飛び出し、2点のリードを奪う。

一時勝ち越しとなる適時打で試合を動かした

慶大の先発マウンドには、リーグ戦2試合目の登板にして初先発を任された外丸東眞(環1・前橋育英)が上がる。2回に立大8番・井上剛(コミ4・佐久長聖)に犠飛を許すも、3回以降は強打の立大打線に対して臆することなく攻めの投球を展開し、反撃を許さない。一方打線は、4回から登板した立大2番手・沖政宗(法2・磐城)に封じられ得点できず、膠着状態のまま試合を折り返す。

淡々と相手打線をかわしていた外丸は6回、先頭の3番・吉岡広貴(コミ4・広陵)にこの日初めての長打を許すと、続く4番・山田健太(コミ4・大阪桐蔭)の犠飛で1点差に詰め寄られる。その後1死から6番・黒岩陽介(法4・静岡)に中前安打を許したところで、慶大ベンチは2番手の渡部淳一(政4・慶應)への継投を決断する。しかし連続四死球で2死満塁のピンチを招くと、ここで3番手・橋本達弥(環4・長田)が登板する。立大代打・田中祥都(コミ2・仙台育英)に対して押し出し四球を与え同点に追いつかれるも、続く1番・道原慧(法4・駒大苫小牧)を中飛に打ち取り、逆転は許さなかった。

待望の今季1号を右翼席に運んだ

慶大攻撃陣は7回に立大3番手・吉野蓮(コミ1・仙台育英)、8回には4番手・宮海土(経営4・國學院栃木)から得点圏に走者を進めるも得点には至らず、9回は昨日の第1戦で7回無失点と好投した荘司康誠(社会4・新潟明訓)の前に三者凡退に終わり、勝ち越すことができなかった。一方の橋本達は7回にも3四球で1死満塁とされるが、6番・黒岩、7番・西川晋太郎(コミ3・智辯和歌山)を打ち取りピンチを凌ぐと、最後まで投げ切って立大に得点を許さず、2時間54分にわたる熱戦の末にドロー決着となった。

初先発となった外丸は6回途中を6安打3失点と好投した。特に3回から5回にかけては打者11人を相手に1安打無失点に抑えており、その姿はルーキーらしからぬ雰囲気を感じさせた。4年生投手たちが万全な状態とはいえない中で、堀井哲也監督は下級生投手の台頭を待ち望んでいただけに、今日の結果はチームに光明が差すものであったことは間違いない。打線は7番・朝日晴人(環4・彦根東)が猛打賞の活躍を見せ、栗林と下山に一発が出たものの、終盤の好機であと一本が出なかった。明日の第3戦は、両校ともに打線のつながりが鍵を握るだろう。また今シーズンから勝ち点制になったことで、慶大にとっては同一カードの第3戦を戦うのは3年ぶりとなる。勝ち点制を経験しているのは現在の4年生のみで、堀井監督にとっても初めての第3戦となるだけに、その選手起用にも注目が集まる。

(記事:宮崎秀太、写真:北村可奈、佐藤光)

◆選手コメント

外丸東眞選手(環1・前橋育英)

初めての先発でしたが、落ち着いて野手の方々を信じて思い切って投げました。明日も試合があるのでチームの力になれるようにがんばります。

栗林泰三選手(環3・桐蔭学園)

リーグ戦初本塁打を逆方向に運んだ

外丸がはじめての先発マウンドだったので、早く点を取ろうと食らい付きました。
引き続き最高の準備をして、明日の試合絶対勝ちます!

朝日晴人選手(環4・彦根東)

猛打賞の活躍で攻撃の足掛かりとなった

苦しい展開でしたがピッチャー中心によく粘って引き分けに持ち込めたことは良かったです。
明日は勝ち切れるよう、全員で闘います。
エンジョイベースボール!

 

◆打撃成績

   
[8]萩尾見三振左安①三ゴロ二飛二ゴロ
[4] 宮尾投ゴロ空三振左飛
斎藤快空三振
北村空三振
水鳥
[3]廣瀬二ゴロ遊ゴロ四球
[5]下山投直右本①見三振四球
[9]山本晃右飛一ゴロ中飛空三振
[7]栗林右本①左2左飛
橋本達空三振
[6]朝日右安投安右安空三振
[2]善波中安右飛
宮崎左飛空三振
[1]外丸投犠打空三振
渡部淳
齋藤來右安
文元左飛
吉川

◆投手成績

 投球回数打者数球数安打三振四死球失点自責
外丸5 2/3248561133
渡部淳0 0/32800200
橋本達3 1/3145401500

タイトルとURLをコピーしました