慶應スポーツ新聞会

【ソッカー男子】インカレ直前特集 第3弾 ボランチ対談

献身的なプレーでチームを支える守備的MF、増田(左)と藤田

良いチームには必ず良い縁の下の力持ちがいる。一年間、ボランチのポジションでチームを支えた藤田(政3)と増田(環1)。決して目立つわけではない。しかし、常に黒子役に徹する彼らの存在なくして慶大のインカレ出場はあり得なかった。そんな攻守両面で活躍する二人が、インカレの舞台でチームを勝利に導く。

 

 

―リーグ戦を振り返って

藤田 シーズンを通して良い雰囲気の中、練習することができて、最終的に目標にしていたインカレ圏内に入ることができたので、とても良かったです。 

増田 大学入って初めてのシーズンで、全部が初めてで、いろいろと迷惑をかけることもあったと思うんですけど、日々皆にサポートしてもらって、学びながらすごく良いシーズンを送れたと思います。

 ―個人的な出来について

藤田 まだまだ頑張らないといけないと思うシーズンでした。実力が足りていないと思いました。特に攻撃の面で良い仕事が出来ればなと思いました。

3年生ながら経験豊富なプレーで中盤を引き締める藤田(C)Masaaki KATO

増田 僕もまだまだだなと感じたシーズンでしたね。やはり、ボールのつなぎであったり、自分たちはボランチなのでうまくボールを引き出したりということが、なかなかうまくできないで河井君や、慶太君(日髙選手)に頼っていたので、そこのところもっとうまく伸ばしていけたらと思います。

 ―今季の躍進の理由は

藤田 実力ある4年生たちがそろっていたのと、チームが一丸となって、出ていない選手たちも応援してくれたりしていたので、チームが一体となって戦えたのが良かったと思います。

増田 チームの雰囲気というのがシーズンを通して、良い感じで練習できていたというのが大きく、一体感というのがすごかった。出る選手、出ない選手関係なく、皆が一つの目標に向かってベクトルを向いてやれていたというのが大きかったと思います。

 ―1年間で苦しい時期はあったか

藤田 後期が始まって、勝ち星に恵まれない時期があったんですが、雰囲気はとても良かったので、僕たちとしては苦しい時期はなかったです。

増田 やはり勝てない時期というのがあっったんですけど、そういう時でもチーム全体が決して下を向くことなく、練習できていたので問題なかったです。

ルーキーとは思えないプレーで1年間チームに貢献した増田(C)Masaaki KATO

 ―1年間の中で最も印象に残っている試合は

藤田 やはり最終節が一番印象に残っていて、相手が筑波ということでなかなかやりづらい相手だったし、インカレの懸かった試合で結果を残せたのはよかったと思います。

増田 僕は前期の順天大戦です。あの試合を境に自分の中での自覚というものが生まれてきました。それまではただプレーしているだけだったのが、自分がやるぞという気持ちも芽生えて。あの試合で初めてアシストを記録できて、そういった面ですごく印象に残っています。

 ―自身のポジション、チームのフォーメーションについて教えてください

藤田 4-5-1でも4-4-2でも自分たちのサッカーをするというスタイルは変わらないので、やっている僕らとしてはあまり関係ないかなという感じです。個人的には、さまざまなポジションに変わったんですけど、ボランチだけでなくサイドバックでも遜色なくやれるようにしたいです。

増田 いずれのフォーメーションでも自分たちの目指しているサッカーというものは変わらないので、自分がどうプレーしていけるのかということを考えてプレーしていたので、あまり問題はなかったです。

 ―チームでの二人の役割分担について

藤田 そんなに分担はしていないんですけど、求められているのが自分はディフェンスの部分だと思うんで、そこのところを意識してやっています。

増田 守備のところをまず安定させろということを言われていて、攻撃は主に息吹君(藤田選手)に任せて、二人で意思疎通を図ってやっていました。

 ―お互いについての印象は

藤田 (増田選手は)真面目なところが多くて、プレーしていてもサボることもないし、しっかり気の利いたところにいてくれるので、そこがやりやすいです

増田 息吹君と自分は似ている部分があるように感じていて、真面目で、すごい気が配れる選手だなと思っています。ここにいて欲しいなと思うところにいてくれますし、守備のところでも気を利かしてくれて、本当に助かっています。

 ―1年間成長したなと感じることは

藤田 チームとしては勝負強くなったなと感じました。後期になってからほとんど負けてないですし、先制されてもそこから追いついて逆転できると思えるようになったとので、そこのところが成長したなと思いました。個人としては、まだまだ課題は多いんですけど、その中で得点が多くなったというところが成長したな思います。 

増田 先制されても気持ち的に焦ることもなくなりましたし、追いつけるだろうとか逆転できるだろうと思っていたので、慌てずにプレーできました。個人としては、後期の途中から攻撃参加、裏へ抜けだしたりとか、前線に顔を出す頻度が上がってきたことが、成長したと思ったところです。

 

「(インカレは)全員の気持ちを背負ってプレーしたい」(藤田)

「自分たちの目標は日本一になること」(増田)

 

―インカレ出場が決まった時の気持ちについて

藤田 自分が1年の時もぎりぎり5位で悔しい気持ちをしてきたので、この試合(筑波戦)に勝って地力でインカレ出場を決めるという気持ちで試合に臨んで、結果的に勝つことが出来てとても良かったです。 

増田 僕は、ほっとしたというのが本音です。今年は自分にとって初めての年でしたし、シーズンを通してその目標に向けてやってきたので、本当に良かったです。

 ―インカレ出場を決めた相手が宿敵・筑波大だったが

藤田 苦手な意識というのは確かにあったんですけど、筑波も最後の方あまり調子良くなかったので、自分たちがどうあるのかということだけを頭に入れてプレーしました。

増田 筑波は最終節を前にインカレが決まっていたので、そこはモチベーションの差になったのかなと思っています

「目標は日本一になること。まだスタートラインにたったばかりで何も得ていない」(増田)(C)Masaaki KATO

 ―インカレで目標としているプレーは

藤田 基本的に自分たちのやるサッカーは変わらないと思うので、自分たちのサッカーを目一杯していきたいと思います。個人としてはチームの勝利に貢献できるようなプレーをしたいと思います。

増田 繋ぐサッカーなど、シーズンを通してやってきたサッカーがあるので、それを全国の舞台でも変えずにやっていきたいです。個人としては、まず守備を安定させて、ボール回しであったり、そういうところで積極的にプレーしていきたいです。

 ―今まで経験してきた全国の舞台との共通点、相違点については

藤田 今まで色々経験させてもらってきたので、そういった経験を生かせればいいなと思うし、今までは個人の責任だったけど、インカレはチーム全員の想いがあるのでそういったところが今までと違うなと思います。

増田 自分はあまり全国大会というのは経験していないので、楽しみです。自分がどれだけ全国で通用できるのかとか、そういうところを楽しみながら、プレーしていきたいです。

 ―初戦の福岡大について

藤田 福岡大は九州で毎年のようにインカレに出ているチームで、インカレを知っているチームですが、メンバーも良いと聞いているので、自分たちはチャレンジャーのつもりで頑張りたいと思います。

「インカレはチーム全員の想いがある。チャレンジャーのつもりで頑張りたい」(藤田)(C)Masaaki KATO

増田 天皇杯で大宮を下したという印象しかないんですが、インカレに出てくるチームというチームはどこも強豪だと思うので、チャレンジャーのつもりで頑張りたいです。

 ―場所が足利だが

藤田 確かに遠いですが、前泊することになると思うので、何度も経験していることなので、距離については問題ないと思います。

増田 前泊することになると思いますが、やはりどういう場所、相手であっても勝ち進んで国立で優勝して終わりたいと思います。

 ―現在のチームの雰囲気は

藤田 すごく良い雰囲気で練習できているので、このまま福岡大戦にむけていい形で行けるんじゃないかなと思います。

増田 今週もいい練習が出来ましたし、来週も気持ちを引き締めて練習していきたいです。

 ―インカレに向けての意気込みを

藤田 インカレはチーム全員が目標にしていたことだし、全員の気持ちを背負ってプレーしたいと思います。

増田 自分たちの目標は日本一になることなので、まだスタートラインにたったばかりで何も得ていないですし、まず初戦に向けていい入りが出来るように頑張りたいです。

By Daiki Ishiduka

Tagged as:

Leave a Response

Please note: comment moderation is enabled and may delay your comment. There is no need to resubmit your comment.