慶應スポーツ新聞会

【バレーボール】 秋季リーグ開幕直前! 間宮秀太主将×柳田将洋インタビュー

 

笑顔を見せる間宮(左)と柳田(右)

 

 

                                       いよいよ開幕する秋季関東大学1部リーグを直前に控え、今回は主将の間宮秀太(政4)とエースの柳田将洋(環2)に、夏合宿の成果や秋への意気込みなど様々なお話を伺った。悲願の優勝へ向け、勝負の秋が始まる。

 

 

―今夏を振り返って

柳田 Vリーグの上の方たちと去年よりもたくさん試合をやらせていただいたので、僕らのこれからの目標というのも鮮明になってきましたし、僕らがこれから目指すバレーがこの夏わかったというのが大きいと思います。

―目指すバレーの具体的な内容は

柳田 僕らは攻撃が持ち味なのですけど、やっぱりそれだけではなくて、ブロックやレシーブを今よりもっと意識するなど、攻撃以外のところに重点を置くということですね。Vリーグの人たちがそれですごい強かったので。参考にさせてもらいました。

―合宿は

間宮 合宿は大変だったのですけど、いい経験になりました。良い時もあれば悪い時もあったので、課題が見えたというか、なにをすれば良いかがわかったことが大きかったです。課題というのはさっきあった通り、守備の面ですね。攻撃が持ち味な中で、いかに守備を攻撃につなげていけるかというところです。

 

守備の要である間宮(中央)

―前田優介選手がリベロからセッターに再コンバートされましたが

間宮 ケガとかも今出ているので、オプションが1つ増えたということは良いと思います。

柳田 例えば(野口)剛志郎がケガをしたら、それでもうダメというようなチームではないので、そういう意味では安心できると思います。

 

―柳田選手は今夏、サーブレシーブを重点的に取り組んだとお聞きしました

柳田 上手くなったというよりも、自分の下手さがわかりました。Vリーグの人のサーブが全く返らなくて、他のレシーバーの2人に任せっきりだったので。その人たちがもし、いなくなったとしても、僕がしっかりできるという自信がつけるように、リーグなどを通じて成長できればと思います。

 

―今年の夏のオフはどのように過ごされましたか

間宮 それ聞きます?(笑)ドライブしたりしました。旅行は行けなかったのですけど。彼が京都旅行に行ったそうです。

柳田 観光に行ってリフレッシュしただけです(笑)

―この秋、注目してほしい点は

柳田 レシーブとかブロックに取り組んだことで、僕らが一本決められなかったら切り返されて終わり、ということではなく、そこからまた取り返せるようなラリーを続けられて、尚且つそれをポイントにつなげられるバレーを見せたいというのがあります。攻撃だけを見てほしくないというのはあります。

間宮 ブロックとかもしつこくついて行って、レシーブでも粘ろうということをずっとやっているので、ダイナミックに攻撃が決まるところだけでなく、それまでにボールをつないでいるところを皆さんに見せられれば良いと思います。

 

今秋も期待のかかる柳田 

―注目してほしい選手は

間宮 それはやっぱり柳田将洋でしょう(笑)。

柳田 いやいや、僕は何も・・・注目してほしいというか、今けっこう良い意味で皆が役割をこなせているので、誰かが秀でているというのはないと思いますし、皆のプレーを一つ一つの試合で見てほしいです。

―1年生の吉田選手がベンチ入りの予想ですね

間宮 彼はやる男なので、きっとやってくれますよ。

柳田 高校でそれなりの実績を残しているので、ここぞという時には頼りになると思います。

―秋リーグは3連戦のスタートですね

間宮 もちろんどのチームにも負けられないのですけど、最初の3連戦は自分たちが1番勝ちたいチームが3つ並んでいるので、そこは苦しい戦いになるのかもしれないですけど、集中してやっていきたいです。

柳田 初戦の順大は春に負けて悔しい思いをしたので、相手も負けないという気持ちで向かって来るとは思いますが、気持ちで負けず、尚且つ向こうの高さを抑えて勝ちにつなげられたら良いです。

 

悲願のタイトルを目指す

―秋リーグにむけての意気込みを

柳田 僕らは今年のはじめから「タイトルをとる」ということを目標に掲げてやっているので、優勝するためにリーグ初戦から100%の力が出せるように頑張ります。

間宮 自分は(リーグ戦が)これで最後なので。自分の時に2位で、次の年に1位とか取られたら嫌なので(笑)頑張りたいと思います。

 

――お忙しい中、ありがとうございました!

Leave a Response

Please note: comment moderation is enabled and may delay your comment. There is no need to resubmit your comment.