慶應スポーツ新聞会

【ラグビー】【速報】Jr.選手権/明大戦

11月3日の対抗戦に続き、4日はJr.選手権の明大戦が行われた。本大会3連覇を目指した慶大えあったが、2勝2敗という戦績で迎えたファーストフェーズ最終戦。昨日対抗戦でも敗北を喫した相手に対し、なんとか勝利をおさめたかったが、14—24で惜しくも敗戦した。

11月4日(日) Jr.選手権VS明大@日吉G

慶大14—24明大

 

得点者(慶大のみ)

T=青木 、石田

G=木村2

 

慶大は試合開始直後から好機を作るも、明大のインターセプトから先制のトライを献上してしまう。しかしその後も積極的にアタックを仕掛けていき、前半21分にラックからPR青木がトライを挙げ試合を振り出しに戻す。明大のFwd陣に対し粘りを見せた慶大だったが、前半28分にスクラムを起点にトライを奪われ、7−14のビハインドで前半を終えた。

 

まずは再び同点に追いつきたい後半。5分、ラインアウトからPR青木やCTB甲斐がボールを運んでいき、最後はFL石田がトライを挙げ同点に成功する。その後は一進一退の攻防が続くも、28分にトライを許してしまう。33分にもタックルのミスからトライを奪われ14—24と厳しい展開に。慶大は選手を多く入れ替え反撃を図るも、明大のディフェンスラインを割ることはできず、悔しい敗戦となった。

Leave a Response

Please note: comment moderation is enabled and may delay your comment. There is no need to resubmit your comment.