慶應スポーツ新聞会

【ラグビー】【速報】Jr.選手権3位決定戦/明大戦

快晴の下、Jr選手権の3位決定戦が行われた。相手はファーストフェーズで破れた明大。雪辱を果たしたい慶大は前半をリードして折り返す。しかし後半、相手の攻撃に苦しみ逆転されてしまう。最後の追い上げも及ばず、32-33で悔しい敗戦となった。

 

11月25日(日) Jr選手権VS明大@明大八幡山G

 

慶大32-33明大

 

得点者(慶大のみ)

T=遠藤2、青木2 、武谷

G=木村2

PG=木村

 

試合は開始直後から動く。2分、SO木村がPGをしっかりと決め慶大が先制。8分にトライを奪われるも、14分に敵陣深くでのラインアウトからモールで押していきLO遠藤がトライを決める。24分には粘り強い攻めでPR青木がトライを挙げ、点差を広げる。その後明大に追い上げられるが、39分にはFB武谷が自らの突破からトライ。20-14で前半を折り返す。

 

後半、立て続けにトライを許しリードを奪われる。しかし25分、ラインアウトからパスをつなぎ最後はLO遠藤がトライ。コンバージョンも決まり再び逆転する。だがこの直後、ディフェンスのスキをつかれ失点。39分、PR青木のトライで1点差に迫るが、SO木村のコンバージョンキックは相手のチャージに阻まれ、外れてしまう。試合はこのままノーサイド。32-33で敗れ、慶大は4位でJr.選手権を終えた。

 

Leave a Response

Please note: comment moderation is enabled and may delay your comment. There is no need to resubmit your comment.