慶應スポーツ新聞会

【應援指導部】「第60回 六旗の下に」開催

一糸乱れぬ突きを披露するリーダー部

一糸乱れぬ突きを披露するリーダー部

6月15日(土)、日比谷公会堂にて「六旗の下に」が開催された。「六旗の下に」は、東京六大学の応援団が一堂に会してパフォーマンスする場である。東京六大学応援団連盟によって開催されており、普段は選手を「応援」する應援指導部も、この日は「主役」としてスポットライトを浴びた。

 

慶大應援指導部の出番は4番目。演目は慶應義塾塾歌から始まり、伝統の拍手、「突撃のテーマ」や「ダ

舞台に掲げられる塾旗

舞台に掲げられる塾旗

ッシュケイオウ」を盛り込んだ特別メドレー、最後は「若き血」で締めた。リーダー部の久保旗手長が塾旗を掲げて会場を魅了。さらに青柳主将、綿貫副将、笠原主務、近藤リーダー部責任者が華麗な突きを披露した。

 

最後は野球秋季リーグの優勝に向け、決意を新たにした應援指導部。彼らの応援なくして慶大体育会の活躍はありえない。慶大の陰の立役者たちに、温かな歓声と拍手が惜しみなく送られた。

 

(記事 河合美紀)

Leave a Response

Please note: comment moderation is enabled and may delay your comment. There is no need to resubmit your comment.