慶應スポーツ新聞会

【野球】慶大選手の活躍光る 東京六大学野球オールスターゲームin静岡

Team Mt. Fujiの先頭打者を務めた佐藤旭

Team Mt. Fujiの先頭打者を務めた佐藤旭

 8月31日、草薙球場にて東京六大学野球オールスターゲームin静岡が行われた。明大、早大、慶大の選抜選手からなるTeam Mt. Fujiと法大、立大、東大からなるTeam Suruga Bayが対戦。慶大からは、堀野真主将(理4)、手錢大(環4)、白村明弘(商4)、加嶋宏毅(商2)、松本大希(環4)、横尾俊建(総2)、佐藤旭(商3)、谷田成吾(商2)が出場した。小雨のちらつく中熱戦が繰り広げられ、試合は両者譲らず4-4の引き分けとなった。

 

8月31日(土) Team Mt. Fuji-Team Suruga Bay

 

Team Suruga Bay

Team Mt. Fuji

 

 

先発投手としてマウンドにあがった白村

先発投手としてマウンドにあがった白村

Team Mt. Fujiの先発は白村。初回、先頭打者を三球三振に切って取るが、続く打者に安打を許すと、三番河合(法大)に適時三塁打を浴び先制される。さらに内野ゴロの間にもう1点追加され初回に2点を失ってしまう。2回は三者凡退と立ち直りを見せた白村は結局2回2失点の内容でマウンドを譲った。あとを受けた加嶋は3回、安打と死球で二死一、二塁とされると、四番平原(立大)の2点適時二塁打でリードを4点に広げられてしまう。今季先発での活躍が期待される加嶋だが1回2失点と課題の残る投球となった。

 

ここまで無得点に抑えられていた打線はその裏、連打でチャンスをつくると佐藤旭がタイムリーを放ち反撃の狼煙を上げる。迎えた5回、Team Suruga Bayの澤田(立大)を攻め安打と四球で二死一、三塁とすると、ここで代打横尾。低めの変化球をうまくすくい上げると、これが中前適時打となり2点差に詰め寄る。一塁側スタンドから歓喜の紺碧の空が鳴り響く中、続くチャンスで打席には代打谷田。高めの球をとらえると打球は中堅手の頭上を越える2点適時三塁打となり同点に追いつく。慶大の主軸が作った流れに乗り一気に逆転したいところだったが、続く四番江塚(早大)は内野ゴロに倒れ同点どまり。逆転機を逃す。

 

6回以降は両チーム投手陣が踏ん張り、4-4のまま9回裏を迎える。Team Mt. Fujiは失策と犠打で二死二塁と一打サヨナラの好機を作り、

地元・静岡で好プレーを見せる堀野

地元・静岡で好プレーを見せる堀野

このチャンスに迎えるは横尾。思い切って振りぬいた打球は高々と舞い上がり左翼手の頭上を襲うが、フェンス手前で失速。サヨナラとはならず4-4の同点のまま試合は終了した。

 

この試合、慶大野手陣はTeam Mt. Fujiの全得点に絡む活躍を見せたが、その一方で失点はすべて慶大投手陣が喫したものであった。今後に向け投手陣には課題の残る結果となった。9月14日に開幕する秋季リーグ。今回の六大学オールスターに選出された選手を中心に、塾野球力を見せてくれることを期待したい。

 

(記事・東條恵也)

Leave a Response

Please note: comment moderation is enabled and may delay your comment. There is no need to resubmit your comment.