慶應スポーツ新聞会

【野球】善戦から一転、攻守に圧倒され完敗 法大②

9月29日(日) 慶大-法大 2回戦

明日勝って法大から白星を!

明日勝って法大から白星を!

 加嶋(商2)、石田両左腕の先発で始まった法大2回戦。昨日の善戦の勢いのままに先勝したいところであったが、守備のミスで不本意な点を与えるなど序盤から慶大にとってはよくない流れに。何とか反撃の1点は返すも、6回に一挙6点の猛攻を受け、勝敗は決定的となる。1対9の大差で、まさしく完敗という結果だった。

 

 

慶大

法大

×

慶大:●加嶋、山田、三宮、小原-手錢、小笠原、藤井 法大:○石田、青木勇、六信-木下、安本   慶大出場選手

 

ポジション

選手名(学部学年・出身高校)

[8]

佐藤旭(商3・慶應)

 

89

藤本知(環3・慶應)

[6]

山本泰(環2・慶應)

 

近藤(環3・國學院久我山)

[3]

松本大(環4・桐光学園)

 

竹内惇(商3・慶應)

[9]8

谷田(商2・慶應)

[5]

横尾(総2・日大三)

[7]

稲垣(商4・慶應湘南藤沢)

[2]

手錢(環4・大社)

 

小笠原(環2・智辯和歌山)

 

小原(環1・花巻東)

[1]

加嶋(商2・慶應志木)

 

植田(商4・慶應)

 

梅野(環2・福岡大大濠)

 

山田(環4・中京大中京)

 

三宮(商2・慶應)

 

H2

藤井(環3・郡山)

[4]

堀野(理4・掛川西)

 

H4

北村(商2・丸亀)

 

牧野(商4・千葉東)

 

4年生の意地で適時打を放つ植田

4年生の意地で適時打を放つ植田

慶大打線の前に立ちはだかったのは、春季4勝をマークし、慶大も15三振完封負けを喫した相手である法大・石田。この日も石田は危なげのないピッチングで慶大に得点の気配すら与えない。

慶大の先発加嶋は、変化球主体の投球で打たせて取りに行くが、2回先頭の齋藤秀に二塁打を浴びると、2死2塁となった場面で石田にセンター前へ運ばれる。佐藤旭(商3)の好返球で本塁クロスプレーとなり、タイミング的にはアウトかとも思われたが、走者のタックルに捕手のミットからボールがこぼれ、1点が入る。この衝突で捕手の手錢(環4)、また中堅手佐藤旭も送球の際に負傷し交代と、貴重な戦力も早々に失うことに。

3回は2安打を打たれながらも何とか踏ん張ったが再び4回、先頭の齋藤秀を安打で出すと2死のあと打席にはまたもや石田。今度はセンター前方へ、落ちるか落ちないかという打球。これが飛び込んで取りに行った藤本知(環3)の足に当たり、ボールは転々と左翼奥の方へ。ボールが転がる間に打った打者石田までもが生還し、0-3。これで試合は一気に法大のムードに。石田は自らのバットで自身を援護する形になった。

その石田を捉えたい打線は5回、リーグ戦初スタメンの稲垣(商4)が起用に応える左前安打で出塁すると次打者四球で1,2塁となって打席には代打の

力投する三宮

力投する三宮

植田(商4)。ふらふらと上がった打球は右中間浅いところに落ちる適時打になり、1点を返す。

翌6回先頭の山本泰(環2)も左翼へのクリーンヒットで出塁し、一瞬反撃の糸口を見つけたかにも思われたが、次の打者からはあっさりと打ち取られてしまい、結局石田を攻略とはいかなかった。迎えた6回裏には今日絶好調、齋藤秀の3点本塁打を含む大量6失点。望みは完全に打ち砕かれた。

スコアはそのまま1対9で試合終了。結果的に大差とはなったが試合の展開に最も響いたのは4回の2点のように感じる。今日に限らず、守備のミス絡みの失点から全体のリズムが崩れていく試合が多い印象がある。あの1点を防げていれば、その後の展開ももっと違ったものになっていた、というような試合もあるはずだ。そういった点を改善し、「春の時とは一味も二味も違う」(手錢)慶大の野球を、結果として見せてくれることを願う。

(記事 脇田直樹)

 

  選手のコメント

堀野 真主将(理4) (今日を振り返って)(昨日とは)逆の展開でうちが打てなくて、むこうがたくさん打って。思い通り点が入ったという感じで。本来昨日もこういう感じで点が取れてれば良かったんですけど。まあこれが野球だと監督もおっしゃっていたので、また今日とは逆の展開にして勝ち切りたいと思います。(今日はアンラッキーな失点が多かった印象だが)2プレーともそうですし、バッテリーも含めて安易にいきすぎたかなということです。個人個人が反省して取り組むと思うので、また今日とは違ったプレーを明日してくれると思います。(主力のケガの状態は)本人じゃないと分からないところもあります。主力が抜けたのは確かですけど、それで動じる様な戦力じゃないですし、今後も十分戦えると思うので。2人が抜けた分をカバーできると思うので、大丈夫だと思います。(明日に向けて)明日も勝って、明後日も勝って、勝ち点を取ることを目標に頑張っていきたいと思います。

手錢 大(環4) (本日の試合を振り返って)先制点の場面、あれは僕のリードミスで打たれて点を取られてしまったので、加嶋には申し訳なかったかなと思います。切り替えて明日頑張ります。(残念ながら大敗を喫してしまったが、原因は)昨日と気持ちの面では変わりはなかったのですが、先制点を与えたりとか、向こうが昨日より捉えてきたな、と感じたときに一瞬みんながちょっと押されたかなという気持ちがあったと思います。でも、雰囲気は悪くなかったので、切り替えていきたいと思います。(タックルを受け途中交代したが、明日への影響は)まだ何とも言えないですが、大丈夫だと思います。(勝ち点のために落とせない試合となる、明日への抱負)もう、こういう崖っぷちの状況というのは慣れているので。チームの雰囲気は本当に良くて、春の時とは一味も二味も違うなというのは多分みんな感じていると思うので、明日も全力疾走を貫いて、思い切りぶつかっていきたいと思います。

稲垣 貴弘(商4) (今日を振り返って)序盤に主導権を握れなかったことが、結果的に流れが悪くなる原因となってしまい、それが最後までいってしまったかな、といった感じです。(神宮初スタメンについて)正直自分でもびっくりしました。でもやってきたことをやるだけなんで、ただそれだけです。(春季にも石田投手からヒットを打っているが何か特別な意識は)特に意識はせずに入りました。いつも通りという感じですね。(明日以降の意気込み)今日は負けちゃったので、残り2試合勝つしかないですね。今までやってきたことをやるだけだと思うので、まずは今日の反省を活かして序盤に主導権を握れるように、初回から頑張っていこうと思います。

植田 忠尚(商4) (今日を振り返って)守備でもヒットになったプレーが実際エラーのような形になっていて、それは絶対にアウトが取れるヒットだと思ったので、明日は守備からリズムをつけていかないと、あまり得点力がないので、しっかり自分達の野球が出来るように頑張りたいです。(タイムリーについて)完全にフライだと思ったのですが、落ちてくれて良かったです。(代打を告げられたときの心境)キャッチャーがけがをして、僕は元々キャッチャーをやっていたのですが、その代わりで(ブルペンで)キャッチャーを受けていたら「代打!」と言われて、結構普通の感じで入ったのですが、打てて良かったです。(明日に向けて)明日は負けられないので、優勝を目指しているので、出来るだけ勝てるように頑張りたいと思います。

松本 大希(環4) (試合を終えて)3-1に送りバントが出来なかった時に相手に流れが行ってしまったと思ってます。(昨日の引き分けからこのような展開になったが)相手のポテンシャルが高いことはわかっていたので、流れを持っていかれたり投手が甘いところに投げたら打たれるという悪い面がすべて出てしまったように感じました。(ベンチの雰囲気)最近はずっと良い雰囲気の中で練習から試合まで取り組めています。(監督からアドバイスは)今日は法政が16安打、昨日うちが14安打で、法政が9点で慶應が3点なので、そういう細かい部分で差が出てしまったという話はありました。(明日以降については)僕らは挑戦者なので全員でぶつかっていこうと思います。

加嶋 宏毅(商2) (今日の試合を振り返って)コンディション的には良かったんですけど、気合いが入りすぎてボールが高めに浮いてしまいました。そこは反省点かなと思います。(昨日惜しい試合を落としたが今日への意気込みはあったか)あまり特別にはありません。ただ昨日が一試合目で今日が二試合目というだけです。今日僕が投げるということは決まっていたので、登板に向けて調整してきました。(明日に向けて)今日の反省点をしっかり反省して、切り替えてがんばっていきたいと思います。

三宮 舜(商2) (今日の試合を振り返って)僕が打たれて試合自体を壊してしまったので僕の責任だなと思います。反省しています。(5回裏2死満塁で登板し見事空振り三振に抑えた)あの時はものすごく気持ちが入っていて、周りの内野手からも気持ち入れていけと言われて、気持ちで抑えにいって抑えられたのでそこは良かったと思います。(今季はブルペン待機が続いているが)いつでも行けるようにしっかり準備しています。(明日以降の試合に向けて)明日は絶対に勝ちます。

山本泰寛(環2) (今日の試合をふりかえって)昨日は打撃で調子よかったんですけど、今日は結果にもある通り全然つながらなくて、やっぱりつながらないときでもいかに自分達のプレーができるかだとおもうので、明日はつながらなくても1点に集中してやりたいと思います。(相手の石田投手の印象は)石田投手はとてもいいピッチャーなので、細かいところから潰していかないと打てないので、そこはしっかりやりたかったです。(今日は完敗だったが、チーム状態は)チームの雰囲気としてはそんなに悪くないですけど、やっぱり細かいミスが多かったので、そういうミスを減らせば明日はいい試合ができると思うので、しっかりやっていきたいです。(明日明後日と勝つために必要なことは)やっぱり受け身ではいけないので、打撃ではどんどん初球から攻めていったり、ピッチャーではどんどんストライクをいれたり、そういう攻めの姿勢を見せてやっていきたいと思います。

Leave a Response

Please note: comment moderation is enabled and may delay your comment. There is no need to resubmit your comment.